Atoraさんが投票したコメント

Atora

(17/09/18)
世に作品を送り出す製作者様方、レビューに目を通していただく方、
議論にお付き合いしてくださる方、注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
エロゲー関係は、萌えゲーから少しずつ幅を広げて、雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ偏りのない批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品(バイブルみたいなもの)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora

投票したコメント

コメント投票日
82トリノライン (minori)
内容的には佳作といったところ。最近のminoriにしてはシナリオはいい。 いわゆる学園ものだが、アンドロイドとの恋という非常に難しいテーマを題材にしており、美少女ゲームにありがちな学園ものとは一線を画している。というか学生感がない。 エロはさすがのminori。巨乳万歳! グラフィックは一流なのだが、残念なのはOPだ。これは今作に限らず最近のminoriは全部そうなのだが。 新海誠がOPを作っていたころは「お前のようなエロゲのOPがいるか」というような、映画でも見ているかのような美しいOPだった。efのOPは10年たった今でもこれを超えるエロゲOPは知らないほどの傑作。 minoriはすぴぱらで大爆死して倒産寸前までいった過去があるからか、すぴぱら以降のminoriはOPにあまり予算を割かなくなってしまった。悪く言えば守りに入っており、minoriらしさが失われている。非常に残念。
2017年09月18日
2017年02月21日
65VenusBlood -RAGNAROK- (DualTail(DualMage))
大いなるマンネリ。いつもの「Venus Blood」。キャラとシナリオを一応変えてはいるが、わざわざ新しく買わず、違うVBをやっても変わらないような気さえしてしまう。ただ、このシリーズが今まで楽しめた人にとっては、本作もある程度楽しめると思う。個人的にはFrontier、GAIAあたりまではマイナーチェンジを繰り返しながら、成長を感じ取れたけど、ここ2作のヒュプノ、ラグナロクは正直に言って停滞感が強い。まぁ、そうは言っても、商業18禁RPG、SLGは他に選択肢も少なく、「そこそこ」遊べる作品を定期的に出してくれるだけでも、ありがたいと言えばありがたいわけだが……。
総プレイ時間 : 60h
2017年02月06日
70プリズム◇リコレクション! (Clochette)
カミカゼが持つ特徴をあらゆる面でパワーアップさせた労作ではあるのだが、その進化は余りにもバランスを欠いて恐竜的なゲームになってしまった。長文感想では多角的に作品を擁護しようと試みたものの…… → 長文感想(26464)(ネタバレ注意)
2016年09月06日
85シルフェイド幻想譚(非18禁) (SilverSecond(同人))
フリーゲーム。一言で表すなら「ものすごく面白くなった初代ドラクエ」という感じ。知らない土地へ足を踏み入れるのが楽しい。人と喋るのが楽しい。自分なりの育て方や攻略法を探れるのが楽しい。何もしなくても刻一刻と移り変わる世界が楽しい。そして周回を重ねこの世界を知り尽くし「世界そのもの」が自分の頭の中へすっぽりと納まった時、何とも言えない満足感と、冒険が終わってしまう事による寂しさが同時にやってくる。 → 長文感想(2929)
2016年08月28日
70さみだれグローインアップ! (SAMOYED SMILE)
いわゆる「紙芝居」からの脱却を目指す流れの中で、失敗の方向に突き進んでしまった作品。やりたかったことはわかるし、姿勢は買うんだけど…… → 長文感想(930)(ネタバレ注意)
2016年07月31日
75ここから夏のイノセンス! (Clochette)
[ネタバレ?(Y1:N1)]
2015年12月31日
80サノバウィッチ (ゆずソフト)
因幡めぐると至福の一時を過ごすために。【2015/3/4フルコンプ後に点数追記】 → 長文感想(3475)
2015年03月03日
50とらぶる@すぱいらる! (Aries)
これを本気で面白いと思って書いているならライターの頭のおかしさを疑うが、世に出てしまったものは仕方がない。コレを楽しめる方の元に届くことを願うばかりである。 → 長文感想(2763)(ネタバレ注意)
2014年11月18日
75SEVEN-BRIDGE (Liar-soft(ビジネスパートナー))
巨大な可能性の残骸。失われた未曾有の傑作の豊かな断片を、拾い味わうのも一興。 → 長文感想(1311)(ネタバレ注意)
