やんごとさんの得点順コメント

やんごと

2012年の戦績は7勝1敗1分。蟲さんが好きです。でも汚いおじさんはもーっと好きです。
抜きゲは文章進めても音声止まらずと右クリ枠消しは必須でしょう派。
気に入ったキャラが汚っさんに寝取られたりとか飼われたりとか酷い目にあったりすると嬉しくなります。

評価について。
エロゲとして、または読み物として機能しているかを重視しているつもりです。
<絵>デザイン的に好みであれば1単位、抜ける絵であれば2単位。両者なら3単位。手抜きの目立つものは▲1単位。
  「抜ける」という要素を別のものに置き換える場合があり、その際には明記。上手い下手という基準ではない。
<設定>読み物として楽しかったり魅力的な設定であれば1単位、抜ける設定なら2単位。両者なら3単位。
   無理が祟って作品の出来への悪影響を実感した場合には▲1単位。
  「抜ける」という要素を別のものに置き換える場合があり、その際には明記。
<ゲーム>エロ抜きにゲームとして面白いもの、可周回性や中毒性のあるものは1単位、作業性に苦痛が伴う場合は▲1単位。
<キャラクタ>男女問わず好きなキャラが1人いる場合は1単位。女性1人以上を含み複数いる場合は2単位。減点はしない。
<機知>笑える立ち回りやウィットに富んだ印象深い場面や演出に1単位。減点はしない。
<システム>環境周りが優秀であれば1単位。あるべきものが無い場合▲1単位。普通は0単位。
<後>クリア後の追加要素や購入特典に満足できれば1単位。減点はしない。
--------
作品が最も重視すると思われる要素(独断)によって以下の通り単位数を乗算して傾斜配点する。
<ストーリ重視ゲー>絵x5点、設x10点、ゲームx5点、キャラx15点、笑x5点、シスx10点、後x5点
<抜きゲー>絵x10点、設x10点、ゲームx0点、キャラx10点、笑x0点、シスx10点、後x10点
<ゲーム性重視ゲー>絵x5点、設x5点、ゲームx30点、キャラx7.5点、笑x0点、シスx15点、後x10点
<キャラクタ性重視ゲー>絵x25/3点、設x5点、ゲームx0点、キャラx15点、笑x10点、シスx10点、後x10点
<NTRゲー>絵x20/3点、設x10点、ゲームx0点、キャラx15点、笑x0点、シスx10点、後x10点
--------
上記の通り点数付けを標準化・単純化することで出来るだけ冷めた目で同ジャンル作品間の比較可用性を確保したつもりです。
50~60点あたりが合格ラインになっている様です。傾斜配点の乗算率は主観によるものですので
ジャンルを超えた比較可用性は確保出来ていません。同ジャンル作品間での比較可用性については、
メジャーな数タイトルで試してみた所、そこそこ機能しているのではと思っています。

得点順コメント

90魔界天使ジブリール4 (FrontWing)
抜きゲーとして評価。可愛い絵なのに「汚男成分多め」、ヒロイン3人がそれぞれ特有のエロさを持っているので「飽きにくく」、「手っ取り早さ・使い勝手の良さ」を備え、かつ幅広い嗜好をカバーしている優秀な抜きゲーです。アリスソフトの「エスカ/ハルカシリーズ」にも比肩する敗北陵辱モノ筆頭格の出来。OPアニメ-ションでは元気良くお尻フリフリ歩いてる可愛い幼馴染が、本編では汚らしい扱いを受けたりサクッと●●●●てしまう大胆な胸焼け展開も大変素晴らしい。体験版での懸念だった鬼畜度も充分。純愛/陵辱の配分も陵辱スキーが退屈しない割合になっています。数ある2010/04購入候補からコレを押さえたのは正解でした。(10/05/10)表現や改行など読みにくい部分を改変。 → 長文感想(2546)(ネタバレ注意)
90超昂閃忍ハルカ (ALICESOFT)
抜きゲーとして評価。エスカレイヤーの忍者ver。使えるシチュが多いです。ゲームもアリス的な親切設計です。 → 長文感想(521)(ネタバレ注意)
85河原崎家の一族2 完全版 (elf)
