zaruudonさんの新着コメント

zaruudon

60点未満:糞ゲ 60点:微妙 70点:普通 80点:良作 90点:買え と解して貰えれば。個人的な感情で上位の評価にしたい場合は5点だけ得点を加えています。感想・批評よりもデータベースに近い方が、ことエロゲにおいては役に立つという主義なので、長文コメントはそういった意図で作成されている場合がほとんどです。試行錯誤している最中なので、長文コメント毎に形式が微妙に違いますのでご注意を。尚、ほとんど推敲や校閲はしないので多くの文章が崩壊しています。すいません。長文コメントがネタバレ注意となっているのは、データベースもどきにしている弊害です。シナリオの根幹に関わるものは、ほぼ記載することはありません。ちなみに動きや遊びがあるゲームを評価する傾向にあるのでご注意を。また、基本的に70点未満は全てお勧めしません。単刀直入に言えば不合格群なので、万が一得点を参考になさる方がいればご注意を。

新着コメント

75ゴールデンアワー (NIKO)
CG数は100枚を超え、非常に美麗なものが多いが、その半分近くがHシーンで、1シーンに使用されるCGが差分なしで3枠分であることが多いということからも分かるとおり、H1シーンごとの描写の濃さは屈指。シナリオは格別に深いというわけではないが、純愛ゲーとしては十分にまとめており、キャラの可愛さを存分に引き立てている。ほぼ全キャラにフェラ・パイズリを用意し、似た構図にしてるためかそれぞれのおっぱいやフェラのアプローチの違いも分かりやすく、全20のエロシーンほぼすべてが端的にいえば「使える」。ゲームとして外れる可能性は低く、外れてもエロは十分なこの作品。お勧めですよ
総プレイ時間 : 14h
70うたわれるもの 偽りの仮面(PS4)(非18禁) (AQUAPLUS)
前作と比べると駄作。登場キャラクターはそれなりに多いが、背景がほとんど語られない成り行き上の同士が多く、一部例外を除けば主人公とキャラクターとの間の関係が飲み仲間それ以上にはどうしても思えない。次回作への伏線といえば聞こえはいいのかもしれないが、次回作の発売は来年中どころか再来年。正直余程SLGが好きというわけでもないのなら、全力で伏線をばら撒いているだけという話なので、アニメを見たほうが良い気がします → 長文感想(2342)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 13h / 面白くなってきた時間 : 1h
70らぶらぼ ~調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー~ (bolero)
ふえぇ、キモチいいよぉ……ゲー。ビショップやシルキーズ的な、ふひぃぃぃ、きもちいいのおぉぉぉぉぉ、ではないのは予想通りで、アヘってるよりもとろけてる感が凄くエロ可愛い。問題はフラグ管理をはじめとしたバグの多さか。勿体無いけど、初挑戦ならこんなものかな。シナリオは突っ込みどころが多いが、エロ目的で買うなら結構頑張れるので是非挑戦してほしい調教SLGですよ。エロ数も感覚的には100近いですし、抜けないことはまずないかと → 長文感想(2530)(ネタバレ注意)
70Dolphin Divers (AXL)
システム面は相変わらずの使い易さ、CG数をはじめとするボリューム面も十分。そしてシナリオはというと。正直なところ想像していたものと少し齟齬があったのは否定できない。扱ったものと比較すると軽すぎた感がある、 → 長文感想(3135)(ネタバレ注意)
70創刻のアテリアル (エウシュリー)
ゲーム部分はゲームボーイの「トレードアンドバトルカードヒーロー」の改良版。モンコレ全盛期にちまちまプレイしてたのをふと思い出した。攻略対象キャラが多い割りに大筋がほとんど変わらない。それなのに複数回プレイで快適に遊べるシステムではないのが酷くネック。それでいてゲーム性の単純さは非常にお勧めしにくい。雑魚スキップだとかシーンスキップくらいあれば良かったのだろうになあ
80VenusBlood -FRONTIER- (DualTail(DualMage))