2014年10月27日
75限界凸記 モエロクロニクル(PSV)(非18禁) (コンパイルハート)
モンスター娘を仲間にして進めていく3Dダンジョン萌えRPG。仲間になる女の子が大勢いて、キャラデザも可愛いし、育てる楽しさとパーティ編成の自由さがありますね。RPGとしてもサクサクしてて面白く遊べて、なかなかのゲームです。ただ、最終的にはRPGとしてもギャルゲーとしても、もうひとつ物足りなさを感じてしまうのが惜しかった。 → 長文感想(3679)(ネタバレ注意)
2014年06月20日
85魔物っ娘ディフェンス (とま団(同人))
魔物っ娘を仲間にして戦うタワーディフェンス。18禁。高く評価できる要素も多いが難易度がとんでもなく、Easy相当でもクリアまでに30回以上やり直した。2012/03/17追記】点数を75→80→85に上方修正。難易度の高さは、敷居の高さかもしれないが、いろいろ考えてみるとかなりゲーム性に優れている。 → 長文感想(31161)
総プレイ時間 : 30h
2014年05月19日
10とらぶる@すぱいらる! (Aries)
(GiveUp) 無意識に下着を盗む程度にド変態で、脈絡なくアパートへの侵入を試みる知能のない主人公と、その主人公に暴力と暴言とを以て接するヒロインの不毛なやり取りをずっと見せられてストレス → 長文感想(426)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h
2013年10月09日
84ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- (インレ)
1章「うぉお!?」2章「うぉおおおおお!!」3章「ぉおおおおおお!!!!」4章「お・・・??」5章「・・・」
2013年06月27日
85車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
車輪に押しつぶされながらも、何度も何度も立ち上がる少女達の物語 → 長文感想(802)(ネタバレ注意)
面白くなってきた時間 : 1h
2013年02月27日
30そして明日の世界より―― (etude)
女の子の立ち絵で、鼻から下にある影がヒゲの剃り残し後に見えた → 長文感想(122)(ネタバレ注意)(2)
2012年10月08日
70古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~ (Yatagarasu(八咫鴉))
このゲームは、名作というには痒いところに手が届かない作品である。突き抜けた何かが存在しているわけでもない。しかし、このゲームが世の中に登場した意義を問うのであれば、それは昨今の主流であり、そしてエロゲー業界の衰退の一途を辿らせている要因でもある、ノベルゲームというシステムへの反骨精神である。2000年代前半にも出ていたエロゲーという枠組み論において、大きな荒波で揉みくちゃにしようとする選択肢をクリックするだけのノベルゲームが襲いかかってきたとき、エロゲー(というよりPCゲー)の表現方法の在り方について対抗する独自の組織はいくつか存在した。ここ最近あらわれなかったその反旗を翻す第一人者となるか否かであるが、他との差別化を図るためにも、Yatagarasu(八咫鴉) に今後必要なものであるのではないだろうか?本作品のシステムを頭ごなしに否定するには、あまりにも勿体ないだろう → 長文感想(3031)(ネタバレ注意)
2012年08月25日
15フォルト!!S ~新たなる恋敵~ (Ciel)
オ~ゥ、Youはぁ~、パンツをぉ、信じマスカ?………………ならば闘え。このゲームを許してはならない。絶対にだ。 → 長文感想(2125)
2012年07月26日
81Marguerite Sphere -マーガレット スフィア- (Meteor)
前々作「Clover Point」のように尖った作品かと思いきや、一転してごく普通の萌えゲーに。賑やかな日常と濃いエロ、ご都合主義なりに爽やかなシナリオが魅力の作品 → 長文感想(1944)
2012年06月01日
48ツクモノツキ (Sugar pot)
(GiveUp) 絵17+文09+音19+他03『ツクモちゃんとボク』ってイチャイチャロリゲーにしとけば、みんな幸せだったのに。 → 長文感想(2141)
2012年03月22日
70Rewrite(非18禁) (Key)
意欲作 → 長文感想(1220)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 45h / 面白くなってきた時間 : 10h
2011年09月26日
70Rewrite(非18禁) (Key)