絶望下にすら残された生への衝動、魂魄、そして執着、汝の名は狂気!われらの狂気を生き延びる道を教えよ!(久々の大ヒットでテンション壊)・・・「名著」を読んでいる時の高揚感が味わえる、異質上質のサスペンスフィクションがここにはある。嗚呼、狂気と洋館の何と相性の良い事か!(ネタバレは本作の致命傷になりかねないので全無しの方向にしたら、もはや感想ですら無くなりました) → 長文感想(2238)(2)
85臭作 (elf)
ゲーム性重視作品として評価。女子寮を縦横無尽、手練手管、八面六臂で大活躍する汚っさん、いや汚っさんキングの話。汚っさん界に君臨するや空の軍神になぞらえるならルーデル、給与における源泉徴収、受験参考書で言うと●会『速読英単語(上級編)』、中華で例えればフカひれスープ。汚男ファンのバイブルにして、只の抜きゲーにカテゴライズされる事を断固拒否するそのゲーム性は数あるelf作品の中でも珠玉と呼ぶに相応しい。臭作師匠の自らの美学の為に地を這う努力を怠らないストイックな生き様と、何度失敗しても蘇る不撓不屈の精神を、ビジネスマンや学生は金科玉条と識るべきだろう――学ぶべきものがそこにはある、いつも心に臭作を。汚男POVが無いのが悔やまれまする。<絵>10/15点、<設定>15/15点、<ゲーム性>30/30点、<キャラクタ性>15/15点、<システム>15/15点、<クリア後>0/10点
80薬と魔法のミーリエル (パルティア教団(同人))
ゲーム性重視作品として評価。体験版リリースの時からひそかに期待していた女性主人公ツクールRPG。これまでクレージュ作品数点に関わってきた制作者さんだけにビジュアルでは他の同人RPGに比べても白眉。更には性交の回数が記録できたり、売春に至るステップが用意されていたりと、フリーの共同制作ツクールRPG某大作の片鱗を思わせるゲームシステムなど、体験版の段階から自然と期待値がメキメキ高まります。で、実際の製品版ですが・・・。△(1勝2分) → 長文感想(2347)
80神楽幻想譚 ~妖かしの姫~ (でぼの巣製作所)
(GiveUp) ゲーム性重視作品として評価。Studio e.go!から続く神楽シリーズ。前作に続きローグライクとなっている。長所や短所は従来の神楽シリーズに同じ。ボリュームたっぷりでフルプライスに相応しく正月のお供に最適な一品。知性の無い汚らしい妖怪が可愛い巫女さんを孕ませようと手ぐすねひいて待っているという、そっち系が好きな人はどうしてもスルー出来ない濃ゆいコンセプトながら、陵辱展開に時間軸が無く平面的で、かつ絵やシチュには汚さとせつなさと力強さとが不足気味。いつも感じている次作へのお願いも含めて以下に。(ネタバレ度・小~中) → 長文感想(2601)(ネタバレ注意)(4)
80超昂天使エスカレイヤー -Beat Angel Escalayer- (ALICESOFT)
抜きゲーとして評価。お笑い展開が極端に苦手な方でなければ使えるかと。様々な性癖を開発されました。<絵>30/30点、<設>20/30点、<キャラクタ性>10/20点、<システム>10/10点、<クリア後>10/10点
80町ぐるみの罠 ~白濁にまみれた肢体~ (シロップ)
抜きゲーとして評価。「萌えゲーアワード2009エロス系作品賞」という恥ずい名前のグランプリで金賞受賞とのこと。<絵>20/30点、<設定>30/30点、<キャラクタ性>20/20点、<システム>0/10点、<クリア後>10/10点タイトル変更、発売延期、モタモタしてる間に規制議論の逆風激化、公開されない体験版、更新されないOHP・・・間違いなく天に見放された地雷と諦めていましたが・・・ → 長文感想(2761)(ネタバレ注意)
80ダブルキャスト(PS)(非18禁) (SIEJA(SCEI))
ストーリ重視ゲーとして評価。およそ10年前の作品ですが今では巷にあふれる人格障害系ホラーゲームです。PS(1)全盛の当時としては非常に高いクオリティのアニメーション満載で、豪華な制作陣・声優陣も魅力です。<絵>15/15点、<設>10/30点、<ゲーム性>5/5点、<キャラクタ性>30/30点、<笑>5/5点、<システム>10/10点、<クリア後>5/5点 → 長文感想(1028)(ネタバレ注意)
80月神楽 (Studio e.go!)
