seiunskyさんの新着コメント

seiunsky

心を動かされる作品や雰囲気に浸れる作品、音楽が良い作品が好きです。

HP/BLOG :
ハルシノオレンジ

新着コメント

90きみはね Couples ~彼女と彼女の恋する二ヶ月ちょっと~ (BaseSon Light)
元々優しさと温かさに満ちていた作品だったけど、そこに新しい視点と影による展開、そして前作以上の観る側の想いが加わって、より一層素敵な作品に。
総プレイ時間 : 7h
76ルリのかさね ~いもうと物語り~ (ねこねこソフト)
もっともっとルリに特化した内容でも良かったのかなぁなんて。
総プレイ時間 : 6h
82そして明日の世界より―― (etude)
人間の負の部分を描きつつも、最後まで優しい雰囲気の終末系。その優しさがもたらしたAFTERは特に印象に残る。
総プレイ時間 : 15h
78ラムネ2 (ねこねこソフト)
『ラムネ』の轍をなぞりつつ「偶然の上に成り立つ現在」というのを巧く描き、前作の七海ルートをも引き立てている。品質の低さは目を瞑・・・れないレベルかも。
総プレイ時間 : 8h
85あきゆめくくる (すみっこソフト)
ラブコメという事象そのものを量子力学に絡める等、「量子力学ラブコメディ」の名に偽り無し。分かりやすいSF的壮大さはないけれど、奥深さは感じられた。
総プレイ時間 : 18h
80単彩綺劫 -sec life,monochrome cube-(非18禁) (470in -夏乃時雨-(同人))
若干くどい感じもするけれども力のあるテキストと、一部の強烈なキャラクターが印象深い作品。中弛みはあるものの、終盤の盛り上がりは楽しめた。
総プレイ時間 : 7h
76わたしのありか。 (JANIS)
整合性が取れていないのを筆頭に何だか色々と雑で、攻略もなかなか難しい。あからさまに力の入ったサファーシナリオは、感動系として「よくある」範疇の展開ではあるものの印象深い。
総プレイ時間 : 9h
81Renaissance (JIN)
言語学に関する図説があったり、歴史・宗教方面にも深い辺りは、流石インテリゲーと呼ばれているだけはある。そんな内容と淡いビジュアルがつくる雰囲気は、昔ならではというのも相まって本当に独特で魅力的。
総プレイ時間 : 7h
45お願い (rouge)
設定だけなら悪くなかった・・・ような。全てにおいて中の下、という印象だけが残った。
総プレイ時間 : 5h
63おしかけプリンセス (大熊猫)
設定は面白いが、再興にしろ文化祭にしろ目標の扱いが雑というか何と言うか。締まりの悪い印象しかない。
総プレイ時間 : 11h
75ONE2 ~永遠の約束~with Voice (BaseSon)
感動系の話としては及第点。わざわざ「永遠の世界」を使う必然性が、「2」としての共通点以外見えなかった印象。音楽に関しては一級品。
総プレイ時間 : 10h
73キナナキノ森(非18禁) (禁飼育(同人))
コミカル中心な前半と、Start終盤からのシリアス展開で落差大。絶望に陥るまでの展開はなかなか容赦無くて良いけれど、そこからのリターンに関して色々と足りていない気がする。かぼの設定には、今作一番の衝撃を受けた。
総プレイ時間 : 6h
83フェアリーテイル・アンコール (Liar-soft(ビジネスパートナー))
本編では掘り下げが少なく、ちょっとした不満点になっていたイケノとドロシーに関してきっちり補完されていて、それだけでも十分満足。他のエピソードも、本編に対して程よい味付け具合。
総プレイ時間 : 3h
58黒の歌姫 (CLOCKUP)
歌姫ヒロインと多数のボーカル曲、ということで歌で魅せるのかと思いきやそうでもなく。折角の「歌って戦う」設定があまり活きていない印象。あと、オーラスの位置付けなのにフィーネシナリオが雑過ぎる。
総プレイ時間 : 12h
74月陽炎 DVD Edition (すたじおみりす)
深掘りが足りない所為か、話の核となる伝奇要素や悲劇的な展開がいまひとつ。というわけで、郷愁を感じる雰囲気ゲーとしての印象の方が強い。見え隠れする家族の裏面はあるけれど、和やかな日常が良い。
総プレイ時間 : 13h
86フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
終わってみればタイトル通りの内容。纏めきったシナリオも勿論だけど、モチーフの童話を読んでいない人へのフォローや細かい画面演出等々、要所要所の丁寧なつくりが光る。
総プレイ時間 : 15h
74東京アリス(非18禁) (郷愁花屋(同人))
童話モチーフの世界観や奇天烈なキャラクターが印象的。残酷な物語ではあるけど、後味は悪くない。
