cyokin10wさんの長文コメントへレスがついたもの

cyokin10w

好みの容姿と性格をしたヒロインに好みのHシーンが搭載されている割合の悲しいまでの低さに世の無常を感じるcyokin10wですこんにちはこんばんはおはようございます。
【2019.5.3つぶやき】ちょうど2年前のG.W.に、業界にシナリオゲー回帰の(小さな)動きがあるとか書いたのですが、その流れが少しずつ緩やかに大きくなってきている感じがしている今日この頃、『サクラノ刻』はまだですか?

長文感想を書くにあたっては、作り手さんへの敬意を失わないようにと心がけているつもりです。
読んでくださる皆様と、その作品の楽しさを共有できるような文章が書けるようになったら、それはとってもうれしいなって。

物語の内容  : ラブコメ好き。ドロドロ恋愛好き。厨二好き。
キャラクター : 妹キャラ好き。敬語キャラ好き。
おっぱい   : 普乳好き。普乳よりやや小さめで、気にする程でもないのにちょっとそれを気にしてるヒロインとかだと尚可。
Hシーン   : 下着姿好きの全裸好きなので、脱がす差分をこれでもかという程用意し、脱がす毎にヒロインを恥じらわせ、ブラ・パンティのみ姿→パンティ1枚姿を経由した末の全裸→股を開いて正常位処女っクス(俯瞰視点)こそが至高(リビドー全開)

殿堂入り嫁   : 朝倉音夢(D.C.) 朝倉音姫(D.C.II) 朝霧麻衣(夜明け前より瑠璃色な) 瓜生桜乃(ましろ色シンフォニー) 黒川雫(恋愛家庭教師ルルミ★Coordinate!) 夏咲詠(向日葵の教会と長い夏休み) 月嶋夕莉(恋がさくころ桜どき) 道明寺萌美(ピュア×コネクト) 長津田夕美(キスベル)

こんな僕デス よろしくたのみます。


【2018.5.5つぶやき】とあるサイトのアンケートで、どれがいい? 1.無 2.微 3.並 4.大 5.巨 という選択肢の中、並が35%強の票を獲得して勝利を収めていた(総票数1100票ほど)のを発見して何故か会心のガッツポーズをしている今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。
ただ、並乳が勝ったバンザイ!だけでなく興味深い結果が出ていまして
・ドベ1が無でドベ2が巨であるという事。
・無と微を足した票数、大と巨を足した票数は、並の票数とほぼ変わらなくなるという事(それでも4~50票並が多いが)。
この辺りは非常に示唆に富むと思うのです。
昨今のエロゲ業界の方向性とは真逆の結果。つまり極端は×、偏るのは×、という結果が出ているのですね。もちろん、組織票や連続投票が可能なのではないかとか、そもそもエロゲユーザーへのアンケートでは無いとか、色々ツッコミ所はありますが、前者はともかく後者に関しては、それ故に重要な結果であるとも言えます。もし、パッケージを見ればパッと分かってしまう巨乳奇乳が、大きさの偏りが、潜在的ユーザーたちへの間口を狭めているのだとしたら、、、、、、、、、特に初心者向けと言える内容の作品を創っているブランドさんには、一考を促したくなる結果だなぁなどということを考えた、今年のGWなのでした(これを暇人と呼びます)。

【2019.1.13今年の標語(何)】 脱がす差分をサボらない! 女性の服を脱がすあるいは女性が目の前で服を脱いでいくのを眺める。これってとてもスタンダードなエロスだと思うのです。まして初Hの時に好きな女の子(処女)の服を初めて脱がして、好きな女の子が少しずつHな姿になって、最後には全てを晒してくれる。そしてそうすることを彼女が受け入れてくれている。その行為と事実にとても興奮するのですよ。エロゲには、絵と声と文章でその流れを表現できる力があるのだから、是非ともサボらず頑張ってほしいのです。(ドン引き上等の主張)

【2016.1.11つぶやき】 「刺激っていうのは、見せすぎてしまったら後は廃れるだけだよ。だから、コウちゃんの小説の中に登場する、まだ形にならないくらいの未熟な欲望って
何も見せないからこそすごくセクシーなものとして迎え入れてもらったはずなんだよね。だけど、鼓動はそこを全部見せる。私はそれも嫌なんだ。後略~」
(辻村深月著 『スロウハイツの神様』より)
より直接的な『見せすぎる刺激(エロス)』へと加速度的に傾斜しつつある全ての「萌えゲー」「シナリオゲー」に対する警句として。
(抜きゲーはそういう直接的で使い捨てなエロスで構わないんですけどね)


【2013.5.31】 cyokin10wは児童ポルノ禁止法の皮をかぶった表現の自由規制法に反対します。


【2019.1.13 2018年決算】   
cyokin10wが2018年にplayした作品の完全主観順位です。
客観は一切排しているので、つけた点数とは順位が異なります。