要素を細かく追加し、戦略の幅を広げていった点は正当進化。全体的なレベルアップは有難いが、問題はエロ。万人向けに突き進んでおり、多分シリーズ最高の野郎のちんこ率。問題ない人のほうが多いのは分かるし、一般受けしないと商売にならないのは分かるんだが。ちんこ使いすぎだよ、と思うのは贅沢なのかなあ。
80魔法使いの夜 -WITCH ON THE HOLY NIGHT-(非18禁) (TYPE-MOON)
白詰草話と同様の感動と同様の不満。演出は最高レベルでシナリオはそこそこ楽しく、キャラも可愛いし野郎もまあ格好良い。だけど短い。7時間で読み終わってしまったという。 → 長文感想(1319)(ネタバレ注意)
70DRACU-RIOT! (ゆずソフト)
相変わらずの糞真面目さ、言動のクサさとそれに対する周りの反応が王道過ぎて最早ファンタジーという主人公設定、そういった前作からの流れに、吸血鬼モノというエロゲですら使い古されすぎていて何やっても陳腐になるネタを持ってきた。在り来たりを王道として楽しめるかどうかで評価が別れるかと → 長文感想(2385)(ネタバレ注意)
70虜讐 ~女学生調教~ (暗黒劇場)
虜○シリーズ第三弾。調教とか題されてるけど規制問題的に大丈夫なのなのでしょかね → 長文感想(1681)(ネタバレ注意)
75ランス・クエスト マグナム (ALICESOFT)
値段2kのFDとしてみると破格の内容。本編が新キャラ重視とすると、今作は過去作重視。特に鬼畜王が好きだった人だと色々と楽しめる要素が多い。 → 長文感想(1780)(ネタバレ注意)
70真剣で私に恋しなさい! S (みなとそふと)
CG数127、エロ数48、その他システム面を見てもボリューム、質ともに高いレベルでまとまっているFD。ただ問題はキャラ数。端的に言って、居ても居なくても問題のない、死んでしまった感が強いキャラが多い。その死んだキャラを活かそうとしたイベントが、結果的に生きたキャラを薄める結果にもなっている。キャラが多すぎるエロゲ作品は、客観視してみると良質でも、プレイしているときには内容が薄く感じることになりがちだが、今作はまさにその結果になっているかと
75euphoria (CLOCKUP)
どんでん返しによる面白さはEVER17に通じる。過程にあるエロは色々と人を選ぶ強烈なものも含まれるが、所謂陵辱ゲーに慣れているならば、さして問題が生じることはないが、こういったゲームに慣れてない人は、不快になる選択肢を選ばなければコンプできないという点がネックになるかもしれない。
70恋愛0キロメートル (ASa Project)
アッチ向いて恋、と感想はほぼ変わらず。つまりヒロインをもしっかり汚れキャラにしている共通部のラブコメっぷりは素晴らしいが、個別に入った途端に少し失速してしまう感が大きい。主人公と同等の目線を持っていて且つキャラ的に主人公ができない突込みができる男性キャラの存在から、前作よりも笑えるという要素は強いので、前作で十分満足できた人にならば文句なしにお勧めできる出来。
75ワルキューレロマンツェ ~少女騎士物語~ (Ricotta)
騎士と銘打っているが、あくまでも架空スポーツモノのアクセントとして騎士が扱われている印象。故に少なくとも私が望んでいる(エロゲ的)騎士像の印象は薄かったが、エロいし可愛いは今作も健在。ヒロインとのいちゃラブエロ、実はアヘ顔も尿もあるよっ、を楽しむ分には十分な出来かと。 → 長文感想(3132)(ネタバレ注意)
75VenusBlood -ABYSS- (DualTail(DualMage))
ようやくコンプ。プレイアビリティは高いが、エロゲRPGSLGメーカーの悲哀がにじみ出たバグの多さはどう評価すべきか。1.05現在、個人的には全く問題ないものの、少しでもバグが気になる人はもう少し様子見してみたほうが無難かと。エラー発生してセーブ破壊なんてのもあり得ないゲームではないですし
70神咒神威神楽 (light)