とりあえず、この作品のテーマは何だ?? → 長文感想(767)(ネタバレ注意)(1)
2011年08月07日
85カミカゼ☆エクスプローラー! (Clochette)
とにかく「主人公への好意」の表現が実に多彩で、一緒にいるときは勿論、いない時でも常に想われているという独占感が大変心地よし。また焼きもち表現も多いことや、コロコロ変化に富んだ立ち絵と表情の会話演出も相変わらず魅力的。さらに今回はいつにも増してエロシーンがやたら気合入りまくりなのも嬉しい限りで、共通~各ルート後半手前くらいまでは可愛さに悶える幸せタイムが満喫できます。しかしそれ故に、後半の超能力を多用した派手な展開は好みが分かれそう。作品全体での展開の幅の狭さ&ネタバレしまくり構成は明らかな瑕で、周回を重ねれば重ねるほど展開の新鮮味が薄れてしまうのが残念。とはいえ、それらのもヒロイン達の魅力を損なうといったことはなく作品の大半はヒロインたちのエロ可愛らしさにニヤニヤしていられるし、あまりのおま○こくぱぁっぷりに思わずモザイク処理の方法を検索してしまいたくなる大変魅力的な作品だと思います。 → 長文感想(8484)
2011年06月11日
84神採りアルケミーマイスター (エウシュリー)
「姫狩り」は基本システムは良くできていたのに、二周目以降の難易度が低く、シナリオ分岐が最終章のみに限られていたりとツメの甘さが目立つ作品だったが、今回は中盤から三つのメインヒロインルートに分岐し、二周目全引き継ぎ難易度難しい、三周目全引き継ぎ敵レベル解除、といった感じでやれば全ルートを楽しみつつ、最後まで緊張感を失わずにプレイできるようになったのは確実な進歩だろう。そして、本作のメインディッシュ――アイテム収集&合成は前作以上に楽しい。今作の場合「要らん素材」が後々役に立ったり、金稼ぎ用のアイテムにすぐ転化できるので、全ての作業プレイが貯蓄プレイのように感じられ、小銭をかぞえ集めているだけで毎日毎晩睡眠時間を虐殺される廃人たちが夢のあと。ただ、こうしたゲーム性と最後まで謎を小出しで引っ張るメインシナリオの食い合わせが悪く、絡みの多いサブ勢のほうが魅力的に見えてしまうのは気になる点ではある。
2011年05月24日
69ひなたテラス -We don’t abandon you.- (戯画)
普遍的な王道萌えゲーだが、シナリオ・テキスト共に微妙な出来。地雷では無いけど、どこか突出している要素がある訳でもなくお勧めする事はとても出来ない → 長文感想(1170)
2011年05月17日
87赫炎のインガノック ~What a beautiful people~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
喝采せよ!喝采せよ!おお、おお、素晴らしきかな。言葉の戯れ、空虚なる。これこそ、この作品の本質である。言葉の戯れと美しき容姿(かたち)と音の調べの果てに!この作品の面白さあり! → 長文感想(1752)
2011年04月05日
72Elle:PrieR ~しあわせの欠片をさがして~ (Etoiles)
着眼点はいいかもしれないけど、それを実際に作品化するのにちょい失敗したパターンと言うべきか。序盤から主人公に恋人キャラを割り当てて、共通ルートでもそいつとイチャつくといった趣向は確かに珍しい。「まごころシステム」などという、ヒロインの好感度に応じて連続的にHをするシステムも、前述の物語設定とそれなりに溶け込んでいるし、桃井いちご嬢の艶技と雨音氏のぽやっとした萌えCGとの相乗効果で個別ルートに入る前に枯れる人も多いだろう。ただ、問題なのは、こうした要素が、他ヒロインのルートや恋人のルートではちっとも生かされていないばかりか、マイナス要因になっていることが多いところだ。共通ルートが長め個別短めという構成も問題ではあるが、共通ルートの萌え&エロ度が全個別ルートに入るとぐーんと下がって、いかにも物語を纏めます的なノリに終始してしまうんだもの。このみの萌え&エロ的目的以外で買うと失望するかもしれぬ。
2010年12月27日
65俺サマのラグナRock (あかべぇそふとつぅTRY)
ミドルプライスの処女作としてはギリギリ及第点。次で真価が問われる。 → 長文感想(2937)(ネタバレ注意)
2010年12月25日
88未来にキスを -Kiss the Future- (otherwise)
超デフォルメキャラ達が送る、明るい奴隷のハートフルラブコメ。・・・その皮を被った、新しい世界への、恋愛の最終形への、圧倒的な楽園への招待。「キスっていうのは、世界を閉じるためにするんだね。」 → 長文感想(2583)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h / 面白くなってきた時間 : 4h
2010年08月28日