1位.『もののあはれは彩の頃。』 鬼無水みさきの生き様に敬意を。シンプルな面白さを求める人へ。
2位.『さくら、咲きました。』 春野つばめの在り方に共感を。エロスにおける羞恥心の重要性について美羽と語りたい。
3位.『ハピメア』 センス溢れる世界の構築。北見六花さんの有栖演技がツボ。初心者の方是非モノ。
4位.『かりぐらし恋愛』 新妻みよりに後夫(あといり)を(ぇ)。色んな意味で丸くなった感じ。
5位.『さくらにかげつ』 寂寥。その仕上げはED曲『Ring』。
6位.『時計仕掛けのレイライン三部作』 推理と魔術のビックリ箱。モー子のヒロイン力の上昇具合よ。
7位.『Making*Lovers』 挑戦と王道のハイブリッド。個人的には共通√が削られてしまうのは淋しい。
8位.『イモウトノカタチ』 伏線張って→盛り上げて→迷走して→打ち切り。だが憎めない。
9位.『神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。』 相変わらず良い意味で『いい子』なヒロインたちと『可愛い!』の魅せ方は好きだが。
10位.『見上げてごらん、夜空の星を』 何故自分の青春には通い妻ちゃんが居なかったのか(訳:沙夜可愛い)。
11位.『お家に帰るまでがましまろです』 濃い塗りと濃厚H×可愛い絵柄。食あたりを起こさなければ。
12位.『乙女が奏でる恋のアリア』 キレイ。だが退屈。歌の中では『おとぎの国はあなたのもの』が好き。
13位.『祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』 手抜き気味?初Hシーンに当たりが多いのでかろうじてこの位置。
14位.『Princess Party』 10周年作品で明らかな手抜き。20周年はD.C.シリーズのようなので大丈夫、、、、、、か?
15位.『暁の護衛』 プレイ前期待値からの肩すかし具合過去最高クラス。麗華の初Hとツキとの漫才は〇。

今年のcyokin10w裏テーマは、エロスケ中央値信者の自分が中央値を無視して絵買いしたらどうなるか、だったのですが
結論から言うと、かなり無残な事態になりかけたのを最終盤にプレイした3本がかろうじて支えてくれた、という感じでした。
中央値からイメージする作品の出来。それをいい意味で覆してくれる作品には中々出会えないものですが、それでも上位5本は大奮闘。
特に『もののあはれは彩の頃。』と『さくら、咲きました。』『ハピメア』『さくらにかげつ』は強く心に残る作品となりました。
それらも含め上位に入っているのは、魅力的な作品世界を形成しているモノばかり。
どことなく、寂しさというか物悲しさというか、そんなものを作中に内包している作品が多かったように思います。
そして何故か何故だか好みのHシーン(この欄上の方参照)と、奇跡的なまでに大量に邂逅することが出来た年でもあったりして。
(年間通して1~2シーンが普通。多くて3~4シーンだったのに2018年だけで10シーン。異常です。絵買いの効果がこんなところに……?)
さて今年はどんな魅力的な物語、ヒロイン、Hシーンに出会えるか。楽しみです。

レス

コメント
レスレスユーザーレスの更新日
88もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
あ、、、、、、終わっちゃった。1クリックごとに湧き上がってくる『早く次が読みたい、続きを知りたい』という衝動。1振りごとに1マスごとにその地の宿命や個々人の戒や思惑その面のルール等々が複雑に交錯して、次から次へと新しい展開が繰り広げられ新しい面白さを創造していく。止めどころを見つけるのも困難な息もつかせぬ双六バトルに一喜一憂するままに、ものすごい勢いでページを繰り続け、あっという間にエンディングまで辿り着いてしまいました。シンプルな面白さを提供してくれる作品としては出色の出来ではないでしょうか。長文感想は―タイトルについて―と―内容について―と―鬼無水みさきについて―とを分けて書いてみました。ご興味のある所だけでもご高覧いただければ幸いです。 → 長文感想(2909)(ネタバレ注意)(2)
最新レスはい、好きです!
(ゆず作品のプレイ本数とつけた点数から目を逸らしながら)

私がこの作品を楽しんだことが感想から伝わったのでしたら
書いた甲斐があったというものです

お読みいただき、ありがとうございました!
cyokin10w2018年12月09日

88もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
あ、、、、、、終わっちゃった。1クリックごとに湧き上がってくる『早く次が読みたい、続きを知りたい』という衝動。1振りごとに1マスごとにその地の宿命や個々人の戒や思惑その面のルール等々が複雑に交錯して、次から次へと新しい展開が繰り広げられ新しい面白さを創造していく。止めどころを見つけるのも困難な息もつかせぬ双六バトルに一喜一憂するままに、ものすごい勢いでページを繰り続け、あっという間にエンディングまで辿り着いてしまいました。シンプルな面白さを提供してくれる作品としては出色の出来ではないでしょうか。長文感想は―タイトルについて―と―内容について―と―鬼無水みさきについて―とを分けて書いてみました。ご興味のある所だけでもご高覧いただければ幸いです。 → 長文感想(2909)(ネタバレ注意)(2)
最新レス正直ここまで純粋にこのゲームを楽しめるところがうらやましい
ゆずソフトとか好きでしょ
noknewrin2018年12月08日