ゲーム性重視作品として評価。不満が無い訳では無いですが戦闘フェイズの面白さやビジュアル的な見易さに前2作から大きく進化しています。 → 長文感想(1400)(ネタバレ注意)
80高機動幻想ガンパレード・マーチ(PS)(非18禁) (AlfaSystem)
ゲーム性重視作品として評価。10年近く経った今プレイしても斬新なシステムである反面、合理性の取れていない点も多いです。 → 長文感想(876)(ネタバレ注意)
80汚された夏 ~10本の手で嬲られた少女~ (KLEINシロップ)
抜きゲーとして評価。寝ても覚めてもレイプです。使えるシチュが多いです。 → 長文感想(410)(ネタバレ注意)
80君が望む永遠 (âge(age))
ストーリ重視ゲーとして評価。生き方とか哲学とか難しい話は抜きにしてメロドラマとして楽しめることが出来れば良いかと。 → 長文感想(646)(ネタバレ注意)
79いつのまにか彼女は… (ディーゼルマイン(同人))
NTRゲーとして評価。少なからず地味な所も目につきますが、NTR好きには是非プレイして欲しい基本を押さえた良作。血圧も上がります。 → 長文感想(1129)(ネタバレ注意)
70それゆけ!ぶるにゃんマンHARDCORE!!! (Digital Cute)
ゲーム性重視作品として評価。Normal+ノーミス縛りでプレイ。余り舐めてかかると前半のヌルさとは裏腹のギミック満載の中ボスキャラにコテンパンにされます。特に友軍機をロスると地味に難易度が上昇する隠し味的なバランスは絶妙としか言い様の無い仕上がりになっています。グラディウスほど友軍機補充の機会が多く無い為、中盤以降でミスると友軍機が少ない状態で後半のザコ敵の海+固い中ボスと会敵する事になるので注意。という訳で難易度アップ目的じゃなくてもノーミス縛りプレイがオススメ。可愛いのはビジュアルだけなく敵キャラの台詞やBGMも見所。難所では①弾を追いかけ後退しながらのアドレナリンモード+止まって見えるモードの常時発動②敵の攻撃パターン熟知が鍵。<絵>15/15点、<設定>0/15点、<ゲーム性>30/30点、<キャラクタ性>15/15点、<システム>0/15点、<クリア後>10/10点○
70イカレタ教室 ~こんなのが当たり前の授業風景!?~ (TinkerBell)
抜きゲーとして評価。パラレルワールドに迷いこんだ3人組がそれぞれ孤立無援な中、クラスで輪姦される毎日に弱抵抗しつつ徐々に抵抗力を失っていく姿が描かれている。輪姦されると分かっていながら登校しなければならない懊悩が見所。エロは人間のみというTinkerbellらしからぬ素朴な抜きゲ。触手も産卵も汚い爺もいないTinkerbellなんてこってりのない天一みたいなもんだぜ!って思ったら案外良かった。(ネタバレ度・無~小) → 長文感想(2044)(ネタバレ注意)
70桃華散る ~少女剣士の報復は慟哭に満ちて~ (アイル)
抜きゲーとして評価。元からして痴女。天然痴女、もしくはNatural born 痴女。Anyway,痴女。実用性は高いです。 → 長文感想(1142)(ネタバレ注意)
70魔法少女イスカ (BLACK LiLiTH)
抜きゲーとして評価。不満が無い訳ではありませんし独自性も少ないので傑作とはいい難いですが、反属性さえ無ければ安心してオススメできる良作です。「HRは出産まで描いてこそ」という触手ゲユーザで、絵が好みであれば『淫妖蟲 蝕』に決して遅れをとらない出来です。この逆風の中、この値段で、こんな良作を出してしまう黒リリスは凄いブランドだと思います。今後とも同ブランドの作品に注目していきたいです。続編もお願いしたい。<絵>30/30点、<設定>20/30点、<キャラクタ性>20/20点、<システム>0/10点、<特典・クリア後>0/10点 → 長文感想(3033)(ネタバレ注意)(2)
70痴漢専用車両 ~屈辱の痴漢電車~ (Frill)