総プレイ時間 : 3h
70雨ではなく、雪でなく(非18禁) (やまいぬワークス(同人))
プレイ時間は30分足らず。でも、CGの多さと雰囲気を作り出す音周り、そしてテキストの巧さで十分に楽しめた。自分に言い聞かせるような独白から、良い苦味が滲み出ている。
総プレイ時間 : 1h
80なりそこないスノーホワイト(非18禁) (3号館B階段下。(同人))
淡い色使いの絵柄で一見優しげな雰囲気ながら、シナリオは切なさや苦味の残る内容。その際たるものである、END7からのEpilogue2といったらもう。
総プレイ時間 : 4h
77蒼天のセレナリア ~What a beautiful world~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
世界観といいキャラクターといい、実にエロゲらしくない冒険活劇。SLG部分は「未知の世界を切り拓く!」っていう感じが欲しかった。
総プレイ時間 : 12h
79すみれ (ねこねこソフト)
過去作の「健ちゃん」を絡めたねこねこにしか出来ないつくりで、序盤はとても良かったのだけど。背景を紐解いていく中でトーンダウンというか、テキストにいつもの力が無かったようにも思える。今までのような余韻に浸れなかったのが残念。
総プレイ時間 : 11h
76星空☆ぷらねっと ~夢箱~ (D.O.(ディーオー))
テンポの良い会話が印象的ではあるものの、内容はエロゲとしてごくごく王道なもの。それだけに「自閉症」を扱う佳多奈シナリオがどうしても目立つけど、異質でありながら出来も随一。
総プレイ時間 : 12h
75ALMA ~ずっとそばに…~ Complete Edition (Bonbee!)
少々ご都合主義が過ぎるけれど、綺麗にまとまってはいる。由衣・梗シナリオは他と比べ抜けている印象で、特に「もどかしさ」の描写はとても良い。
総プレイ時間 : 12h
76DUEL SAVIOR (戯画)
攻略順固定の弊害かヒロイン毎の格差が大きくて、序盤の数人は特に内容が薄い。アクションは単調だけど、自分自身下手で上達の余地があったからなのか、そこまで飽きは無かった。
総プレイ時間 : 23h
79ぼくの一人戦争 (あかべぇそふとつぅ)
巧みなキャラクター描写等、良い所は沢山ある・・・んだけれど、後味が悪くないにもかかわらず読後感がもうひとつ。テキストの雰囲気か、はたまた設定の見せ方か、全編通してどうにも物語にのめり込めなかった。
総プレイ時間 : 10h
80夏ノ雨 (CUBE)
奇を衒ったところのない内容で、突出した長所も目立った欠点も無く、ボリュームもダレずにプレイ出来る程好い量。全体的にとてもバランスの良い、良い意味で「普通」の作品。
総プレイ時間 : 10h
80きみはね 彼女と彼女の恋する1ヶ月 (BaseSon Light)
心地良い会話を筆頭に、どこをとっても優しさと温かさに満ちた百合ゲー。この雰囲気、ただただ浸り続けたい。
総プレイ時間 : 3h
80SEXFRIEND ~セックスフレンド~ (CODEPINK)
ぶっ飛んだ主題歌に象徴される陽気でエロスな一面と、繊細な心理を描く一面、この二つのバランスが秀逸。スタンダードとは真逆のプロセスながらも、「純愛ゲー」として成立しているのが面白い。
総プレイ時間 : 11h
65こんなアタシでゴメンなさい… ~真冬外伝~ (WINTERS)
「こんなアタシだから…」と諦めるだけではなくなった真冬の変わり様といい、感動作かと見紛う展開といい、あの特殊な結末の後日談にしては随分まとも。これだけ落差があると、描かれていない期間で二人が如何にして変わっていったのかが気になってくる。
総プレイ時間 : 1h
65ゴメンなさい…アタシのせいで (WINTERS)
嗜虐心に目覚める話、でも触れ合いの無い本当に非道い行為は即バッドエンド。この手の作品にしては中途半端だが、「鬼畜モノ」ではなく(歪んではいるけど)あくまで「愛の物語」なんだ、という表れにも思えた。
総プレイ時間 : 2h
61こんなアタシでも… (WINTERS)
真冬の存在感が全て。そんなヒロインに執着するんだから、1か0という極端な結末も当然のことのように思えてしまう。
総プレイ時間 : 1h
66灰被り姫の憂鬱 (MBS Truth)
不条理に満ちた世界観が何よりの魅力。多くの謎を残したままのシナリオは、ある意味ミステリアスで良いのかもしれないけど、程度というものがある。
総プレイ時間 : 7h
81夢幻廻廊 (BLACK Cyc)
[ネタバレ?(Y2:N0)]
総プレイ時間 : 8h
76PIZZICATO POLKA ~彗星幻夜~ (ぱじゃまソフト)
