捜索隊さんの得点順コメント

捜索隊

個々の要素というより、表現したい内容をゲームの枠組でどこまで表現できているか、で点を付けています。見所を評価する加点法である、ため平均点は高めの筈。ジャンルは見たとおりノベル系と RPG。エロはほとんど評価に加味されていません。75 以上は好みに当たればお勧めできるもの、すれすれ合格は 60 以上と見てください。また、現時点での評価という見地から半年に一度ぐらい点を見直す予定です。

得点順コメント

98CLANNAD(非18禁) (Key)
麻枝氏のカラーは元々泣きではないと感じていた私には、これは正統進化に思える。不器用な皆に対する愛おしさが募る。長文の方は半端なネタばれではないので、プレイ後でお願いします。 → 長文感想(1769)(ネタバレ注意)
98君が望む永遠 (âge(age))
私は水月派なので、主人公のヘタレに対する感想は他の人と違うと思うけど、主要三人のメロドラマは堪能しました。読み物ゲーに求めるものをほとんど満たしてくれた秀作。逆にそれ以外のもの求めた人には辛いでしょうね。
92Ever17 -the out of infinity- Premium Edition(非18禁) (KID)
内容が明らかに大人の理解力を要求しているので、私もエロの方に登録します。強く推薦です。ゲーム演出的な作りはかなり弱いとは思うが、ミステリ方面な私としてはやっぱり押すしかない。一杯食わされました。属性の味付けはしていると思いますが、ギャルゲの文法には沿っていないので、VN 好き、ミステリ好きに。 → 長文感想(650)(ネタバレ注意)
92はるのあしおと (minori)
成長物語としては二流、共感できるシナリオとは無縁、ですけど一流の面白いお話です。恋愛物語としては直球というより、なにか落ちる球のような気がしてきた。また、やっぱり声を大にしていいたい。こういうゲームは 18 禁部抜け、です。18禁で仕上げないといけないということがプロットに無理が出ており、話の細部も、キャラ立てもできているだけに駆け足気味になる前半のプロットも残念。主人公にも声が欲しい。
92世界ノ全テ -remind of you- (たまソフト)
欠点は目に付くが、素晴らしい出来。シナリオライターのテキストの腕は特筆もの。 → 長文感想(714)(ネタバレ注意)
92ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
この世界に再度引きずり込んだ作品。みさきシナリオと茜シナリオにやられた。個人的には客観的な評価がしにくい作品なんだけど、細部の作り込みには圧倒される。
90こなたよりかなたまで (F&C)
FC01 を信用して買ったところはあるんですけど、いやいや期待をはるかに上回るすてきなクリスマスストーリーでした。内容的に時期を外すと楽しめない気も多少しますが、今の時期ならこの点数です。長文感想にも書いたとおり私の 2003 年ベストゲームですが、かなりきつい条件付きです。ネタはいっさい割っていないので、長文の方参照ください。 → 長文感想(699)
90CROSS†CHANNEL (FlyingShine)
全体的に高水準だが、伝えたい内容がすんなりと伝わってくるシナリオが問答無用に素晴らしい。ただ、この話をエロゲーの枠に入れない形で読みたかったと思う。個人的には素晴らしいのは認めつつも微妙に好みでないような気がするので、とりあえずこの点数。後で見直します。
90鬼哭街 The Cyber Slayer (NitroPlus)
まさに絵入り武侠小説。選択肢がないことが生きている。こういう速度感が命のゲームに選択肢入れちゃいかんでしょ。
90AIR (Key)
内容は強力ですけど、本線である翼人の話と関連が薄く、かつ似た話のシナリオを Dream 編に含めたことに対して納得がいかない。
88ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
見るべきところは多いですし、加点法ですからこの点ですけど、注文したくなるところは……
88とらいあんぐるハート2 ~さざなみ女子寮~ (JANIS)
とらハの到達点。夏までのシナリオは文句の付けようがないが、それはさざなみ寮の雰囲気の描写に成功しすぎているということで、その結果ヒロインを絞ることにより失速してしまうのは構造的な問題といえる。システムは、旧版は全然だめ。
88Kanon (Key)
