deathnotesさんの新着コメント

deathnotes

90点代は大好き。80点台は好き。70点台は普通だけど、一応最後まで出来たやつみたいな感じです。

Twitter :
thebeatofZ

新着コメント

82古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~ (Yatagarasu(八咫鴉))
正直言って説明不足な感じは否めない。しかし、システムや構成は良く出来ている。 → 長文感想(551)(ネタバレ注意)
80幻燐の姫将軍2 ~導かれし魂の系譜~ (エウシュリー)
いまやると操作性が悪くてきついが、それでもそれなりに楽しめるのはすごい。シナリオは王道で不可もなく。
70装甲悪鬼村正 (NitroPlus)
美味しい具材を煮込んだら、微妙な味だったという典型例。シリアスな作品なのにギャグを持ち込んだせいで全体の雰囲気がグチャグチャになっているということからもそのことがよくわかると思う。
--FLOWERS -Le volume sur printemps-(春篇)(非18禁) (Innocent Grey)
(GiveUp) キャラに魅力がなく、感情移入がしにくい上、謎解きもそこまで面白くなかった。
80天秤のLa DEA。 戦女神MEMORIA (エウシュリー)
安定して遊べるのはエウ作品のいいところ。終盤オート無双でも別に構わないと思うけど、マップが広い上にエンカウント率が高いのには閉口した。
90Dies irae ~Acta est Fabula~ (light)
すべてのキャラクターに見せ場がある究極のキャラゲー。設定もよく練られており、娯楽としてとても良く出来ている。
70さくらむすび (CUFFS)
BGMとの相乗効果で、穏やかな日々を描くのは悪くない。ただ、物語の起伏が足りない。要するに退屈だったんだよね。
77コミュ -黒い竜と優しい王国- (暁WORKS)
ルート固定は疑問。正直、テンポが悪くなった一因だった。幼いノリや文章のクドさ、主人公の行動原理が不可解などの問題点があるけれども、概ね楽しめた。
75浄火の紋章(非18禁) (EERGED(同人))
短く、わかりやすくまとまっている。それ故展開が読みやすいが。
--聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2- (XUSE)
(GiveUp) 王道って難しいよね。シナリオがつまらなくて、序盤で投げました。
90鬼哭街 The Cyber Slayer (NitroPlus)
名作だろう。3回ぐらいプレイしたが、未だに奥義習得のシーンは震える。手には一刀、斃すは五人のキャッチコピーにビビっときたらぜひ。
79アリス2010 (ALICESOFT)
バラエティゲーム。はるうられやわいどにょは、シナリオは皆無だが、無為に時間を使わせるのに苦痛と思わせないのがすごい。ランスはコマンド選択式RPGの操作性の悪さが目について、楽しめなかった。
60H2O √ after and another Complete story Edition ()
キャラの幼い言動とつまらないギャグに耐え切れず。
65コーヒーとチョコレートパフェ ~彼女とわたしのDog Daysもしくは初めての嗜虐と恭順~ (StrayMoon(同人))
話の内容はないに等しい。しかし、短いながらも、心情描写は悪くはないと思う。
70和み匣 (Innocent Grey)
サクラメントがよくできていたので、この点数。サブシナリオ2つとポンジャンは見るに堪えなかった。正直全体としてみるなら-10点ぐらいかも。たこ焼きゲーの絶妙な難しさは良かったと思う。
65カルタグラ ~ツキ狂イノ病~ (Innocent Grey)
この作品の問題点はシナリオ。推理は大概こじつけで、思考が直線的でおもしろみがない。そしてキャラの掘り下げが足りないから、キャラクターの行動動機に共感することが出来ない。雰囲気だけの浅いゲームというのが端的な印象。
78虚ノ少女 (Innocent Grey)
殻ノ少女自体が綺麗に終わっていたので、あえて続編として掘り起こすことはなかった。 → 長文感想(1421)(ネタバレ注意)
85MinDeaD BlooD Complete Edition (BLACK Cyc)
ゲーム性・エロ・シナリオ・主題歌がバランスよく配合されている。 → 長文感想(1426)(ネタバレ注意)
50EXTRAVAGANZA ~末路の果てに~ (BLACK Cyc)
本編は耐えられたが、こっちはさすがにハードすぎてついていけなかった。