81千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST)
E-moteなどに頼らない、紙芝居演出の極致を味わえるような演出力に、8月の底力は充分に感じることが出来る一本。ただ演出といい物語といい、《美しさ》を前面に押し出した作品だったと思うのですが、前者はともかく、後者の美しさが伝わってこなかったというかグロテスクになってしまったというか…………登場人物たちの想いがスッと響いてこない、何とも言えない心地の悪さがありました。長文感想は『穢翼のユースティア』の内容にも少し触れています。これからプレイ予定のある方は回避をお願いします。 → 長文感想(3674)(ネタバレ注意)(3)
最新レスこちらこそ、否定的な文になったにも関わらず返信くださりありがとうございます。

最近国家や軍隊に関するものを読んでいたので、つい熱く語ってしまいました。今自分の文章読み返すと、不必要にあなたの所見を否定していました、申し訳ありません。

お互い楽しいエロゲライフを送りましょう。
gggrrr2017年11月20日

81千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST)
E-moteなどに頼らない、紙芝居演出の極致を味わえるような演出力に、8月の底力は充分に感じることが出来る一本。ただ演出といい物語といい、《美しさ》を前面に押し出した作品だったと思うのですが、前者はともかく、後者の美しさが伝わってこなかったというかグロテスクになってしまったというか…………登場人物たちの想いがスッと響いてこない、何とも言えない心地の悪さがありました。長文感想は『穢翼のユースティア』の内容にも少し触れています。これからプレイ予定のある方は回避をお願いします。 → 長文感想(3674)(ネタバレ注意)(3)
最新レス


おおおおおお、ワタクシの拙文をこれほどまで深く読み込んでいただき
その上、とても真摯な長文をいただき、本当にありがとうございます。

初めまして、 gggrrr さま。


ただ、ここまで深く論評いただいて誠に恐縮なのですが、ワタクシそこまで深く考えていません(酷)。

もっと単純に

その決断がしっかりと悩んだ末の結論かどうか
そしてその苦悩にプレイヤーたる自分が寄り添えるか(共感できるか)

という部分でひっかかっちゃったんです。

蛇足の部分にも書きましたが
最後にヘタれた!と叩かれることの多い『穢翼のユースティア』のカイム、ワタクシ好きなんですね。

それは彼が
全ての階級の現実と言い分を体感し、受け止めて苦しんだ果てに結論を出し
しかも彼のその苦悩・苦衷に共感できたからなんです。

最後の決断に至るまでの、カイムとティアが辿ってきた道筋や
ノーヴァス・アイテルとそこに住まう人々の諸々の描写の素晴らしさ

それがあったおかげで、彼が秤にかけねばならなくなったもの、双方の重みを強く感じられたのです。

翻ってこの作品。
彼ら武人が必死に再興しようとする皇国。
その価値がワタクシにはあまり伝わってこなかったのです。

その原因は、 gggrrr さまもご指摘の通り
【皇国の機構や文化の歴史的背景の説明】が足りなかったり、
【旧来の皇国で幸福に生活する一般民衆が描かれ】なかったりしたことで
3年前の時点の皇国に、ワタクシが愛着を持てなかったからなんですね。

そしてワタクシが愛着(あるいは執着)を持てなかったものを
さも当然のように何を犠牲にしてでも守ろうとする〔武人〕という存在と行動に、共感することが出来なかった。
結果として、武人の行動全体に冷ややかな視線を向けることになったという次第です。


『守護呪壁』に関してはアレですね。
あそこの五十鈴の科白を考えたライターさんと、それを読み上げた声優さんグッジョブってやつです。

狂信を感じさせる内容の文章を、極めて事務的に読み上げる五十鈴。

宗教的な高揚もこれから相手を確実に殲滅する兵器を使う気負いも抑制しつつ
極めて無機質に読み切ろうとしながら最後にちょっと上擦る声。

そしてその、可愛らしくもややたどたどしい少女の声の結果として現出する敵対者の《消滅》という結果。

このギャップが、この兵器の無慈悲さを増幅させていて、たまらなく『イイ』んですよ(ぇー)。

この兵器を使用するこのシーンは、そういった「うわぁ……(ドン引きー)」な感情を喚起してナンボの場面であるはずですから。


さて改めましてこの度は、ワタクシの拙文を読み込んでいただき、本当にありがとうございました。
これからもお互い、楽しいエロゲライフを送りましょう。


cyokin10w2017年11月19日

81千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST)
E-moteなどに頼らない、紙芝居演出の極致を味わえるような演出力に、8月の底力は充分に感じることが出来る一本。ただ演出といい物語といい、《美しさ》を前面に押し出した作品だったと思うのですが、前者はともかく、後者の美しさが伝わってこなかったというかグロテスクになってしまったというか…………登場人物たちの想いがスッと響いてこない、何とも言えない心地の悪さがありました。長文感想は『穢翼のユースティア』の内容にも少し触れています。これからプレイ予定のある方は回避をお願いします。 → 長文感想(3674)(ネタバレ注意)(3)
最新レス ああなるほど、あなたはそうした見方をしたのですね。