綺麗なファンタジーに鮮やかすぎる演出。一方、日常からふわりと浮かんで世界が変容する課程に、特に久弥シナリオのほうは少し詰めの甘さがある。舞シナリオはどうかと思うが、真琴シナリオは凄まじい出来。
84いつか、届く、あの空に。 (Lump of Sugar)
かなり前に一応終わらせたんですけど、ここで点を入れておきます。好みかどうかは微妙ですけど、評価という面では (過去の宣言から高くせざるを得ない、という意味で。
84Forest (Liar-soft(ビジネスパートナー))
インテリな異色作、としか言いようがない。仕上がりは素晴らしいんだけど、メインとなる骨格部分があまりにもありきたり、といってもこのジャンルでは例を見ないものであるのも確かですし、結構読み手の予想を裏切ってきます。何言ってもネタばれになるので、とりあえず波長が合いそうなら事前情報断って臨んでください。かなり短めです。バランス重視の人には辛いかも知れません。 → 長文感想(1231)(ネタバレ注意)
84ロケットの夏 (TerraLunar)
シナリオメインで、色恋味は薄い物語、です。良くできた短編の後味 (シナリオ間でかなり話が異なる) でした。BGM の題名のノリっぷりにもあるように SF をある程度読んでいないとちょっと辛いかも、ってのとマイケル・コニィなんてもう入手できんぞ。 → 長文感想(378)(ネタバレ注意)
82Routes -ルーツ- (Leaf)
文章の流れはよいし、速い場面転換で読んでいる間は話を楽しめたのは確かですけど、こぢんまりとまとめすぎていてもの足らない。主題というかシナリオの狙いがはっきりしないのもマイナスだし、設定も生きていない。夕菜、七海ルートも展開が唐突でいただけない。オマケのシナリオ (と言おう) は好み。と、ここまで文句たれてきたけど、リーフのビジュアルノベルを期待しているなら買いでしょう。
82月陽炎 (すたじおみりす)
シナリオよりテキスト、特に日常の楽しさが傑出しているが、前半がうまくいきすぎた分後半の展開が速く感じられて損をしている。千秋恋歌と合わせることを前提にすれば、細部には色々あるが、それを忘れさせ世界に浸れる出来。
82とらいあんぐるハート3 ~Sweet Songs Forever~ (JANIS)
まともなゲームになってしまった分、破壊力が低下してしまった。シナリオまで含めて上手いんだか天然なんだか分からないのが味だったんですけどねぇ。システムを除くと時間をかけただけの出来ではあり、ファンなら責めにくかったのではあるけれど。
82うたわれるもの (Leaf)
シナリオは弱いが、演出のレベルは極めて高いし、細部まで目が届いているが故の作りの安定感。立ち絵とチップキャラに思い切り力を入れた点も評価したい。 → 長文感想(624)
82ALICEの館4・5・6 (ALICESOFT)
量が多いのは点に加味しないのでアトラク=ナクアだけでつけていますけど、とりあえず盛りだくさんです。
82アトラク=ナクア (ALICESOFT)
読ませるけど、完全に閉じた世界。こういうのはどこまでも注文が多くなりますけど、全体に多少届かない、感が多少残る。もっと時間を掛けて細部を思いっきり煮詰めて作っていたらもっと底光りのするようなものになっていただろうに。
80カタハネ (Tarte)
シナリオ良、テキスト可、声可、演出可。形式としては少しづつネタを明かしていくようになっているが、視点の動かし方などに切れが足りなくて中盤なんとも退屈。中盤の展開にもう少し工夫が欲しい。特に何回りもしてみせるんですから結構致命的。話はきちんと筋を通しているし、悪くないんですが。
80Scarlett ~スカーレット~ (ねこねこソフト)
コンゲーム小節としても、これまでのねこねこの延長線上としても、かなりものたらない。内容に触れるので、長文の方にします。 → 長文感想(402)(ネタバレ注意)(1)
80Petit Fleur ~風吹く街のメロディ~(非18禁) (BLACK BOX(同人))
18禁の方に移します。お話単体なら小学生に聞かせても問題ない童話風の内容ではありますが、狙いは話ではなく見せ方、演出に偏っているので子供に与えてもどうしようもない一品。はなから 18 以下対象にしていないという感触です。 → 長文感想(148)
80永遠のアセリア -The Spirit of Eternity Sword- (XUSE)