dies iraeの要素が強いというよりも、端的にdies irae2である。種から種死が表現としては近いかもしれない。知らなくても楽しめるが、そもそも楽しませ方に知っていることを前提にしているものが非常に多い。なにより前作ほどの面白さは感じない。なので前作をまずやってみてから購入を検討したほうがいいかと。 → 長文感想(2352)(ネタバレ注意)
70ランス・クエスト (ALICESOFT)
一応ひと段落。ランス6、戦国のような英雄譚的側面は薄く、5Dと同質なイベントが盛り沢山、みたいな感覚が近い。故に6や戦国から入った人は物語があんまり盛り上がった感じがしないかもしれない。 → 長文感想(1375)(ネタバレ注意)
70Vermilion -Bind of Blood- (light)
オサレ。これ以上近い表現は思いつかない。キャラクターの持つ魅力を個々のルートで各自ごとに一気にではなく、数多のルートで分散して提示しているためか、キャラクターの屋台骨に貧弱な印象を受けてしまい、結局所謂グランドルートになるまでそれが解消されない。これが物語自体の屋台骨にまで影響を受けている感覚もある。ただ骨が形付いたキャラクターは非常に魅力的で、それが凄く勿体無い。あと一歩があれば文句なしの良作になりえた作品。
70戦極姫3 ~天下を切り裂く光と影~ (げーせん18)
SLG部分はほぼ変化なし。つまりは余程調教された奴か初プレイ組以外にはお勧めしにくい今作は、パッチ前提ではあるものの戦極シリーズでは多分一番まともな出来。ボリューム面も合わせて、この手のゲームが好きなら買っても損はしないはず → 長文感想(1968)(ネタバレ注意)
70虜縛 ~背徳のアトリエ~ (暗黒劇場)
発売が絶望的だった虜○シリーズ第二弾、プレイ内容が前作よりも軽くなっているのがポイント → 長文感想(2920)(ネタバレ注意)
75穢翼のユースティア (AUGUST)
賛否両論なのも頷ける内容。全体的な質の高さは見事。以下感想文 → 長文感想(1399)(ネタバレ注意)
75大帝国 (ALICESOFT)
ゲームシステムが前作から大幅に変更されており、大シリーズと呼ぶのは少々違和感がある今作。プレイ時間50超だってのにCGが埋まらず泣きそうだが、これだけプレイしてもまだ底にいってないのは有難いの一言。効率病に侵されており、一度の周回プレイで限界まで遊ぼうとするプレイヤーには多分だるいシステムがネックではある → 長文感想(3044)(ネタバレ注意)
75のーぶる☆わーくす (ゆずソフト)
主人公が丸戸ゲー系超人主人公で、CGやエロ数は豊富、ヒロインも可愛く、システムも上々。後味の悪くなるキャラもいないのでお勧めし難くなる要素がほぼない。耳年増で悪友タイプのお嬢様というメインでもおかしくない要素を持ったヒロインが攻略対象外というのがネックだが、萌えゲでは王道をきっちり抑えてあるので、安心して遊べるゲームといえる
60三極姫 ~乱世、天下三分の計~ (げーせん18)
バグが想像していたよりはない。でもこっから戦極同様の商法で展開していくフラグしか見えない今作、元ゲの三国志英雄伝がそもそも糞ゲだったのもあるし、別段今買う必要はないかと。(12/30追記)データにミスがあったようです、すいませんでした → 長文感想(2207)(ネタバレ注意)(2)
70しゃーまんず・さんくちゅあり-巫女の聖域- (ALICESOFT)
今までのアリスゲーの中で一番システムが使いやすいし、ADVと銘を打っていても遊びの要素もしっかり入れてる点は嬉しいのだが。いかんせん肝心のシナリオとゲーム部分が微妙。抜きゲとしても陵辱色があまりにも薄すぎて、劣化した恋姫系の抜きゲという印象を受けてしまった。最近のアリス低価格ゲーの雰囲気でフルプライスをやったというのが一番近いかもしれません。 → 長文感想(2320)(ネタバレ注意)
70絶対★妹原理主義!! (脳内彼女)
淫語混じりに責められてへたれ主人公はなす術もない、というコンセプトはほぼ変わらず。抜きゲとしての側面が強く、嘘デレのときのコンセプトを活かしたシナリオゲーという印象は薄い。なので、嘘デレの流れで購入するのはお勧めはできない。抜きゲとしては、奉仕エロが複数あり、足コキ等の嗜好のカバーの広さはそこそこお勧めできるレベル。相変わらずのM向けのゲームなので、その辺りは考慮のうえ、抜き目的で買うなら是非どうぞ。 → 長文感想(2935)(ネタバレ注意)