 作中の武人の在り方が自己陶酔的でり、自己満足に寄っているという見方は特に間違っていないとは思いますが、私は別の見方をしました。

 件の夜鴉町の空襲に関してですが、私は武人たちの判断は特に間違ったものではないと思います。武人たちは所詮武力装置であり、その目的は敵を撃滅することにあります。武人の原型であるミツルギからして、敵国民の鏖殺を経て存在し、それこそを存在意義としてるのです。その上彼らの使用する武器からして、巫女の命が使われているという呪いじみた代物。彼らは某国の自衛隊とは異なり、災害救助の訓練をしている部隊ではありません。というか、3年前に似たような攻撃でやられてるのに、ホイホイいくのは「まるで成長していない」というべきでしょう。
 そしてあの場合数少ない彼らが攻撃すべきは敵の「手足」ではなく「頭」であるのは、武力機構として当然の決断であると思います。

 確かに、「国とは民である、皇帝は道具である」というのも一面の事実でしょう。ですが、寄るべき国家(つまりは所属する共同体)を失った民ほど惨めなものはありません。そうした者たちの末路は、侵略者たちの奴隷です。これは私たちの歴史が証明しています。難民、流民の問題は我が国では馴染みの浅いものですが、ヨーロッパにおいてはあれほど強固にみえたEUの存在に罅を入れた問題であり、未だに解決する兆しを見せません。

 初代様の御心に従い、武人たちが夜鴉町の救助に行ったとしましょう。しかしその場合夜鴉町の者たちの命を助けられても、その後武人たちが壊滅し、皇国民全体が共和国の奴隷になっては本末転倒でしょう。あの時点ですでに半分奴隷階級のようなものだったのですから。ww2のフランスのレジスタンスが、一つの地区を助けるために姿を晒して一網打尽では意味がないのです。

「皇国民のため」とはどういう意味なのか。ただ命を助けて奴隷の身に甘んじることは「皇国民のため」になるのか。その場合、そこにいるのは果たして「皇国民」なのか、それは単に「共和国の奴隷」ではないのか。

「武人」というのは「皇国」あってこその機構なのです。であるがゆえに彼らは「皇国民」のために戦う。「共和国の奴隷」のために彼らは戦わないでしょうし、戦ってはならないのです。

 では「皇国民」と「共和国の奴隷」の線引きはどこにあるか。単に皇国で生まれてDNAが皇国の民族であるというのではありません。「皇国の神話」を信じているかどうか、それの有無こそがその線引きなのです。

 宗教国家においては、その宗教を信じるかどうか。民主主義国家においては「人権宣言や憲法」を信じるかどうかというのが、人間社会における「属すもの」の差です。その共通幻想の信仰の有無こそが重要なのです。

 皇国においては、帝を中心とした国会体制こそがその「神話」であり「共通幻想」です。そして作中の「武人」たちは共和国の侵略に対し壊滅寸前まで追い込まれても最後までこの「共通幻想」に殉じたもの達です。これが崩れたとき、そこには武人も皇国民も存在しなくなり、そのときこそ武人は本当に「テロリスト集団」となり、皇国民は「共和国の奴隷」となるのです。

 そうであるがゆえに、かの老人は最後まで傀儡の身に耐えながらも、皇国の国家体制を維持してきたのです。もし皇国が現在の機構から変革しようとも、それは「神話」の象徴である帝が行うべきであり、侵略国のいうままに変革したのならば、そのときこそ完全なる敗北となり、皇国民は共和国の家畜となるのです。

 そして宗仁の行動を私人としての満足を優先させたと仰言いましたが、たしかに見方としてその一面があるのは確かでしょう。しかし、宗仁の前身であるミツルギが「皇国の守護者」という公人の在り方を貫いたがゆえに、禍魄と鼬ごっこにしかならなかった状況を鑑みると、「理屈としては破綻している個人の我欲」こそが、禍魄を打倒する一手となった、というのは中々に皮肉が効いていたと思っています。

