bookoflightさんの長文コメントへレスがついたもの

bookoflight

70点:やらなくても良かった。75点:まあ楽しめた。80点:一定の満足。
81点以上:満足。楽しめた。85点以上:買ってよかった。とても楽しめた。90点以上:泣いた。95点以上:それ以上。
終わり方に納得すると高得点つける気がします。駆け足だったり尻すぼみだったり、雑だったりすると点数低いです

レス

コメント
レスレスユーザーレスの更新日
60素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
(GiveUp) 1年以上掛けてちょっとずつ進めてなんとかプロローグ終わらせたけど → 長文感想(195)(ネタバレ注意)(3)
最新レス>weeker さま
コメントありがとうございます。
テツガク的な下地がないと十分には楽しめないかもしれないちょっとムズカシイゲーだったんですね。。
「我思うゆえに我あり」くらいしか知らないので完全に知識不足っぽいです。

純粋理性批判というのはたしか作中にも登場してたので軽~くwikiを見ましたがかなり難解そうですね。
古い時代の訳本はそれだけでかなり気合が必要そうです。

実際に読むところまではなかなか踏み出せなさそうですが、チャンスがあったら挑戦してみたいと思います。
教えていただいてありがとうございます。
bookoflight2014年04月13日

60素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
(GiveUp) 1年以上掛けてちょっとずつ進めてなんとかプロローグ終わらせたけど → 長文感想(195)(ネタバレ注意)(3)
最新レスちなみにこのゲームをするにあたって事前に読んでおきたい書物といたしましては以下のようなものがございます。ぜひご検討ください。

論理哲学論考 (岩波文庫) ウィトゲンシュタイン
純粋理性批判 (上) (下) イマヌエル・カント

私の経験では論理哲学論考はいろんな出版社から出ておりますが、岩波のモノが一番分かりやすいと思われます。
weeker2014年03月29日

60素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
(GiveUp) 1年以上掛けてちょっとずつ進めてなんとかプロローグ終わらせたけど → 長文感想(195)(ネタバレ注意)(3)
最新レス正直最初の一時間で面白いと思えなかったら楽しめないでしょうね。
しかし、貴方が自己の存在についての懐疑を抱いたときにまたプレイすれば別の見え方をなすのではないだろうかって思うんですよね。
weeker2014年03月29日

最新レス>huyumizora さま
解説ありがとうございます。
天使の羽根を踏む。難しいですね~
最後の3択からもう1度プレイしてみました。

この羽根は踏めない=
「たとえ先生の憎悪と苦痛の対象だったとしても、それを背負わされてなお信じる理想を貫こうとした先生の意志を、誇りを、私が穢すことはできない」
という感じでしょうか。

昨日よりも少しこの物語りが好きになりました。
コメントありがとうございました。m(_ _)m


~おまけ~
神の実在を許さない先生が悪魔の実在をアピールしたのがちょっと気に入らなかったので、
あてつけに神扱いしてみました。>諭す
bookoflight2011年08月08日

最新レス>TRUE以外のルートでは、先生はどうなったんだろうね。
どのエピローグでも執拗に語られている様に、世界は必ず変化しています。
寮の生徒以外がμになる筋書きが無いと作中で言われているので、間違いなく悪魔王は誕生する事になります。

>タイトルにもなってるけど、「天使の羽根を踏む」って何を喩えてるの?
天使の象徴である羽、それは先生にとってこの世界での過去であり、復讐の証であり、誇りであり意志です。
そしてようやく自らを人間と認めることができた(精神的にでも)
天使ではなく人間としての始まりの象徴でもある羽根を、本人以外踏み躙ることができるでしょうか、あやめですら想像を絶すると表現した苦痛を理解したうえで、否定できるでしょうか。

>あと最後は「赦す」じゃなくて、「諭す」物語。
先生は神様じゃなく天使です。先生が神様を赦す物語です。


自分なりの解釈ですが参考になれば。
シスターと副長は私怨が大きいと思います、ご都合主義と捉えたければそれでも。

必要最低限の描写はされているので、正確にライターの意図を読み取れなくとも、
自分の答えを出せる程度にはテキストを読んでください。
huyumizora2011年08月06日