100車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
車輪の点数入力して、パス忘れて使えなかった別IDが消えてたので、やっと点数入力できる!だいぶ偏った見解ではありますが、車輪信者の方も、アンチの方も、冒頭でgive upした方も、エンディングが微妙だと思っている方も、この長文に目を通していただけたら幸いです。(微妙に改定版) → 長文感想(4098)(ネタバレ注意)(7)
2010年03月18日
85ましろ色シンフォニー -Love is Pure White- (ぱれっと)
これぞ純愛エロゲーの模範。 → 長文感想(4550)(ネタバレ注意)(3)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 10h
2010年01月30日
80姫狩りダンジョンマイスター (エウシュリー)
一週目だけやるなら傑作、二週目もやるなら良作、三週目以降はやりこみゲーマニア以外には駄作。兎にも角にもエウの良いところとダメなところが濃厚に出てしまった作品。初回プレイ時の中毒性だけはまず間違いない。僕は最初「難しい」から始めたんだけど、何度も何度も「詰んだ」と頭を抱える場面が沢山あった。そして、その度どこかに「抜け道」が用意されていることに気づき、仲間&アイテムを変えて再プレイ……なんーてやっていると平気で徹夜をしてしまうほどの面白さ。二週目も一週目の反省を生かしてプレイすれば楽しめる。だが三週目以降は正直Bボタン連打なクリック作業ゲーと化す。敵レベルがある限界以上まで上がらないので、三週目の敵は紙クズ同然。シナリオの分岐も後半二章ぐらいに限られており、テキストとエンディングもちょい変わる程度なのでモチベーションが上がらない。SRPG好きなら楽しめるが、同時に不満を覚えるのも事実だろう。 → 長文感想(10328)(ネタバレ注意)(1)
2009年11月08日
25聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2- (XUSE)
「佳織のためならば……おい、バカ剣、力を貸せ!」と言いながら戦争してた人が懐かしくなりました。とりあえずアセリア好きは絶対回避。超破壊力の地雷です → 長文感想(7050)(ネタバレ注意)
2009年10月01日
81リトルバスターズ! エクスタシー (Key)
CGはKey前作より良くになりましたと思います。音楽はいいの類に当てますが、素晴らしいとは言い切りません。確かによい曲がありますが、詰らない曲もう結構あるのです。キャラはいつもの通り変人で独自です。だが魅力的かどうか確実に言い切りません、独自でいられる為にだいたいの萌えの習性を犠牲しますから。すなわち萌えるかどうか全面的に読者しだいです。シナリオは中中良く出来ていますと思う。時々無駄に長いと感じましたが、大体の全てが面白かったので100時間を超えても全然飽きなかった。個人的にこの作品はClannadより凄いと思っています、すなわちこれはKeyの最強の作品であると宣言します。Keyのファンに是非お勧めします、ファンではない人にもお勧めします。自分はKeyがあまり好きではないが、この作品がかなり好きです。 → 長文感想(2079)(1)
2009年06月20日
96ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
正直と言いうと私はロリとは苦手なんだ。。。宇宙から来ったロリ宇宙人と同棲と聞いた時はこのゲームやらないと思った。しかし何て事! このゲームの素晴らしさはロリとかロリではないとかこんな小さな問題を完全に消した。誰があのふざけたなロリタイトルを考えた? これはまさに宇宙夢を見っていると世界に自分存在の意味を証明する少年達や少女達の物語ではないか? こんな深いシナリオに勝つとは、月姫ぐらいか。。。同人怖るべし。。。 → 長文感想(2112)(3)
2008年12月24日
75ToHeart (Leaf)
過去の名作のひとつ。エロゲ界に与えた影響の大きい作品。 → 長文感想(1022)(ネタバレ注意)(1)
2008年12月10日
85TRUE REMEMBRANCE -remake-(非18禁) (TRUE REMEMBRANCE(同人))
記憶を消すことが出来る封士という職業の存在する世界での物語り。この物語が言いたかったことはきっと・・ → 長文感想(478)(ネタバレ注意)
2008年11月01日
69グリンスヴァールの森の中 ~成長する学園~ (ソフトハウスキャラ)