 国家ないし緋彌之命の掲げた理念に沿うのも良いでしょう。しかし、すでに其の在り方では3年目に禍魄が作り上げた共和国に負けているのです。ならばこそ変革が必要となります、かの映画大作「スターウォーズ」のジェダイの騎士は、ジェダイの理念に固執したあまりにシスに敗北しました。しかし再びジェダイがシスに勝つのに必要なのは、過去のジェダイの理念では不要とされていた「愛」でした。

 あなたはエルザを《自らに恥じない生き方》を選べる彼女の高潔さは、作中一と評しましたが、彼女もまた禍魄に「我々は侵略国家ですよ?」と嘲笑されていることをお忘れなく。皇国民にしてみれば、夜鴉町の救助などではなく、ウォーレンがその決断を下す前に、不意打ちで殺して欲しかったことでしょう。また、彼女の公人としての立場は「共和国軍人」なので、彼女もまた「公人としての立場より私人としての感情を優先させた」存在です。彼女を持ち上げて、武人の行動を批判するのは片手落ちであると思います。
それこそ禍魄に言わせると
「素敵な話にも聞こえますけど、付き合わされる部下が可哀想ですね」
となるでしょう。上官の個人的な思想のために、知らずのうちに総督の意に反する反国家行為に手を染めさせられるのですから。




武人や神職はこの国家では間違いなく特権階級でしょう。
 であれば、ノブレス・オブリージュ(貴人に伴う義務)
 彼らには一般民衆に対する責任が生じるはずです。

 この点に関しても、あなたは少々思い違いをされているように思えます。
そも、「特権階級」とはなんでしょうか? 武人たちや神職は、一般の皇国民に対し、どのような「権利」を有しているのでしょうか?

 特権階級とは、その国家の法においてその命の価値が上であること、かつ他者の運命に対し干渉することを許される「権利」が定められている存在です。皇族の者はこれに該当するでしょう。しかし武人と神職はどうか?

 彼らは税をより多く徴収することが許された存在か? 裁判なしの死刑を宣告できる権利を有していたか? 本来収めるべき税を免除されていた存在か? 彼らの生命は一般民より優先されるべきものか? 作中でこれらのことは明記されていません。

 また、彼らが一般民よりも納税の面で優遇されていたとしても、その代わりに彼らには果たすべき「義務」があります。それは「貴人に伴う義務」ではなく、武力機構としての国家防衛と治安維持という義務です。そして社会的に「武人らしからぬ振る舞い」を許されません。さらに彼らは生まれ持った呪印により、他の生き方を選択することが極端に厳しいのです。一般の皇国民のほうが職業、人生の選択の幅はよほど多く、果たすべき義務も彼らより軽く、自堕落な生活をしても許される。

 過去の欧州における地主たちは、その土地の民に対しての徴税、裁判などの人生を左右して良い「権利」を有していたがゆえに、暴君にならないために「貴人の義務」で己を律する必要があった。しかし武人たちはその上位に彼らに下命する「権利」を有する皇族という存在があるのです。武人や神職には皇国民を自由にできる「権利」は無いのです。

 例え優遇措置はあったにしても、それに比する「義務」を遂行しなければならず、それ以外の人生の選択が許されない。それが皇国における武人であり神職です。間違っても「特権」を有していないし、それが故に「ノブレスオブリージュ」も彼らには適応されないのです。それが適応されるのは皇族のみであり、作中において皇族は小此木翁にその全てを託し義務を果たしています。

 故に、作中における生き残った武人たちが果たすべき義務、あなたの言うところの一般民衆に対する責任は、少数の皇国民の命を守ることではなく、その少数に恨まれようとも侵略者を打倒し、勝利することです。逆に彼らが少数の人民を救うために死んだのならば、それこそがただの自己満足であり、義務の放棄でしょう。

武力機構とはその性質上、迷いや逡巡は致命的になります。彼らが為すべきは自分たちに課された義務の範疇において、自分たちが許された権限の限りで迅速に決定を下し、敵を討伐することです。
 全ての階級の現実と言い分を体感し、受け止めて苦しむ暇があるのなら、一人でも多くの敵を倒すべきであるのが武人なのです。法が定める義務を有する武人と、公的な立場も官職もない暗殺者を同列に考えてはいけません。




『守護呪壁』とかいう無慈悲極まりない呪術

 これについても、私は別の見方をします。文字通り用途が守護であり、100%防衛のみの存在です、他国の侵略には一切用を成さないものですので、これを受けたくなければ、この領域に入らなければいいんですよ。むしろ一発で数十万の人間を殺した上で、その土地を人間の住めなくする無慈悲極まりない爆弾のほうが恐ろしいですね。どこかの世界にはそういうもの何百発とあるそうですよ、それに比べれば「守護呪壁」なんて鼻で笑えそうです。この爆弾、共和国にはもうありそうですね。

 私はむしろ前半にあった学園パートやアイドルなどの存在意味が分からないので、ああいうシーンを入れるよりは、もっと皇国の機構や文化の歴史的背景の説明や過去パートに尺を使って欲しかったと思ってます。あのアイドル云々や学園パートは作中の雰囲気の統一を阻害してると思ってるので。