面白いんだけど、作りの志向性がバラバラ。シナリオは見るところあるんですけど、SLG はコンシューマでは並よりはましな程度、SLG パートで使う時間が長いことを考えると、十分に合格点ではあるとしてもやはり高い評価はできかねます。もう少し、構成を工夫する余地があったと思うな。それと、序章のつかみのなさは相当に致命的。投げ出しそうになった。
80Orange Pocket -オレンジポケット- (HOOKSOFT(HOOK))
八人もいるということでシナリオにはかなりの差がありますが、日常を離れない身近な事件のみに徹して書いたのは私は断然支持します。メインヒロインの羽弥に力の入り加減が異なるのは、もう少し演出とバランスを考えて欲しいと苦言と呈してはおきますが、悪くはないですね。このゲーム only play ではなくてのらりくらりをかなり許す作りですけど、特に恵留と美典の前半はもう少しイベントが欲しかったかも。 → 長文感想(422)(ネタバレ注意)
80朱 -Aka- (ねこねこソフト)
意図したことがそれなりの形で実現できているのは確かですから、やっぱり極端なゲーム性の低さと、物語性の高さをどう見るか、でしょうねぇ。長編小説としてはひと味足りない気はしますが、それは無い物ねだり。私としては面白かった、と思います。
80痕 -きずあと- (Leaf)
古典としての敬意です。今時点では正直なところ、70点レベルかな。個々の要素というより枠組として古くなってしまっているのは否めない。
80月陽炎 千秋恋歌 (すたじおみりす)
月陽炎の方を月陽炎+千秋恋歌で評価していますので、そちらを。
80家族計画 (D.O.(ディーオー))
シナリオは、皆さんの評に付け加える事はないですけど、やっぱり作りがあまりにチープ。D.O. の「良心」をリメイクという形で実現したってダメでしょう。最初からやらないと。
78Quartett! (Littlewitch)
少女マンガ調悪いとは言わないけど、mi-na さんと同意見。筋を追わせる話なのに、描写が足りない。私ならまず制作指揮を責めるな。どろどろした部分をネタにした筋立てにしておいて、どろどろした部分を切り落とした描写を指定すれば、そりゃ読んだ側からは不満が出るでしょう。笑いと筋の運び方はなかなかのセンスです。個人的には何とはなしに楽しかったので甘めにつけます。 → 長文感想(486)(ネタバレ注意)
78Clover Heart’s (ALcot)
やっぱりこれは月陽炎の形式を変えたリメイク、にしか思えないので点数はどうしても辛めになります。両ヒロイン側の造形的な掘り下げが足りない (もう少しみっちりとロシアでの過去の設定を煮詰めるべき) のと、一枚絵が十枚程度足りない。作りは丁寧で、センスの良さは健在です。もうちょっと手をかけたらずっと良いものになっただろう点が惜しい。
78SNOW (Studio Mebius)
seraph さんなどの評に付け加えることは余りない。私も鍵あっての変奏だと思うし、これはこれで存在意義を主張していい。実際にプロットの目指すところには大きな違いがあるともいえる。 → 長文感想(242)(ネタバレ注意)
78Maple Colors (CROSS NET)
良く作ってあります。音楽とシナリオに力が足りないのと、ちょっとギャグが滑り気味かな。でも最初の二人ぐらいまでは十二分に楽しめます。それ以降はちょっと消化作業気味ですけど。予想外にエロが濃いので (といっても恋愛ものですが) そちらの方が気になる向きでも○でしょう。
78sense off ~a sacred story in the wind~ (otherwise)
だいたい私個人の解釈は閉じたけど、悪く言うと観念小説に SF + 美少女ゲームのガジェット持ち込んでばらまいた伏線をとり散らかしたまま、にしか見えない。こういう稠密に情報突っ込む読み物は、小説基準で言うと三十年遅れていると思うなぁ。点は、椎子シナリオと美凪シナリオが面白いので一応元のままです。細かい話は、少し整理して長文の方に、また書きましょう。 → 長文感想(11005)(ネタバレ注意)
78僕と、僕らの夏 (light)
かなり評価に悩むゲーム。シナリオ並、テキスト優、声優 秀ということだが、端的に言って声が付いているが故の見せ場 (特に貴理の独白と酒場のシーン) は見事なんだけど、シナリオ (というか主人公の設定) がショボ過ぎる。おまけシナリオのような設定があるなら、それをつかってもっと葛藤を書け、と言いたい。 → 長文感想(469)(ネタバレ注意)