抜きゲーとして評価。内容はタイトルで想像できる通り。プレイヤー側に反属性が無く、かつ焦らしストレス耐性を持ち合わせていれば素晴らしい出来栄えの抜きゲーになると思います。実はあまり期待していなかった分、ビックリでした。ひそかに声優さんの出来もすごいです。<絵>20/30点、<設定>30/30点、<キャラクタ性>20/20点、<システム>▲10/10点、<クリア後>10/10点 → 長文感想(3419)(ネタバレ注意)
70蠱惑の刻 (TinkerBell)
抜きゲーとして評価。特殊シチュの耐性は持っているつもりですので使えるシーンも多かった反面、キツ過ぎて使えないシーンが盛り沢山でした。使えるシーンについては絵も堕ちる過程も丁寧に感じました。OHPだけでなくここでの評判を良く見定めた上でプレイするという前提で言えばかなり良作だと思います。BGMの良し悪しは加味してないです。 → 長文感想(1603)(ネタバレ注意)
70淫妖蟲 蝕 ~凌触島退魔録~ (TinkerBell)
抜きゲーとして評価。同ジャンルの作品と比べても良い出来だと思います。かなりハードなシチュもあります。 → 長文感想(523)(ネタバレ注意)
69鬼監督と俺の彼女 ~女優の卵が鬼監督と肉体関係を結んだ理由~ (めくじら(同人))
NTRゲーとして評価。手の込んだビジュアル、メインテーマである汚らしさを充分に表現している文章など、工夫に工夫を重ねて作り上げられた低価格作品。某ローマ人物語のユリウス=カエサルと同じくらい汚っさんが活躍する!すごい汚っさんすごいよ!・・・・・・お腹いっぱいすぎて久々に萌え系したくなりました。○(1勝) → 長文感想(3410)(ネタバレ注意)
69愛妻 【reverse side】 (ディーゼルマイン(同人))
NTRゲーとして評価。前作『いつのまにか彼女は』のコンセプトを活かしつつ、より性的に積極的なヒロインで描いた良作NTR。個人的には『いつのまにか彼女は』に軍配をあげるが、実際には甲乙付けがたくどちらの評価が上かはそれぞれの好みによるだろう。NTR属性無しでも人妻スキーなら是非プレイしてもらいたい。但しエロシーンを単体で見るとかなり薄めなので注意。(ネタバレ度・無~小) → 長文感想(1204)(ネタバレ注意)
69ToHeart (Leaf)
キャラ重視作品として評価。<絵>9/25点、<設定>10/15点、<キャラクタ性>30/30点、<笑>10/10点、<システム>0/10点、<おまけ>10/10点全然感想っぽくないです。すみません。 → 長文感想(651)
65ハルウル (ビブ屋(同人))
ゲーム性重視作品として評価。やんごと推奨「このちょいエロRPGがちょっと凄い」(3作目)。パッと見からは意外に思える硬派な作りと多彩なギミックでRPG方向にもエロ方向にもじっくり楽しめます。難易度はちょっと高め。○(6勝1敗1分)(ネタバレ無し) → 長文感想(828)
64シュレーディンガーの扉 (ティザーエプロン(同人))
NTRゲーとして評価。NTRに長々しいプロローグは避けられないものと思っていましたが、そんな思い込みをこの作品は打ち破ってくれました。 → 長文感想(1342)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
63退魔戦士彼女 (まくらカバーソフト(同人))
NTRゲーとして評価。新システムが売りの異色作。きっとこの制作者さんは新システムを楽しみながら作って、しかもそれが奏功したんだろうな、と感じました。やってよかった。NTRに興味が無くとも反属性さえ無ければ是非。簡略化された記号と数字の組合せは人をどこまで悶えさせる事が出来るのか、至高の実験作。 → 長文感想(2337)(ネタバレ注意)
60魔物っ娘ディフェンス (とま団(同人))