 長々と述べましたが、物語の受け取り方は千差万別、所詮は受け取り手次第です。あなたの解釈を否定するが如きの書き方になりましたが、これは私の解釈があなたと異なるものであったが故であり、あなたの解釈を否定する気持ちがあったからではなかったことを、ご理解くださるようお願いします。

 一つの物語の解釈は、同じ人間であっても、心境、知識の増加によって変化してゆくものであり、考察できる余地が多い物語ほど異なる見方も多くなります。この「 千の刃濤、桃花染の皇姫」はあなたと私という、全く異なる見方をした者が在ったほどの物語であったという証左でしょう。私もあなたも、時間と知識を今より得たあとでは、この物語に対しての見方が変わってくるかもしれませんね。
gggrrr2017年11月17日

74汐見崎学園演劇部 恋❤︎ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!~ (Meteor)
そこかしこに低予算臭を漂わせながらも、力の入れどころを間違えなかったおかげで、キチンとヒロインの可愛さやエロさを表現することが出来た良質な小品。表情・服装共に豊富な立ち絵を愛でながら、お気に入りのヒロインと一緒に『恋愛ろ~るぷれいんぐ』を楽しみましょう。 → 長文感想(3234)(ネタバレ注意)(2)
最新レスこんばんは、dovさま。
コメントありがとうございます。


鮎香さん√は鮎香さんが可愛いだけで無く、案外笑えてテンポの良いテキストだったのも評価が高いです。
そのおかげでサクサク読み進めることが出来、あっという間にプレイを終えてしまいました。


------朝倉音夢と月山瀬奈------

言われてみれば確かに二人とも依存系だなぁと納得したまでは良いのですが
鮎香さんが気に入り、朝倉音夢を嫁と言い、月山瀬奈をのーぶる☆わーくすで一番好きなヒロインだとのたまう自分って…………

実は依存気質な女の子が好きだった!

ということに今更気付いてしまい愕然。

これまでのエロゲライフで、自分は依存されるよりするほうが好きだと思い込んでいたので
今までの価値観の転倒を強いられているような感覚に、案外動揺しております。

……あれ?でも依存したいと依存されたいは両立できる……?
……あれ?ということは私の理想は《共依存》……………………??

いや、まさか、、、、、、(ガクガクブルブル)


------おっぱいについて------

昨今のエロゲのおっぱいの描き方については否定的かつ非寛容な人間なので時々うるさいのをご容赦ください。(ぇー)
>>https://twitter.com/immunitydoll/status/772059095272595457 ←このツイートにやたら頷いてしまった自分がいます
 いやもうものすごい勢いで共感してしまいました。
 そうなんですよ、左の子も否定はしないけど、右の子が欲しいんですよね!
 今年プレイした作品のヒロインだと、佐藤夏姫(@Berry's)が一番近いかなぁ…………(でもこの娘はロリ属性だなぁ)


------小倉結衣さん------

ごめんなさい、完全に風評被害です。
この夏にプレイした『アマツツミ』の水無月ほたる役の印象が強すぎました。
ついでに白状しますと私の中でこの方の演技で印象に残っているのは、クリソベリル(@紙の上の魔法使い)や長山香奈(サクラノ詩)。
…………曲者ばっかりですね。


改めまして、dovさまのご紹介で良い作品・良いヒロインに巡り会えたこと、感謝いたします。
dovさまも、よいエロゲーライフをお送りください。



~~追伸~~

こちらへのコメントだけでなく、ご投票もいただいたようで、重ね重ね感謝に絶えません。
>>読んでて幸せになれます。 ←このコメントで(エロスケから)ほぼイキかけました(古)
私は自分のプロフィール欄の最初に書いてあるようなことを理想に感想を書き続けているので
"冥利に尽きる"とはこういう時に使う言葉なのだろうと、浸っております。

cyokin10w2017年10月21日

74汐見崎学園演劇部 恋❤︎ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!~ (Meteor)
そこかしこに低予算臭を漂わせながらも、力の入れどころを間違えなかったおかげで、キチンとヒロインの可愛さやエロさを表現することが出来た良質な小品。表情・服装共に豊富な立ち絵を愛でながら、お気に入りのヒロインと一緒に『恋愛ろ~るぷれいんぐ』を楽しみましょう。 → 長文感想(3234)(ネタバレ注意)(2)
最新レス 恋ぷれ完走&感想お疲れ様でした-。読ませていただいている最中、プレイ中の楽しさが蘇って来るようでした。
 仰るとおりこの作品は低予算でそこまで演出などに優れているとは言い難く、ストーリーの山谷も大きいとは言えないゲームです(個人的には、ボイスの録音環境もちょっと引っかかる)。
 とはいえ、「三者三様の魅力を持つ女の子達とイチャイチャする」という一点突破には力強さがあり、そこがちゃんとcyokin10wさんに刺さったようで本当に良かった(ホッ)。