78とらかぷっ! TROUBLE CAPTOR (PULLTOP)
どこからどう切っても大作とか傑作にはなりようがない話ではあるんだけど、丁寧な作りと楽しませようと言う姿勢が好印象。オマケを含めた大団円を迎えた後ではシナリオに対する印象も○ (途中はちょっとどうかというものもあるけど)。萌え転がれない、エロ味の薄いお話というのが結果としての販売面の誤算と思うけど、私は次回作まではたぶんつき合うと思う。
76ロストカラーズ(非18禁) (自転車創業)
淡泊というか、全体的に登場人物の心理の掘り下げに難がある。ANOS を使った以上当然ループゲーになるんですけど、さすがに「あのすば」のような膝を叩くようなところは消えています。その分難しい。まぁしばらくのめり込んでいた訳ですけど。
76くれいどるそんぐ ~昨日に奏でる明日の唄~ (ういんどみる)
欠点も含めて、良さも悪さもファンタジー版のとらハですね。完全な雰囲気げー。正直言ってシナリオの中身にもテキストにもそれ自体は余り見るところありませんが、メリハリは付けているし、なにより暖色の世界観を良く支えています。作りも破綻が無く、日常の掛け合い漫才が楽しい。絵やシステムもかなり高水準です (まぁ誤字は修正当てても結構ありますが)。量が全体的に足りないのが難点。
76沙耶の唄 (NitroPlus)
話は面白いんだけど、やっぱり分量が足らない。グロ系に耐性のない人には勧められないゲームでもありますし :-) → 長文感想(146)(ネタバレ注意)
76てのひらを、たいように (Clear)
良作ちょっと未満かなぁ。細部の作りや、テキストや CG は不満はない。一方シナリオのでこぼこ激しいし、共通ルートがほとんどで、かつ長すぎる。良い出来のものをゲーム化の過程でスポイルしてしまったという印象を受ける。演出も細部には特に問題を感じないんだけど、攻略に制約がかかっているのがマイナスに働いている。私なら二回目のターンで美花や穂編の前にたいよう編見せると思う。
76SinsAbell ~緋昏し空の遠く~ (すたじおみりす)
シナリオはともかく、遊ぶには不満のないでき。ヤリ込みも可ですが、キーボードだと辛かった。客観的にはもっと点出してもいいレベルですけど、他のをみるとおり私はシナリオと演出を評価することにしているので。
76Phantom ~Phantom of inferno~ (NitroPlus)
今となってやったのが難か。評判ほどではないと思う。Zwei の造形を好まないため (某君望なんかよりよっぽどへたれだと思う) もあるけど、この手のジャンルだと私が暗黒小説系に明るくて少々のことでは驚かないこともマイナスになっていはする。悪いとは思わないが手放しで薦められない、んでこの点。
76闘神都市II (ALICESOFT)
シナリオもさることながら、とことん遊べる。このころの迷いのないアリスは良かった。
75planetarian ~ちいさなほしのゆめ~(非18禁) (Key)
かなり微妙な出来です。この話自体が短いとか消化不良と言うことではなく、多分この世界を使った連作のひとつとして読ませるべき設定と内容だと思う。正直もっと暗い話であっても良かったような。
74月姫 (TYPE-MOON)
肝心なところでちょっとご都合主義に走りすぎたかな。話は面白いんだけど、より面白い秋葉・翡翠・琥珀ルートの中盤どれもかなりだれるのが難点。琥珀さんの笑みには十分に救われるわけですが。シェル/アルクエィドは完全に書きすぎで、見るところ少ない。 → 長文感想(359)
74D.C. ~ダ・カーポ~ (CIRCUS)
萌えを求めていた人たちの評価が低いのは無理もない。純粋に読ませるゲームと割り切って、*かつ*周辺から攻めるよう (萌、ことり、音夢、さくらの順) に読んでいった関係で、私は好印象。 → 長文感想(1013)(ネタバレ注意)
72キラークイーン (FLAT)
話としては第二話のほうが面白そうなんですけど、向いていないことやるものじゃないです。第一話のようにご都合主義だろうと、話の方向が早いうちに見えようと …… というより緻密に伏線貼ってどんでん返しを見せる技術はまだ不足、でもご都合主義をうまくまとめてみせる方はまえから上手いですし。第一話だけで値段は回収できると思う。 → 長文感想(211)
72お願いお星さま (PULLTOP)
まとまってはいますけど、後半はエロシーンの連続で単調、正直言って飽きる。おバカな脇役のはじけ加減は絶妙ですけど、もう少し上げ下げのコントラストが欲しい。