60AGEHA ~EXTRAVAGANZA~ (BLACK Cyc)
所詮おまけ。内容はハードなので、そっち方向が好きじゃないと厳しい。この絵で本編をリメイクしてもらいたいぐらい、絵はうまくなっていた。
75Rance5D ひとりぼっちの女の子 (ALICESOFT)
サクサク進んで、お手軽な小品。シナリオも無きに等しい。戦闘でプレイヤーが介入する余地はあまり大きくないが、運が悪くてもなんとなるように工夫する余地があるのが絶妙。
70英雄*戦姫 (天狐)
戦国ランスと中身の薄さは似たり寄ったりだ。だが、敵国がせめて来ず、また無意味なターン送りが許される点で戦国ランスよりシステム的なバランスは悪い。声優は豪華。たぶん1キャラぐらい好みのキャラが生まれると思う。
70ナイトデーモン-夢鬼- (ALICESOFT)
主人公の造形や喪失を乗り越えていくというテーマ自体は悪くない。問題は見せ方。無駄な選択肢や他のキャラの掘り下げの甘さ、システム面での不備などもったいないところが多すぎる。
70輝光翼戦記 天空のユミナ (ETERNAL)
シナリオは打ち切りマンガみたいなノリ。戦闘は1週目は楽しかったが、全ミッションが完結編解放の条件と聞いて心が折れた。全ルートクリアぐらいだったらやったかもしれない。
60フロレアール ~すきすきだいすき~ (13cm)
全部プレイすることを前提に作られているが、最後に到達するまで特に話に盛り上がりがない。そして、そのオチ自体もキャラクターの経験から導き出されるものではなく、抽象的・観念的で特に心を揺さぶるようなものではない。
80WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ (Leaf)
シナリオには引きこむ力はある。ただ、それは主人公がプレイヤーの想定外の行動を取ることによってという手法だった。最後は概ねうまくまとめたけど、その手法をとったことによる主人公に対するイライラなどのデメリットは払拭することはできなかった。
80俺たちに翼はない AfterStory (Navel)
相変わらずテンション高めなテキスト。ラブコメ一辺倒かとおもいきや、結構毛色の違った話もあり、楽しめた。短めなのがネックか。
80WHITE ALBUM2 ~introductory chapter~ (Leaf)
パッチ1.03を当ててプレイ。CCのムービーが流れる演出は良かった。CGも修正されたからか大して違和感なく出来ました。システム面、とくにバックログの使いにくさぐらいが気になったぐらい。全体的に高水準でCCへの期待が高まる。
75G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
伏線の消化の仕方があまり上手ではない。ミステリとかサスペンスを期待しすぎるとがっかりする。とはいえ無難に遊べるレベルには仕上がっているのはさすが。
75大悪司 (ALICESOFT)
残念ながら何周もやる気にはならなかった。あと好きなキャラがいてもすごく描写が薄くて残念。
78人間デブリ コンナジブンニダレガシタ? (elf)
数々のバッドを乗り越えてTRUEにたどり着いたときはあっさりとした幕切れながらも、ある程度の爽快感があった。主人公が設定上やむなく主体的に問題に関与するという感じではなかったのが悔やまれる。
85戦女神VERITA (エウシュリー)
2大作のクロスオーバーという点でボリューム上仕方ない面があるが幻燐側の扱いに不満があった。しかし相変わらず時間泥棒ゲーで、4ルートしっかり楽しめた。また時間の経過が分かりにくく、もうすこし上手に表現できたらという点ももったいなかった。
75潮風の消える海に (light)
無難なテーマを無難に描いたという印象。作りは丁寧。ただヨット関係の専門用語がいきなり出てきたりするのはやや不親切。
55PP -ピアニッシモ- 操リ人形ノ輪舞 (Innocent Grey)
音楽と絵だけゲー。シナリオに起伏がなく飽きる。
85戦女神ZERO (エウシュリー)
2週目をやろうという気にはならなかったが、1週目だけでも十分面白かった。やや残念なのは声が付いていないので、セリカの変化が非常に分かりにくいということだろうか。
80永焔の戦姫 (エウシュリー)
VERITAの予習用としてプレイ。ゲーム部分等が割愛されているも十分面白い。無料なのが信じられない。他作品をやってみたいと思わせられた。
70リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
掛け合いは面白いけどそれだけ。お兄ちゃん哲学みたいなのが受け付けなかったからこの評価。