ゲーム性重視作品として評価。ゲーマーモード/アーチャー+ファイアメイジ+プリーストを選択。資金チート禁止、ボスキャラ全ゲット縛りでプレイ。2日掛けてやっとの事で表ステージを終えたところ。初見殺しの展開の前では、貴方が『静森さん』や『寿司タワー』が得意かなんて関係ない。失敗と再挑戦を前提にしたゲームデザインは、数字に裏打ちされた「効率計算」と試行錯誤の末の「インスピレーション」を容赦なく求めてくるが、それらを駆使することで首の皮一枚で勝ち抜くことが出来るギリギリの難度バランスが実現されている。搾り出した知恵と発想の転換で切り抜けられた瞬間は心地よくすら感じられ、それは脅威ではあっても狂気の難易度ではない。○(4勝0敗1分)(ネタバレ無し) → 長文感想(2443)
60ぶたと薬ぶたポチア (ばにられもん(同人))
抜きゲーとして評価。童貞のくせにならず者な上に童貞でしかも性根の腐った童貞ブタ男が、うら若い治安部隊少女にあの手この手で襲いかかるコマンド式バトルの超短編エロゲー。こういう一方的なのもバトルファックっていうのかな?絵は綺麗だしエロいし声は可愛いしマルチエンドだし、そのうえ安いのでお手軽に手をだせるのはいいですが、お値段以上に短すぎるのが難点といえば難点。もう1キャラいてほしかったなぁ…と思うのは面白かったから。○(1勝0敗1分)(ネタバレ度 中) → 長文感想(1318)(ネタバレ注意)
60NosferatuDrei -白銀の月を喰らう金色の軍勢- (すたじおおぐま(同人))
ゲーム性重視作品として評価。すたじおおぐまの新作『ソロモンの檻-狂気と鮮血のコロッセオ-』の体験版をやってみたところ予想以上におもしろかったので新作発売日まで待てずに本作をプレイ。「拠点侵略型戦略シミュレーション」と銘打っている割に戦略性や良い意味での難易度、拠点攻略感は決して高くありませんが、戦力の構成・運用方法という意味での戦術の自由度が高く、ルールさえ理解してしまえば複雑なダメージ算出方法も含めてかなり楽しめます。ユニット毎の個性を際立たせるためにステータスが複次元的に入り組んでいるが、インターフェースが奇麗にまとまっており戦力の把握がしやすいのもこのゲームの大きな長所。○(7勝5敗2分)(ネタばれ度無し) → 長文感想(3481)
60寝取主義者の花嫁弄り! ~婚約者があんな声で喘ぐのを兄貴は知らない~ (ソフトさ~くるクレージュ(同人))
抜きゲーとして評価。タイトルに「寝取(り)」を冠しているが、ヒロイン・寝取り男・寝取られ男の3者視点が織り交ぜられており「寝取られ」に分類しても大きな問題はないと思われる。但し、いずれにせよ全体の仕上がりは「NTR」というよりも「陵辱快楽堕ち」の色合いが強い。単純に抜きゲーとして評価するならば、エロゲ途中で飽きちゃう病に罹患してしまった自分にはピッタリの尺で使い勝手が良かった。無駄を極力排除したそのコンパクトさに侘び寂びすら見出すことができるのは低価格作品老舗の面目躍如といったところか。次作では寝取られ感の強化に期待したい。抜き所に欠ける大作の合間にどうぞ。○(4勝2敗1分)(ネタバレ度・小~中) → 長文感想(2167)(ネタバレ注意)
60アニクエ (アマツチヤ(同人))
ゲーム性重視作品として評価。女性視点RPG。やんごと謹告「このちょいエロRPGがちょっと凄い」第1弾。このジャンルの弱点であった抜きゲ機能の低さを改善したマルチロール性は白眉。これまでは抜きにくいというRPGの宿命的欠点を補うため、生粋の抜きツール(同人誌や抜きゲ)をウィングマンとして併用するいわゆるロッテ戦法で臨むのが私の提唱してきたオナニー戦術論の結実であったが、そうした用兵の定石を葬り去るエポックメーカが登場。ツクールRPG界のフォッケFw190と呼ぶに相応しいマルチロール機『アニクエ』である。この場合抜きゲをメッサーBf109に喩えてみれば、その存在意義を理解しやすいだろう。RPGながら生粋の抜きゲに劣らない本作の抜きゲとしての高い機能性は、今後のちょいエロRPGの進化のあり方を提示しているのかもしれない。○(3勝2敗1分) → 長文感想(2386)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
60フリフレ (Noesis)
