yatsuさんの新着コメント

yatsu

批評とかで無くして、感想です……作文っぽいです。楽しめたかどうか、肌にあったかどうか、感情でものを言います。75点が可も無く不可も無く、というボーダーラインです。相対的に点数をつけているつもりなので、75点以上の1点の差の広さは大きなものになっています。 06四月、一部点数を見直しました。更に(自分が)整理しやすいように、得点と一言くらいずつ感想を書いて回りました。 09年4月。ずっと得点のみだったものに一言感想をつけて回りました。が、ただのおっさんの思いで語りになっています。失礼をば。 古い作品の感想が書かれてありますが、およそ全て発売当時の感想です。

新着コメント

--遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
73点…ぐらい…かも。本校:それまでは楽しいけど、各ヒロインが主人公を好きになったと自覚した直後から、一気に魅力のなくなる話になる。ご都合主義が目に余る場面も。 分校:望んでいたのとは全く違った方向へと物語が進んでしまい、置いてけぼりにされる。好きなライターだったのでガッカリ度も増しました。 → 長文感想(1102)(ネタバレ注意)
55ひぐらしのなく頃に解 目明し~皆殺し編(非18禁) (07th Expansion(同人))
55点。梨香の頭の悪さにどう考えても納得がいかない。これじゃあ解決しようとする気が無いんじゃないかと。無理やりすぎる。あと、作者のいわゆる時空理論と自分とのに大きな齟齬が存在していてそれを受け入れられなかった。これもまた、都合が良すぎる。
72ONE2 ~永遠の約束~ (BaseSon)
72点。音楽CDが嬉しかった作品。視点の変更など、おっ、と思わせるものがありましたが、いまいち盛り上がりませんでした。キャラのデフォルメ化を極力排そうとしていると感じられ、そこが長所にもなり、結果淡々と進む面白味に欠けるものとなる短所も持ち合わせていたように思います。続編、ということで期待をかけすぎてなければ、素直に楽しめたでしょう。
63猟奇の檻 (日本プランテック)
63点。面白くはあったのですが、肩透かしを喰らったような真相。・・・もしかしたら、完全クリアはしていないかもしれませんが・・・あと、攻略が難しくて、各キャラ攻略も作業になってしまっていました。
69Lien ~終わらない君の唄~ (Purple)
69点。いい部分もたくさんあったのですが、通常シーンののりが合いませんでした。始めてから、すぐに落ちが見えてしまうのですが、だからこそ良かった作品。評価は低めですが・・・
71リフレイン・ドリーム (美遊)
71点。全く期待していなかったのですが、中々楽しめた作品です。いかにもファンタジーっていう感じをうまく出せていたと思います。各話、あっさりしすぎの感がありましたが。
77WORDS WORTH(DOS) (elf)
77点。当時の感覚では83点。かいとーらんま、だったか、てんしんらんま、だったか忘れたけど、あれのぬるぬる3D移動が進化してるー、と当時アホみたいにはまった作品。今となっては当たり前になってしまいましたが。各登場人物が、これでもか、とイベントを起こすので退屈せずにラストまでプレイしていました。シナリオは王道。
40VIST (C’s ware)
40点。ゲームとしての出来が悪い。MAP移動、戦闘。おまけにテキストも。
60猟奇の檻 第3章 (ペンギンワークス)
(GiveUp) 60点。好きなシリーズの凋落。確か、4作目も出てたような…だまされたー、という記憶。
60ロマンスは剣の輝き -THE LAST CRUSADER- (フェアリーテール)
60点。戦闘が退屈。でも、シナリオは結構良かったです。ただ、橋を渡る場面(門、だったかも)で、憤死するかと思いましたが。
88ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
88点。Moonが中々だったので購入した作品。当時この手の主人公は少なくて、楽しくプレイさせてもらいました。かなり子供っぽいことをする主人公なので、駄目な人にはとことんあわない作品でしょう。長森シナリオは書き直して欲しいと、今でも思う。
75猟奇の檻 第2章 (日本プランテック)
75点。個人的感情を考慮すると、84点。1作目よりずっと簡単になって、真相解明編も中々読み応えのあるものに。存分に楽しめました。
67Rainy Blue ~6月の雨~ (R.A.N Software)
67点。それ、あれでしょ? このあと、ああなるんでしょ? 分かっていたのに泣きそうになってしまいました。シナリオ自体は中々でしたが、あからさまな面が引っ張って素直に評価できない作品。OP曲はお気に入り。
66Rookies (海月製作所)
66点。正直よく覚えていないのですが、エンディング間近の盛り上がりは好きだった、というのは今も覚えています。CD版を買ったのですが、音楽が入っていたのが嬉しかった記憶。
70リフレインブルー (elf)
70点。この作品も、最終ルート以外、あまり覚えていませんが・・・数年前にこの点数を付けていたので、このままに。
40瑠璃色の雪 (アイル)
40点。和もの、ということで期待したのですが、どうという事は無いギャルゲーでした。
69もしも明日が晴れならば (ぱれっと)
69点。登場人物たちは狂ってるとしか思えない言動を起こします。受け入れられませんでした。
40無人島物語XX (Pinpai)
40点。私には難しかったです。それとシナリオが好みではありませんでした。
58luv wave (C’s ware)
58点。バグさえ、バグさえなければ…うちのPCのスペックが低かったせいか(推奨スペックは満たしていました)、フリーズ、ロードが極端に遅れる、強制終了の嵐でした。
65夢幻夜想曲 (apricot)
65点。館ものの中では好きだった作品。でも、シナリオに期待できる訳ではありません。