70星空へ架かる橋 (feng)
バイノーラルの使いかたが微妙な気がするし、折角の武器が活かされてない感がところどころにある。まあ特別悪いシナリオでもなく、いつも通りのfengゲーと思える出来ではありますが。 → 長文感想(4272)(ネタバレ注意)
70ObsceneGuild -片翼の堕天使- (Yatagarasu(八咫鴉))
絵はそこそこ可愛いし、エロは結構使える。そして何より調教SLGである。周回前提なのでもう少しシステム面が強化されてて欲しかったが、結構温めで分かりやすいので一周プレイすれば攻略法は見えてくる。この手のゲームの宿命とも言える、フルコンプ手前の作業感が結構高いのとそこそこバグが多いので、その辺りを改善してもらえると次からはメーカー買いできるなあ。凄く楽しみ。
70リザイン RESIGN (SherbetSoft)
シリアスにギャグを取りに来るシーンの多さはもうなんと言えばいいのか。数多にあるオマージュも合わせて、ネタゲーにも思えてくる。ほのぼのレイプゲーというのが一番近い気すらしてきていますし、詐欺師に引き取られた男が主人公ということからある程度の頭脳戦を期待する、というのは諦めた方が良いかと。ついでに寝取りゲーとしては正直言って地雷もいいとこだったので、こっち方向では期待しない方が無難。まあ安いので損はしないと思いますが。
75STEINS;GATE(非18禁) (NitroPlus)
これは360版を発売日に買って即プレイしてたら凄く面白かったのかもしれない。便宜上真END、攻略サイトだとTRUE ENDか、そのフラグが分からない状態でプレイすると、そもそものプレイシステムの分かり難さもあって、フラグ開放条件が凄く見えにくい。故にどうしても手探りになるのだが。それでも四苦八苦してフラグ開放条件を見つけ出し、真ルートに入った、正確には今までとの流れの違いに、カタルシスを感じるというゲームとしての楽しみが今作の一番の面白さだったんじゃないかなあ。攻略情報片手にやったら、そこそこ面白いで終わってしまって凄く後悔気味。TRUEに入った瞬間まで読みゲー以外の楽しみ方に気づけてなかったので、面倒ですが攻略は見ないで手探りでやってみることをお勧めしますよ。
70リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
妹モノではあまり語られてこなかった部分を上手く題材にした良ゲー。纏め方も上手く投げっぱなしの部分もないが、最後の締めはちょっとずるい気もする。
70クラ☆クラ ~CLASSY☆CRANBERRY’S~ (アトリエかぐや)
容姿良くて家柄良くて能力あるから好かれる、という記号は理解できるんだが、あまりにも盲目的に好かれるので説得力があまりない。絵はエロいし、主人公がエロが絡むと抜きゲ的な意味で馬鹿になってくれるので、実用性自体はそこそこあるんですけどね。
65俺たちに翼はない AfterStory (Navel)
面白い。凄く面白いのは確かなんだ。だけどこのボリュームは酷い。アリスの2.800ゲー程度のボリュームしかないなんて想像すらしてなかったし、これでフルプライスかあ。エロも本編のメイン陣にしか用意されてないし、なんだかなあとしか言いようがない
70Sugar+Spice2 (Chuablesoft)
薫子のエロを埋めるのに三時間近くスキップする作業してた気がする、全体的に前作ほどの面白さもボリュームも感じられなかったが、そもそものシステムの面白さでそこそこ評価が高くなる。主人公のヘタレっぷりのせいでシナリオをお勧めするには少し厳しいものがありますが。
70PARA-SOL (ROOT)