抜きゲーとして評価。CGの綺麗さやテキストの簡潔さなどは低価格抜きゲとしては非常に高いレベル。前半の勢いからすればあまりに薄口な後半の展開は好みの分かれる所。絵はすごいがエロさは先細り。(ネタバレ度・小~中) → 長文感想(808)(ネタバレ注意)
60カオスエンジェルズ (アスキー)
でって・・・でででって・・・でって・・・でででってってー・・・ → 長文感想(2160)(ネタバレ注意)
60魍魎の贄 (TinkerBell)
(GiveUp) 抜きゲーとして評価。Tinkerbell主力の淫妖蟲シリーズの復活に期待したが期待値未満。似たり寄ったりの単調なバッドエンドばかりで、あおじる絵の奮戦もあまり活かされてないのが残念。また、面白味に欠ける日常描写が長い・多いためパンツパージの一級臨戦待機の状態で臨むと風邪を引くので注意。フローチャートを作るだけあって分岐の充実ぶりはいままでの淫妖蟲シリーズにはなかった進化なので、期待値未満の評価をするのが残念。 → 長文感想(1138)(ネタバレ注意)(2)
60碧ヶ淵 夜伽の村のお嫁様 (ネル)
抜きゲーとして評価。一言で言うと「晴れ時々キ●ガイ」。晴れの日にはまともに見えた子もキチガ●の日には羞恥心がどっかいっちゃって性的にクラスチェンジします。そんなんで「あぁ・・・恥ずかしい」とか言われてもホンマよういわんで正味の話。破瓜の際に一瞬画面が赤く染まる「パカパカ」っぽい画面効果は、おちんちんがビックリするのでやめてほしい。 → 長文感想(969)(ネタバレ注意)
60MONSTER PARK ~化け物に魅入られし姫~ (Delta)
抜きゲーとして評価。以下、若干のネタバレを含みつつ購入を考えている方に向けて注意点。 感想っぽくないかも。<絵>20/30点、<設定>20/30点、<キャラクタ性>10/20点、<システム>10/10点、<クリア後>0/10点 → 長文感想(1672)(ネタバレ注意)
60飼育白書 ~鎖に繋がれた同級生~ (Delta)
抜きゲーとして評価。身近な動物での獣姦、次々と現れる変な二択、そして輪姦での単調なまでの繰り返し展開など狭き門のオンパレード。これでもかとノーマルユーザの行く手を阻むその様は難攻不落のアイガー北壁の如し。プレイ後は、ひと山越えてしまった気分になれる変態趣味のマイルストーン的作品です。破傷風が心配。 → 長文感想(958)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
60魔法少女沙枝 Vol.2 (ミルフィーユ)
抜き重視作品として評価。触手・輪姦・快楽堕ちなどのシチュと戦闘→敗北→陵辱という無難な内容ですが、前作より若干濃くなっています。 → 長文感想(366)(ネタバレ注意)
60魔法少女沙枝 Vol.1 (ミルフィーユ)
抜き重視作品として評価。原作の方はどうなっているのか知りませんが、触手・輪姦・快楽堕ちなどのシチュと戦闘→敗北→陵辱という無難な内容。 → 長文感想(494)
60W触区 -新・学園妖触譚- (Lusterise)
抜き重視作品として評価。フェチィッシュを明確にHRに向けておりHRのみなら淫妖蟲(蝕)以上の出来。 → 長文感想(805)(ネタバレ注意)
60淫妖蟲 ~凌触学園退魔録~ (TinkerBell)
抜きゲーとして評価。同ジャンルの作品と比べても良い出来だと思います。触手好き・ハードOKの人はぜひ。 → 長文感想(553)(ネタバレ注意)
58D・Q・OMOSIROI (もっこりファクトリー(同人))
ゲーム性重視作品として評価。とってもお手軽な短編RPG。無個性男主人公視点。絶妙な難易度バランスながらも短編という事でゲーム面に個性を見出すことが難しい。だがエロ面ではツクールRPGには珍しいコミックライクな擬音や台詞などのオブジェクトを配したユニークな表現方法をとっている。最近はツクールRPGに食傷気味でプレイするのも久々だったが、315円というツクール作品としては破格ともいうべき低価格を考えれば充実の内容と感じた。○(5勝5敗2分)(ネタばれ度大) → 長文感想(2047)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