54ラムネ (ねこねこソフト)
54点。この作品に求めていたのはコットンソフトの「ナギサの」のような作品でした。求めていたのとあまりに違う眠くなるシナリオに絶望。
65女神さま☆にお願いっ!! -真夜中の冒険者- (すたじお緑茶)
65点。中々悪くないシナリオ…でしたがテキスト自体に問題があり。
--螺旋回廊 (rúf(ruf))
(GiveUp) 当時話題になっていたので購入しました。が、苦手なタイプの話で眩暈が……もしかしたらこの先すごい展開が待っているのか、と頑張ってプレイしましたが、更なる絶望がまっていました…
60ゆきうさぎ (LiLiM)
60点。テキストが寒い。雪国だからとかそんなものでは言い表せないくらいに寒い。シナリオも、微妙でした。
74LOVE ESCALATOR (海月製作所)
74点。怒涛の発売再延期の嵐。予約件握り締めて何度店に通ったか分からない。しかし、プレイして滑らかに動くアニメに感動しました。そして大変お世話になりました。
70LOVERS ~恋に落ちたら…~ (Jellyfish)
70点。懐かしくて思わず買った作品。初体験シーンが全て。ラブエスカレーターをプレイされたことがない方にならお勧めできるかもしれません。アニメーションエロゲ。
70RanceVI -ゼス崩壊- (ALICESOFT)
70点。3Dマップはやめて欲しかった…
54Rance IV -教団の遺産- (ALICESOFT)
54点。期待のランス新作。当時高価なHDDが必要で、この作品の為に購入(20M二万五千円とか)が、あまり楽しめなかったです。非常にがっかり。闘神がクローズアップされていたのは面白かったのですが、フェリスが不憫すぎです。
30ランス4.2 ~エンジェル組~ (ALICESOFT)
30点。1と同じく面白く無かったです。ピンク仮面(でしたか)が痛すぎでした。
45夕霧 ~人形師の遺産~ (デザイアー)
45点。MIDI機器をお持ちでしたら、音楽はなかなか臨場感があって良いとお感じになるかもしれません。和もの、ホラー、と好みの題材だったのですがあっさりしすぎでした。
65Love Forever (Bunny Pro.)
65点。始まるまでが長い。確か4,5時間かかったような記憶が…中々熱い展開がありますが、そこに至るまでがまた長いです。点数は低いものの、興味がありましたらプレイされてはいかがでしょうか。
73Rance III -リーザス陥落- (ALICESOFT)
73点。思い出の一作。当時の感覚では80点。バレス将軍が非常に良い味を出していました。今まで適当であった人物描写がしっかりとしたものになりました。そしてCGも飛躍的に綺麗に。
40Rance II -反逆の少女達- (ALICESOFT)
40点。当時としては美麗なグラフィック。当時の感覚で70点くらい。
30めい・King (にくきゅう)
30点。ストレスたまりまくりのゲームプレイ。面白くありませんでした。
55メンアットワーク! (Studio e.go!)
55点。シナリオが薄すぎでした。
20Rance -光を求めて- (ALICESOFT)
20点。当時の感覚でも40点くらい。
73Rumble ~バンカラ夜叉姫~ (ペンギンワークス)
73点。システムが足を引っ張りすぎでした。一風変わったテキストでしたが、それ自体はレベルの高いものでした。笑い的にもかなりのものです。
50めいどいんばに~ (エウシュリー)
50点。最初は楽しかったのですが、すぐに飽きてしまいました。
--六ツ星きらり (千世)
[ネタバレ?(Y2:N0)]
60夜が来る! -Square of the MOON- (ALICESOFT)
60点。歌が良かったという記憶。時間制限つきダンジョンはつらかったです。シナリオは可もなく不可もなく、でしたがゲーム部分が阻害して十分に楽しめませんでした。
57Pia♥キャロットへようこそ!! ~We’ve been Waiting for you~ (カクテル・ソフト)
57点。音楽はCD再生。当時これにびびりました。が、内容は退屈なステータス育成型恋愛SLG。もっとイベントの密度を上げて欲しかったです。
60ひぐらしのなく頃に解 目明し~罪滅し編(非18禁) (07th Expansion(同人))
60点。罪滅ぼし編だけの点数。皆殺し編と間違えて感想書いてましたので、訂正。鬼隠し編の対応話ということで、番外編じみたつくり。ラストで一気に筆力が落ち、くどいSEがさらにそれを助長させる。さらにあるキャラの発言で世界設定を見せてくれたわけですが、それに唖然。
69flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~ (シルキーズ)
69点。システムが思いっきり足を引っ張っていた作品。分かっていても目元が潤んでしまって悔しい思いをしました。
68ほろほろ (LiLiM)
68点。感動させようと頑張っていました。が、そのため逆に冷めてしまうこともしばしば。
68不確定世界の探偵紳士 (デジアニメ・コーポレイション)
68点。フラグ管理が面倒すぎます。その一点に尽きる。もっとストレスなく楽しみたかった作品。
71僕と、僕らの夏 (light)
71点。もはや詳細は忘れてしまいましたが、中々ドロドロと描ききれていた記憶があります。ダムゲー。
67初音のないしょ!! (Leaf)
67点。音楽CD目当てに買ったはずが、気づいたらRPGにはまってました。他に何が付いてたか記憶にありませんが、初期Leaf好きな方には今でも薦められる作品。値段を考えると80点くらい。あ、神経を衰弱させるのが付いていましたっけ…
70百鬼 ~淫黙された廃墟~ (elf)
70点。評判が悪いようですが、私には中々楽しめました。いわゆる軍艦島を中心としたエピソードは興味深く読むことが出来ました。軍艦島についてろくに知らなかった、ということもあるかもしれませんが。