 さておき、鮎香さんです。
 cyokin10wさん感想の冒頭の台詞は鼻つまみ不意打ちキッスで準也を卒倒させたシーンだと思いますが(笑)、彼女は女の子らしい感情の豊かさというか柔らかさといいますか、したたかなんだけど可愛らしい弱点もあるところといいますか、そういう魅力がよく出た子だと思います。画面向かって右斜め下を向いた涙目(言われてみるとこの構図や、意外と豊富なエッチシーンでの体位にデッサン力を感じます)とか、椅子に坐って微笑む姿とか、プレイしてて「死ぬときはこのゲームやりながら死にたい」とか思っちゃったくらい心が幸せになれました。
 ご指摘の「生粋の依存M気質」についてもすごく同感、共感。ライターのJ・さいろーさんは同時期瀬奈@のーぶる☆わーくすに関わっていましたが、鮎香さんと瀬奈はこの辺結構似てたと思いました。「私、まだ本当に準也さんのことが好きか分かりませんよ」からのドエロセックスに及ぶ鮎香さん、「犯して下さい!」からの学園の理事長室で処女喪失セックスに及ぶ瀬奈さん。二人とも、ドMの依存気質で、そしてドエロ(笑)。
 当時のJ・さいろー氏、あるいは業界がそういうものを求めていたんでしょうか? 両作から半年後に発売された奇乳作『カミカゼ☆エクスプローラー!』にも同様の依存M気質キャラが出てきますが、主人公は「依存気質な子なら、俺に依存させちゃえば問題ないじゃん!」という発想で攻略しちゃいます。「依存キャラは俺から二度と離れられないように依存させちゃえばいいよね」という解決は果たして是か非か、とりわけ純愛ジャンルでは難しい問題のような気がします。

----ここから暴言かもしれないので、お気を鎮めてお読み下されば幸い----
 朝倉音夢も兄にガッツリ依存してた子でしたが、彼女のルートに入るとそのまま最後まで依存しっぱなしというオチだったような記憶が……
----全く私の勘違いだったらお許し下さいー----

>最近のエロゲだと鮎香さんくらいの大きさなら普乳枠か貧乳枠でしょう
 マジですか!? と思いましたが昨今の風潮の中では否定しきれない自分がいる……
 貧乳っていうとロリキャラにしかいないような今の流れ、私もあんまり好きではありません。https://twitter.com/immunitydoll/status/772059095272595457 ←このツイートにやたら頷いてしまった自分がいます(いや、左側みたいな子もそれはそれで大好きなんですけど!)。

>小倉結衣さんの声が若いっ!
 最近私はあまり小倉さんに出会ってない(今年はおそらく 由芙院御伽@ChronoBox おんりーな)せいか、この指摘にはビックリしました。
 私にとって小倉さんが演じたキャラクターというと、まず奏菜ちゃん@キミへ贈る、ソラの花が出てきて、その次に本作のここあを連想するんですよね。頭空っぽそーに見せかけておいて、意外としたたかさもある女の子ないめーじ。
 でもキミソラももう5年前なんですねー……

> 最初無謀にも windows 8.1 でプレイしようとして、インストールすらさせてもらえなかったワタクシ
 マジですかー!?
 紹介した身としてなんか申し訳ない!
 (恋ぷれってインストールしなくても、データを丸ごとHDDにコピーすれば起動できた気がします)

>うわあぁぁぁぁぁぁ、松永雪希さんだぁぁぁぁぁぁ!!!
 マージーでーすーかー!!!?
 調べたらうわっ……殆ど恋ぷれ発売直後に引退されてる……
 主にソフトハウスキャラのゲームや加藤乙女@スクデイで何となく名前を覚えていた松永さん。引退されてたことにちょっとショックを覚えました。

> 7年という歳月を感じます
 いやホント、過ぎ去ってみればあっという間ですが、その間に確かな時間の流れがあるのですね。
 恋ぷれは当時でもマイナーなゲームでしたがそれでもデータ数100越え。対してあのアリスソフトの超昂シリーズ最新作がデータ数74(このリプライ投稿時)……隔世の感を覚えます。

 紹介した身として結構不安もありましたが、cyokin10wさんにとって悪くない出会いとなれたようで私も嬉しかったです。
 それではまた。よきエロゲーライフを!
dov2017年10月15日

80魔女こいにっき (Qoo brand)
自分でつくった設定に振り回され気味になって細部がおろそかになったりいい加減になったりしつつも、感傷的かつ独特なテキストと、質の高い絵・音楽といった演出の力でプレイヤーを捻じ伏せる(?)剛腕は相変わらず健在で。整合性が~とかキャラブレが~とかブツブツ文句を言いつつも、結局楽しまされてしまいました。長文感想は、最後の蛇足の部分に『ナツユメナギサ』の致命的なネタバレを含むので、これからプレイ予定のある方は回避をお願いします。 → 長文感想(3653)(ネタバレ注意)(2)
最新レスしもじぃ~様こんにちは。cyokin10wと申します。