一番肝心なところで投げっぱなしジャーマンなのはどう考えても桃華と同様に追加エピソードで展開していくのが前提だったとしか思えない。そもそも戦闘モノを期待していたのだが、その戦闘シーンも百歩譲って痕の千鶴シナリオ程度の量よりちょい多い程度しかないしなあ。キャラゲとして見ても、某かに玉で登場した某ツインテにエロがないとか。なんというか泣きたい。面白かったのは確かなので、半年くらい様子見て、追加エピと発売しかねない完全版が出揃うまで様子見して、以降動向が無くなり次第購入を検討してみるといいかもしれません。
70真・恋姫†無双~萌将伝~ (BaseSon)
FDとしては及第点以下ではあるのだけれども。データだけを見るとボリューム面をはじめとして、そこそこ以上がちゃんと用意されているのがなんとも言えない。恋姫=フェラゲと認識してる自分からすれば、フェラシーン総数17というのは良ゲーといっても支障はないのだが、キャラ総数によるエロ1回ずつっぷりやそもそもエロが用意されてないというどこのF&Cだよ現象というのは、FDである以上お勧めするには厳しいものがある。 → 長文感想(2465)(ネタバレ注意)
70bitter smile. (戯画)
声に溶けていられなかったら多分途中で投げ出してたと思う。テンポが悪いのか描写が淡白なのか、シーン一つ一つが物足りない感がある。エロ数の貧弱さもあり、正直言ってお勧めするのは少々厳しい。キャラだけゲーとしか言いようがないのに、エロは薄いわバカップル分薄いわってのはなあ。まあ求めてる質にはなっていなかっただけで、地雷と断言するまでは行かないとは思うのですが。 → 長文感想(2208)(ネタバレ注意)
70君の名残は静かに揺れて (UNiSONSHIFT:Blossom)
本編で不足していた茉百合シナリオの心情描写補完ゲー。ヒロインを絞った分、というべきか。ゲーム自体の描写は凄くプレイしてて楽しかったし、前作茉百合シナリオの投げっぱなし部分がある程度解消されたと思える。ネックは価格か。ボリュームと比較すれば、少々お高い買い物なのは間違いない。その点を考慮した上で、前作プレイ済みの人は是非どうぞ。プレイして無くても楽しめそうですが、本編ネタバレ部分に目がいくと少々違和感があるかもしれません。なのでやる気が涌いたならば前作と一緒にどうぞ。
70Flyable Heart (UNiSONSHIFT:Blossom)
暇潰しにFDと一緒に購入、キャラゲーとしては優秀だったなあ。ヒロインそれぞれも個性自体は魅力あったし、絵もあってか可愛らしく感じられたのは嬉しい。設定も綺麗にできてたと思うし、ボリュームもほどほどだったので無理なくプレイできたかな。シナリオの心情表現やその他描写が不足していた感が否めないのが玉の瑕ではありましたが。
70エヴォリミット (propeller)
正直期待してた方向とはちょっとずれてた感がある。攻略順がほぼ確定しているので、締めのルートを総まとめにするというのは悪くない方向なのだが、そのせいかそれ以外のルートの唐突さが目に付くのが残念でならない。キャラも設定もモチーフも楽しそうだったが、結局そこそこ面白かった、で終わってしまったなあ。 → 長文感想(3214)(ネタバレ注意)
70アッチむいて恋 (ASa Project)
共通ルートのネタの面白さは特筆物。ヒロインの痛さもゲームの方向性にマッチしており、ネタゲとしてみるならば良ゲーといえる。個別ルートに入ると一般的なキャラゲ、ヒロインゲと同様の展開になるせいか、妙な違和感を感じてしまったのが少し残念。ネタゲにおいてエロゲに必須な転結に結びつけることの難しさは分かるが、前述のヒロインの痛さもありヒロインが特別可愛くなるよう演出してこなかった以上、ヒロインゲのように締めても消化不良を感じてしまうだけな気がしないでも。
80戦女神VERITA (エウシュリー)
戦女神4、というよりもエウシュリーオールスターといった感覚が結構あった今作。色々と思うところもあるが、作品自体は相変わらずの良ゲーっぷり。まあ結構ZEROから変わっていないんで、ZEROを良ゲーと思った以上ある意味当たり前なわけですが。雑魚相手にあっさり全滅したり、オメガに愛の歌を使うがごとく行動順とF操作してボスの行動をカーリアンで封殺する作業が楽しすぎて仕方がない。反面ZEROが合わなかったり、難易度の高いRPG嫌いの一見さんにはお勧めできないわけですが。 → 長文感想(1503)(ネタバレ注意)