57はなマルッ! 2 (TinkerBell)
キャラ重視作品として評価。苺役の丹下桜さんライクな声が素晴らしいです。あおじるさんの描く魅力的なキャラに愛着を持たせた後に貶めるという意欲的な設定ですが愛着を持たせる過程が冗長過ぎて、アイデアにシナリオが付いてこれなかった感じです。また、音速丸の人が活きてなくて勿体無い感じです。<絵>17/25点、<設定>0/15点、<キャラクタ性>30/30点、<笑>10/10点、<システム>▲10/10点、<クリア後>10/10点(ifは本編と見なす) → 長文感想(2433)(ネタバレ注意)
55セティちゃんのえっちな借金返済ぼうけん記 (KICHUREA(同人))
ゲーム性重視作品として評価。やんごと推奨「このちょいエロRPGがちょっと凄い」(2作目)。このジャンルの弱点であった抜き機能の低さを改善したマルチロール性は白眉。同じこと言った!この人『アニクエ』でも同じこと言ってたよ!清純な女の子を自分の操作でいたぶり尽くす加虐方向の能動的性倒錯と、かけがえの無い存在である筈のヒロインが自らおっさん共の許に赴くという被虐方向の受動的性倒錯という相反する二つの要素を巧みに調理した甘辛酸っぱい本場中国の黒酢酢豚の様な出来。量的にもう少し欲しかったが価格を考えれば充実の内容。中身とアンバランスなまでの高額設定も横行する最近のツクール界隈ホットゾーンの半値に迫る驚異のコストパフォーマンスはT-34中戦車と喩えずにはいられない。安い強い早い使いやすい!そりゃマンシュタインも愚痴るよ!関係無いけどジューコフってカルタゴのハンニバルと印象が重なるよ!○(2勝0敗1分) → 長文感想(1384)
55sisters ~夏の最後の日~ (Jellyfish)
ストーリ重視作品として評価。随所で尖った長所を備えるものの、お話や描写がエロさに欠け、全体としては印象薄な残念作。一番印象に残ったのが移動時の3D CADの中を泳いでいる様な浮遊感と、スキップ出来ないもっさり感が醸し出す主人公の夢遊病っぽさだった。バイオのかゆうまにでもなっちゃったイメージ。エロゲスキーのお歴々には結構注目されてる(と思う)同ブランド。待ちこがれた人も多いと思うが、あれだけ時間掛けてこれか…と言わざるを得ない。「このカレー屋さんカレーライスは美味しくないけどテーブルクロスの柄はイイから好きなんだよー」とか妙な所で感心して粋なことが言えちゃう風流の人向け。だがこのワタクシは「だったら雑貨屋行った方がよくね?」とか思っちゃう品の無い賎民なのであった。
55寝取られナース 人妻さやか 堕落淫乱調教編 (STUDIO TRIUMPH(同人))
NTRゲーとして評価。「お前旦那とのセックス不満なんだろ(クワッ)!」「!?・・・先輩ステキ」(※但しイケメンに限・・・ってもダメだと思う)(ネタバレ度・小~中) → 長文感想(993)(ネタバレ注意)
55陰湿オタクにイカれる妹(彼女) ~大事なあの子が寝取られて~ (pin-point(同人))
NTRゲーとして評価。いひゃーはっは。おっほっほおぉー(高飛車笑いでは無い)&白目顔Lover専用モビルスーツですこれ。多分MSM-04Nアッグガイくらい扱いにくい。むしろニュータイプ向け。おっほっほおおぉーでお馴染みらしい中の人演じるうっほおうほおおヒロインが優れた何かのテクと余りに大変なマジカルチンポによってストーカー無しでは生きていけないカラダになるのじゃよオンナスキー的な話。学生の時分パッカーやっててアジアの密林に行った時に聞きましたこんな声、日の出時とかに。よく「人を選ぶゲーム」という評価を見かけるがこれは正にそれです。君は選ばれることが出来るか?非戦闘時の声が何となく「平○綾」さんに似てて楽しめた反面、交戦中に飛び交う阿鼻叫喚の声に付いて行けず、個人的には楽しめたり楽しめなかったり。どうやら私は重力に縛られたオールドタイプだった様です。とはいえこの価格でこの充実の内容は凄い。 → 長文感想(678)

ログイン






検索