レスありがとうございます。
今回はかなりトチ狂った感想を書いたつもりでいたので、共感してくださる方がいてこちらも嬉しかったです。

しもじぃ~様の自己紹介欄と『魔女こいにっき』の感想も拝見しました。

>プレイヤーの求める主人公論への皮肉
>受け取り方を考えろ

こんな批評もどきの感想を書き続けていると、物語に対する許容度が自分の中で減少してくるように感じる時が間々あります。
設定等の揚げ足を取って、些細な穴をほじくり返して批判する。
こういう事ばかりやっていると、せっかくのお話を純粋に楽しめなくなりますね。反省反省。


>そんな中で高い金出して何をエロゲに求めるのかっつったら私はイイBGMなりイイ声優さんなりのついた
 超高級紙芝居なんだろうなぁとか思うこの頃です、はい。


素晴らしいBGMや、声優さんの演技に舌鼓を打ちつつ、そこにある物語を、あるがままに楽しんでいきたいなぁと、改めて思います。
cyokin10w2014年10月12日

80魔女こいにっき (Qoo brand)
自分でつくった設定に振り回され気味になって細部がおろそかになったりいい加減になったりしつつも、感傷的かつ独特なテキストと、質の高い絵・音楽といった演出の力でプレイヤーを捻じ伏せる(?)剛腕は相変わらず健在で。整合性が~とかキャラブレが~とかブツブツ文句を言いつつも、結局楽しまされてしまいました。長文感想は、最後の蛇足の部分に『ナツユメナギサ』の致命的なネタバレを含むので、これからプレイ予定のある方は回避をお願いします。 → 長文感想(3653)(ネタバレ注意)(2)
最新レス以前これと同じような感想を書いたんですが、別の方の感想の中でわりと否定っぽいこと書かれたんでおんなじような感想持ってる方がいて下さって嬉しかったですw
で、私はなーんでまた新島さんこんなことしたんかなって考えたときでてきたのはプレイヤーの求める主人公論への皮肉だったのかなぁなんて考えました。
詳しくは(そんな上手くも詳しくも書けてないですが)私の自己紹介欄および『魔女こいにっき』の批評に書いてあるんで興味あったら覗いてもらえると嬉しいです、はい。
なんか同じ感想持ってる方見っけてちょいと嬉しくなってレス書き込んじゃいましたがスルーしていただいて全然構わないっすー。
しもじぃ~2014年10月11日

89星空のメモリア -Wish upon a shooting star- (FAVORITE)
笑いあり!涙あり!!萌えありエロありツッコミどころあり!!!いい意味でも悪い意味でも「エロゲ」の要素満載のオススメ作品です。 → 長文感想(1678)(ネタバレ注意)(2)
最新レスRyo@0371さま

こちらこそ投票&レスありがとうございます。
レスというものを初めていただいたので、感動しております。

久しぶりに星メモの感想を読み返してみましたが
前半けっこうボロクソに書いていて自分でビックリです(笑)
Play中は共通部も笑いまくってた記憶があるんだけどなぁ(ビーチバレーの下りとか大好きです)

自分はメアも衣鈴も好きですよ~。
特にメアは頭を撫でたいキャラクターランキング(何?)第2位に入ってます。

今回はRyo@0371さまの情感たっぷりな文章に心惹かれて投票させていただきました。
今後の感想も楽しみにしております♪
cyokin10w2012年06月23日

89星空のメモリア -Wish upon a shooting star- (FAVORITE)
笑いあり!涙あり!!萌えありエロありツッコミどころあり!!!いい意味でも悪い意味でも「エロゲ」の要素満載のオススメ作品です。 → 長文感想(1678)(ネタバレ注意)(2)
最新レスcyokin10wさん、当レビューへの投票ありがとうございます!!
なんかヤ〇ー映画のレビューにありそうな感じになってしまいましたが…(;^_^
不快に感じましたらスミマセン…m(_ _)m

さて、そちら様のレビューを読ませて頂くと…確かに共通とか長過ぎかなとw
ただ私はプレイ中は極力楽しもうと心がけているためか、あまり不快に感じることなく読めました。
ただ、衣鈴がウザいだのと言われていますが、個人的にはメアの方が若干イラッときましたw
炉利キャラでカワイイと言われてるみたいですが、なんか言葉や態度が気に食わない部分がありました。
その時は杏子御津も好きではありませんでしたし。
その後プレイした「恋と選挙とチョコレート」の衣更で大好きになりましたがww

これからも機会がありましたら、私のレビューを見に来て頂ければと思います。
Ryo@03712012年06月19日

ログイン






検索