70暁の護衛 ~罪深き終末論~ (しゃんぐりら)
さて、三作にもおよぶトモセ絵最高ですゲーもこれで最後になるわけですが。最後のこれも前二作と同様に物語が盛り上がる前にシナリオが終わってしまっている感が。結局三作全部買ったものの、絵だけゲーで終わってしまったとしか言いようがない。それだけでも充分にお腹一杯になる自分みたいな人間にくらいにしかお勧めはできないかなあ → 長文感想(2788)(ネタバレ注意)
65Re:Seven ~僕が君に出来るコト~ (Lilac Soft)
やりたいことは分かる。着眼点もそこそこ面白そうに思える、OHPでONEのような面白さになっていくのかもしれないなあとわくわくしたくらいには期待もしていたのだが。実際は折角の遊び要素が作業感に繋がってしまい、シナリオは落差が薄いためか感動に繋がらず、キャラゲというにも可愛いけれどキャラが薄い。なんというか流石にPCゲーでSFC、というかドラクエのスロットがやる気に結びつくのはちと厳しいと思うんですよねってのが結論になってしまうのが悲しいところ
70かしましコミュニケーション (AXL)
AXLゲーの長所ともいえるシステムの使いやすさと男性キャラもそこそこ用意された良キャラゲーっぷりは健在。健在、なのだが。個人的にはシナリオがちょっと微妙かなあ。いつものAXLを期待すれば、期待を裏切られる心配はほぼないでしょうが、好みの問題にはなりますがいつもよりも残念だったです。 → 長文感想(2825)(ネタバレ注意)(2)
70戦極姫2 ~戦乱の世、群雄嵐の如く~ (げーせん18)
シナリオ一新、だそうですが。どこからどう見ても、怒りの日の初期版と最終版程度の差すら見えない。正直なところ、CS版購入した人は一部の絵の違いくらいしか嬉しいところがないのではないだろうか。エロが嬉しい、という人もいるかもしれませんが、キャラの数もあり数こそ多いがそもそも薄い。とはいえ無印からPSP版、そして2という名のマイナーチェンジ版である今作まで買って、まあこれはこれで、と遊んでる自分みたいなのもいるので、致命的なバグも見当たらないですし、まだ手を出したことがない人で興味があれば「真・戦極姫(笑)」程度のつもりで買ってみるといいかもしれません。 → 長文感想(2851)(ネタバレ注意)
75輝光翼戦記 天空のユミナFD -ForeverDreams- (ETERNAL)
想像してたよりも短い。二桁時間行く前に終わったし、本編と比べるとあっさりだなあ。面白かったですけど。三章構成で一章は本編五章までの様な雰囲気のFD的シナリオ、残りはダンジョンに潜る作業、となるので、ダンジョンに潜る作業にうんざりしてた人は注意が必要。まあFDですし、それも含めたファンが買うでしょうから問題はないと思うのですが。 → 長文感想(2561)(ネタバレ注意)(2)
75GALZOOアイランド (ALICESOFT)
再プレイ。今やってもそこそこ面白いですね、これ。当時は袋とじをあけるかどうかで頭を抱えつつお気に入りを必死になって育てていたものですけど、今適当に流しても平日ですら3-4日もあれば終わるのは嬉しいところ。といっても基本的にアリスFDとしての側面が強いので、最早お勧めする相手がいないだろうってのが寂しいですが
65出撃!! 乙女たちの戦場 ~闇を切り裂く、にび色の徹甲弾~ (げーせん18)
相変わらずのバグである。まあそれはある意味予想通りではあったので全面的に否定する理由もないというのが個人的なところ。とはいえ、人にお勧めする理由もなく、大戦略系統は鋼鉄の戦風で止まってる人間が買うのは厳しかったのかなあ。こんなに温かったかなあ、この手のゲーム
70MONSTER PARK ~化け物に魅入られし姫~ (Delta)
異種姦分補給。モンスター図鑑に掲載されている生態の容赦のなさに比べ、実際の内容は温め。それを残念と思うか安堵するかは人それぞれだろうが、個人的には図鑑で得られた妄想に実際の内容が比肩すらしてくれなかったのが残念でならない。図鑑は楽しかったし、まあ使えるものもあったので、損はしなかったかなあ。