ゲーム性の『巣作りドラゴン』、シム的自由度の『南国ドミニオン』以外の作品でもソフトハウスキャラの作品はハイ&ローやマインスイーパ程度のゲーム性は確保されていたのだが、本作はそれすらも怪しい。シナリオから開放されるフリーモードは多少のゲーム性もあるもののそこに至るまでにモチベーションが零になってしまう。かといってシナリオが堪能できるヴィヴィアンモード以下はEndingを見ようと考えるとやたらと縛りが多く、やっているんだかやらされているんだかわからない状態に陥る。言ってみれば「一人で七並べ」をしている様な状態。 → 長文感想(519)(ネタバレ注意)
2008年04月28日
50聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2- (XUSE)
エロゲだから許されるSLGにSLGだから許されるテキスト&シナリオ。そしてそれがメインでないからこそ許されるエロの薄さ。……あれ? → 長文感想(1423)(ネタバレ注意)(2)
2008年03月23日
99智代アフター ~It’s a Wonderful Life~ (Key)
Keyのこれまでの作品とは異なった、明確な意志と指向性を本作は持っており、作品それ自体が作り手の観念の集合体のようにも感じる。その明確でドライな意志に基づき、作り手はメッセージの伝達役に智代を指名した。メッセージの伝達役でありながら、同時にメッセージの答えも持っている智代は眩しく、その答えに彩られた結末はこれで良かったのだろうと思う。 → 長文感想(1729)(ネタバレ注意)(2)
2008年01月03日
79あかね色に染まる坂 (feng)
伊織と優姫・・・何より主人公の差がそのまま前作との差となってしまった作品。 → 長文感想(952)(ネタバレ注意)
2008年01月03日
85TRUE REMEMBRANCE -remake-(非18禁) (TRUE REMEMBRANCE(同人))
月日が流れ、幾らその多くが薄れても、ふとした事で「あぁ、あれは良かった(悪かった)」という想いだけは蘇る。良い思い出も、そうでないものも、どちらも消えないからこそ、きっと意味がある。たとえぼやけても、霞んでも、それでも記憶の底に永く残るであろう、見事な一作。
2007年11月28日
80悪魔の迷宮 (きつねみみ饅頭(同人))
炉利・陵辱・触手・獣姦・レズといったアブノーマルな要素てんこ盛り。かつ同人のフリゲである為プレイヤーを選ばざるを得ないですが、食わず嫌いで敬遠されているのでしたら、騙されたと思って是非一度プレイしてみるのをお勧めします。…しかし、上手いタイトルをつけたものですね。 → 長文感想(1207)(ネタバレ注意)
2007年11月15日
65聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2- (XUSE)
永遠神剣やエターナルなどの世界設定は好きなので、次回作がもしあればライターは一人に絞るか、シナリオをきちっと練ってから作って欲しいと思う。今作は本当に残念。 → 長文感想(1046)
2007年10月30日
65つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
笑えるというよりは『笑わされる作品』。本当にこれでいいの? → 長文感想(418)(ネタバレ注意)(3)
2007年10月24日
65テレビの消えた日 (ぷちけろ(プチケロQ))
鋭気は伝わるものの、構成の甘さにより貧相に見えるのは残念。バッドエンドが最も印象的。 → 長文感想(1350)(ネタバレ注意)
2007年10月23日
30新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド2nd(非18禁) (GAINAX)
大ヒットした「アニメ」のみならず、「パチンコ」や「パチスロ」にも展開しそれなりの好評を得た『エヴァ』シリーズも、ことさら「ゲーム」に関しては、内角高めがすっぽ抜けたようで、おそ松チャンス。絵や音楽は水準確保、CV陣は当然上位も、シナリオが狙いすぎて空回しの純ハズレ、好きな時にSAVEが不可、繰り返しプレイに必須なメッセージスキップは非搭載等の致命傷を負ったシステムはまさに『前世紀』エヴァンゲリオン。逃げちゃダメだ。
2007年10月18日
65夏少女 (PULLTOP)
タイトル通りの作品。変に媚びたところのないアッサリした味付けが好印象。 → 長文感想(1142)(ネタバレ注意)(2)
2007年10月17日
80終末によせて(非18禁) (とおくできこえるデンシオン(同人))
自然のままに生きていられることは幸福であり、あるがままに生きることは美しいことであると、終末を迎える世界で儚くも美しく描いている。清らかに優しく人との交流を描いているからこそ共感や同情を誘うのかもしれない。歌は終わったとしても音楽は心に響き続ける。 → 長文感想(1017)(ネタバレ注意)
2007年10月13日
2007年10月10日