nezumoさんの長文コメントへレスがついたもの

nezumo

声優のあじ秋刀魚さんが好きです。
好きなシナリオはタイムリープ系、青春系、失恋系など。そうは言っても好きなもんはなんであろうと好きなので、特に拘りはありません。
作品を褒める方が好きなので、長文感想は基本的に高得点を付けたものについて書くと思います。
90点以上がお気に入り作品。80点以上は時間が経っても好きな作品。70点を満足不満足のおおそよの境目にしてます。
感想へのコメントやらは大歓迎なので何かあれば気軽にお願いします。

HP/BLOG :
飢えた鼠はエロゲを噛みぬ
Twitter :
n_contrail

レス

コメント
レスレスユーザーレスの更新日
90アオナツライン (戯画)
悩むことやすれ違いも含めて最高の夏と呼べるような、決して綺麗な部分だけではない青春の描き方が魅力的でした。 → 長文感想(5300)(ネタバレ注意)(2)
最新レス>tglさん
コメントありがとうございます。
終わって少し時間が経った今でもかなり好きな作品なので、ちょっとでも魅力が伝わったのならとても嬉しいです。
nezumo2019年03月31日

90アオナツライン (戯画)
悩むことやすれ違いも含めて最高の夏と呼べるような、決して綺麗な部分だけではない青春の描き方が魅力的でした。 → 長文感想(5300)(ネタバレ注意)(2)
最新レス長文でも読みやすい上に、この作品に対する愛着と評価が感じ取れる感想でした。tgl2019年03月31日

80人気声優のつくりかた (MintCUBE)
声優業界の裏側に迫る作品。グレーな話題よりかは声優として生きていく中での純粋な悩みに向き合っていく感じではあるが、好きな声優さんがいる身としては色々と考えさせられる内容だった。 → 長文感想(4038)(ネタバレ注意)(1)
最新レスとても参考になる感想ですtgl2017年02月18日

85できない私が、くり返す。 (あかべぇそふとすりぃ)
まさにタイトル通りの物語。結末は評価の割れそうな形だけれども、これも1つの正解であると自分は思います。長文は前半は特にネタバレは無し。色々追記しました → 長文感想(8068)(ネタバレ注意)(2)
最新レスdairさん
感想へのレスありがとうございます

>7つ目の願い事が1回目と変化するというのは少し語弊があると思います。
言われて自分でも変なことを書いてることに気づきました まさに言われた通りです
自分がRe:Callの過去編読んでる時に、漣さんの言葉に見落としがあったかもしれません
詩乃は陸の裏切りを事前に見抜いていて、なおかつ陸に7つ目の願い事を教えてと迫られたからこそ、「生きたい」という半分当てつけの願い事を言う
1回目の陸に本当の願いを聞く資格がなかったと考えれば、筋が通ってますね
最後まで一緒にいてほしいという願いの重みが、1回目と2回目で変わったとも考えられます

自分がこの作品をプレイしようと決めた時には、既に割れた意見が飛び交っていたし、それで高い点数をつけてる方の言葉に惹かれて購入を決意したんですよね
だから、プレイする前から「買ったことを後悔しないように楽しもう」って決めてたのもあります
このゲームから自分が読み取ったことと被ってしまいますけどねw
その分だけ色々考えてプレイできたので、本当に楽しめたと思います
やっぱり購入した以上は、精一杯楽しめるのが理想です

dairさんの感想も読ませていただきました
テーマや個別について考えてることは自分の考えと同じような部分もあって、共感も持てました
思ったことについて、簡潔にまとめられていて分かりやすいです
自分の場合は、どうしても考えがまとまらなくて冗長になってしまう部分もあるのでw
リスク背負って頑張る人生を歩めたら苦労しないんですけどね;
nezumo2014年09月14日

85できない私が、くり返す。 (あかべぇそふとすりぃ)
まさにタイトル通りの物語。結末は評価の割れそうな形だけれども、これも1つの正解であると自分は思います。長文は前半は特にネタバレは無し。色々追記しました → 長文感想(8068)(ネタバレ注意)(2)
最新レス7つ目の願い事が1回目と変化するというのは少し語弊があると思います。

漣も予想していたように1回目の詩乃が陸の裏切りを見抜き、本心を言えなかっただけで本当の願い事は変わってない。
ただ陸にその資格がなかったから本心の一部であり、あてつけでもある“生きたい”が出てきた。
1回目の時も7つ目の願い事としてじゃなく、一緒にいて欲しいと言ってた気がします。

>過程が変えられるというのは、主人公が違う言葉を他人に投げていますから当然です

なので本質はこれ↑と同じだと思います。


本作のテーマを完結に言うと「後悔しないように生きろ」だと思いました。

楽しもうとして実際に楽しんだのが伺える、いい感想ですね。
dair2014年09月14日