幻想的なパッケージ・雰囲気が良い日常シーンの一方、連続殺人事件や真相にまつわる諸々等、明暗のギャップが大きい。ステラシナリオはともかく、サブヒロインに関しては短さも相まって「おまけ」感が拭えなかった。
総プレイ時間 : 7h
78吸血殲鬼ヴェドゴニア (NitroPlus)
1話30分・全12話の特撮番組的なつくりは、序盤のワンパターンな展開が気になるもののテンポは悪くない。戦闘システムは散々な評判通り・・・シナリオも音楽も良いだけに、あの部分が熱いテキストで描かれてたら、と残念でならない。
総プレイ時間 : 10h
56ウソツキは天使のはじまり (SAGA PLANETS)
重い設定がありながらも、独特な主人公のキャラの所為で終始軽いノリ。どんな展開でもブレないのは良いけど、それが面白さに繋がってるわけでもなく。
総プレイ時間 : 8h
63もっとLoveちゅ! ~恋愛CHU!FanDisk~(非18禁) (SAGA PLANETS)
「その後」と「あの頃」が、ストレートに良い話で描かれている。NANAシナリオで細部に触れなかった部分もしっかりフォローされていて、後味スッキリ。
総プレイ時間 : 2h
60恋愛CHU! ~彼女の秘密はオトコのコ?~ (SAGA PLANETS)
懐かしのI've初電波ソングと、純愛・鬼畜ルートの落差が印象的。冒頭のNANA登場シーンを筆頭に、唐突な展開が多い気がする。
総プレイ時間 : 6h
79フラテルニテ (CLOCKUP)
キャッチコピーと、同ブランドの別作品のイメージで、きっと「綺麗」な部分があるのではと思っていたけど・・・結局、パッケージ裏の言葉が全てで。ただ、唯一「彼女」に関しては、最後の最期で救いがあったのだと、そう思いたい。
総プレイ時間 : 9h
87WHITE ALBUM -綴られる冬の想い出-(PS3)(非18禁) (AQUAPLUS)
ボイスとモーションポートレートで、テキストとCG差分だけでは伝わり難い部分が補間されてより良いドラマに。追加の小夜子シナリオは雰囲気からして異彩で、クリア後の余韻も他シナリオとは別種。非常に思い入れのある作品のリメイクだったけど、出来には十分に満足。
総プレイ時間 : 16h
80ギャングスタ・アルカディア ~ヒッパルコスの天使~ (WHITESOFT)
散々言われているように商品としての欠点は多々。でも、テーマに対しての語りにはやっぱり惹かれてしまう。
総プレイ時間 : 7h
74彼女の願うこと。僕の思うこと。 (Project-μ)
理解の難しい話ではあるけれど、案外コメディチックで、世界観の魅力もあってそれなりに楽しめた。カットCGを駆使した演出面は、発売当時だったら絶賛してたかも。
総プレイ時間 : 11h
82セイレムの魔女たち (rúf(ruf))
かなりエンタメ寄りの歴史モノ。起伏に富んだ展開で、(追加シナリオを含めれば)内容もスッキリと終わるので、満足感は高い。シリアスな内容と裏腹にコメディ要素が多いのは評価が分かれるところ。
総プレイ時間 : 21h
68忘れな草 (Project-μ)
シナリオ云々よりも、後ろ向きな主人公の方が印象に残る。作品全体を覆う暗く重苦しい雰囲気に相応しいと言えなくもないけど、読んでいる側もあてられてしまう。
総プレイ時間 : 9h
85euphoria HDリマスター (CLOCKUP)
容赦の無いハードな内容と、真相で見方が180度変わるシナリオが印象的。嘔吐や水分関連での声優の熱演も光り、美麗で惨いCGと相まってとても気分が悪くなる(褒め言葉)。
総プレイ時間 : 12h
65Moonlight Sonata (えくれあ)
剣と魔法でちゃんとファンタジーしてる物語。雰囲気作りは良いものの、シナリオはどれも終盤の盛り上がりを欠き、やたら"――"を多用するテキストも鼻に付く。
総プレイ時間 : 5h
61Storia ~逢魔の森の姫君達~ (MINA)
台詞・地の文共にお堅いテキストと、叙情的な音楽によって雰囲気は結構良い感じ。ただ、クライマックスが何とも味気無く、総じて地味な印象は拭えない。
総プレイ時間 : 4h
78贖罪の教室 ~The seven stories of sin~ (rúf(ruf))
複雑怪奇な人物相関図が物語るように、ごちゃごちゃした人間関係が特徴。人物の動きに突っ込みどころも多いけど、数々の伏線とそれを回収していく話の展開は巧み。
総プレイ時間 : 7h
62ぎりギリLOVE (林組)
ヒロインに左右同時に喋られ、選択に時間の余裕も無く、曖昧な態度では即ゲームオーバー・・・という修羅場感を演出したギリギリバトルが全て。
総プレイ時間 : 7h