armchairさんが投票したコメント

armchair

ブログで簡易評価してるうち☆→90、◎→80、○→75、●→65、△→55、×→30を基準に±5点したりしなかったり結構適当に。
そんなわけで点数そのものには意味がなく、相対的な序列のようなものがあるだけです。80点以上はオススメ。
プレイしたことによって自分の中に残ったものが評価の基準です。その内容は感動であったり考察であったり、はたまた愛着であったりとまちまちではありますが。
女の子がキャッキャしてる作品が辛くなってきた(エロゲーマーとして致命的)のでこれまで以上に同人に傾倒する予感。女性向けをもっと開拓したいところ(やはりキャッキャしてるのは辛いので創作ユニくらいまでの予定ですが)。

HP/BLOG :
机上の空想
Twitter :
on_the_armchair

投票したコメント

コメント投票日
55何処へ行くの、あの日 (MOONSTONE)
私は物語の構造や結末より、終わりまでの過程を重視するのかなと、このゲームを振り返ってみて思う。 → 長文感想(1659)(ネタバレ注意)
2015年08月09日
84運命予報をお知らせします (ヨナキウグイス)
“恋心”への徹底的な懐疑の果てに、“恋”を肯定するお話 → 長文感想(8160)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 23h
2014年10月30日
65ファタモルガーナの館(非18禁) (Novectacle(同人))
安野光雅風の背景、フランス人形みたいな陶質の絵、バリエーション豊かな音楽は素晴らしい。中世の雰囲気、人形劇みたいな作風を後押ししてます。でも、誰もこのテキストにツッコミを入れないんだろうか。。。。。 → 長文感想(584)(ネタバレ注意)
2014年08月12日
73はるかぜどりに、とまりぎを。 (SkyFish)
温暖化→食糧難→戦争とかではなくサトリ病なあたり、なんともキレイな世界。"心地よい破滅"ものと言えなくもない設定をもしマジメに受け取るなら、傷ついた世界で生きる登場人物たちの淡々として明るい情動はプレイヤーの目から見てやや不気味です。テーマは「沈みかけの世界でも人々は普通に恋をする」だろうけど、SkyFishに「普通に恋をする」とか言われつつハーレム・SM・露出プレイ等々を見せられるのは奇妙な気分。ところが、その奇妙さと "心地よい破滅" が持つ違和感が妙にマッチし、キャッキャウフフをひたすら外から眺めるようなSkyFish独特の読感とも結びついていて面白い。プレイヤーの倫理観が入り込めないほどのエロ肯定には、周りが壊れつつも人心の安らかな、こんな世界が似合っている気もします。ついでに泣き要素はできたし、綺麗な水面だって描けた。
2014年03月29日
99MYTH (Circletempo(同人))
人間の本質を視覚的に捉えられるよう創意工夫を凝らした大作。テクストは元の役割に加え同義性を兼ね備え、本筋に顕れる「含意された作者」によって巧みに「含意された読者」へと導かれる。その過程には複数の事象の追求が有り、多層構造のそれは容赦なくプレイヤーを突き放す。評価の分かれ目となるのは前述と異なる真意の読者像、つまり、考察する読者になりきれるかどうかである。傍から見て難解と分かる設定に多数のプレイヤーが諦念に駆られるのは想像に難くない。究明放棄の一因として憂慮するのは、周回という定義に囚われていないかということだ。 全てのテキストを読み終える事を作品の終りと捉えてしまえば、読み返す行為に既知の苦痛が生じるのを虞、読解まで至らない。本作に限らず重要なのは本質理解であって、全容解明が作品の終りということを忘れてはならない。少しでも同意できたなら識るか否かを決める契機を探し出すのも悪くない選択だ。 → 長文感想(46772)(2)
2013年03月12日
80悪魔の迷宮 (きつねみみ饅頭(同人))
炉利・陵辱・触手・獣姦・レズといったアブノーマルな要素てんこ盛り。かつ同人のフリゲである為プレイヤーを選ばざるを得ないですが、食わず嫌いで敬遠されているのでしたら、騙されたと思って是非一度プレイしてみるのをお勧めします。…しかし、上手いタイトルをつけたものですね。 → 長文感想(1207)(ネタバレ注意)
2012年04月21日