Hamuさんの新着コメント

Hamu

新着コメント

77神愛 ~Shin ai~ (Cyc)
派手さはありませんが、落ち着いた手作りの味わいが楽しめる、なかなかの良作AVGです。 → 長文感想(486)(ネタバレ注意)
74リフレインブルー (elf)
全編を貫く幻想的な雰囲気が魅力の、夏・海サウンドノベル。 → 長文感想(344)(ネタバレ注意)
85Only You -世紀末のジュリエットたち- (ALICESOFT)
いろんな意味で伝説となられた、アリスが誇る通販専用闘う男の生き様AVG。基本はパロディ&時限ネタですので、本作の真価は発売当初にリアルタイムでプレイした人間にしか解りませんが、タイガージョーの熱き魂の血潮だけは、時の流れに錆びることなく今なお永遠に不滅です!(?)
76ている・ている (CLOVER)
少々独り善がりな、クセの強いテキスト&シナリオではありますが、人に非ざるモノノケ世界を演出する上では、それで良かった様な気もしないでもありません。とりあえずキャラは魅力的ですし、絵や音楽面に至るまで統一感の感じられる独特の雰囲気の世界観を創り出すことに成功していますので、「癒し系浸りゲー」としては、結構良い出来ではないかと思います。ケモノ好きにはたまらんね。
73夏日 -Kajitsu- (すたじお緑茶)
キャラ造形に優れた作品。声優さんの熱演が光ります。 → 長文感想(695)(ネタバレ注意)
82EVE burst error (C’s ware)
ハードボイルド探偵ミステリーの最高峰。と言いたい所ですが、ラストの部分が私にとっては夢オチ同然の展開であった為、残念ながらこれ以上の高評価を下すことは出来ません。もっとも裏を返せば、それでもこの程度の点数は出さざるを得ない程にプレイ中の牽引力は凄まじかったという事ですので、世間の評価の高さについては、まあ納得のいくところではある訳なんですが。
84遺作(Win) (elf)
閉鎖空間(廃校舎)脱出AVG。情報やアイテムを集めて課題を攻略していく過程そのものがゲームとして面白く、突然異常な空間に押し込められ、徐々に追い詰められていく登場人物たちの心理もうまく表現出来ていたように思います。ファンタジーでは無くリアリティのある設定だけに、あの異様な雰囲気には当時かなり嵌ったなあ。
69Aquas (Mercurius)
コメディタッチなノリは楽しめましたし、キャラも立っていて、部分的な描写や設定にも見るべき点はあったのですが、ストーリー展開があまりに突飛で唐突過ぎる為、正直私にはついていけませんでした。 → 長文感想(129)
72永遠の都 Eternal Love (ちぇりーそふと)
ちぇり~の処女作。離島サスペンス伝奇風味な作品ですが、意外に(?)正統派で悪くありません。 → 長文感想(180)(ネタバレ注意)
72Pure×Cure (Chuablesoft)
丁寧な作りの大規模同人ソフト、といった感じでしょうか?商業としてやっていく上では「システム・ゲームデザイン・ストーリー構成」等、何かと課題の残る作品でしたが、絵や日常のキャラ同士の掛け合いを中心に、確かに光る部分もありましたので、メーカーさんの今後に期待したいですね。
70緋の月 (みるくそふと)
前半(表)シナリオの練りこみ不足ぶりは悔やまれるものの、後半(裏)はまあまあ、ENDINGは中々に秀逸な出来でした。あくまでEDの為の本編と考え、後半に主眼を置いた短編読み物として見てやれば、ストーリー面での破綻もなく、まあ、「それなり」ではないですかね。
73Phantom INTEGRATION (NitroPlus)
かなり荒唐無稽でご都合主義なお話ですが、ハリウッド的または少年漫画的娯楽読み物と割り切ってしまえば、中だるみもなく、そこそこ面白かったです。 → 長文感想(636)(ネタバレ注意)
75くわいなしょっく! (megami)
妖怪和姦探偵エロエロAVG。早い話が抜きゲーですが、シナリオも、エロを引き立てる為の刺身のツマとしては、まずまず悪くありません。Hに関してはキャラ・シチュエーション共に豊富でかなり楽しませてもらいました。少々塗りの甘い絵があったり、正直あまり上手くない声優さんが混ざっていたりもしましたが、「原画良ければ総て良し!」の精神で私的には無問題。最後まで残さず美味しく頂けましたヨ。
73Revenir (TROPICAL SOFT)
全体に若干拙さの残る作りではありますが、シナリオに関しては、扱い難いテーマを作者なりにきっちり消化した上で無理なく纏まりのあるストーリーの中へと盛り込んでおり、思いの外しっかりとしたものになっています。もう一皮剥ければ結構な作品を作れそうなブランドだと思うのですが…残念ながら解散しちゃいましたね。ちょっと勿体無い様な気もします。
83瑠璃色の雪 (アイル)
時間制限付マップ移動型恋愛AVG(いわゆる恋愛SLG)としては、オリジナルである同級生シリーズに迫る完成度を誇る、アイル・リバ原あき氏の最高傑作です。一見泥臭そうに見えて、実はギャグとシリアスが絶妙のバランスで溶け合う大変洗練されたシナリオとなっているあたり、氏の熟練の技を感じさせられます。最近はいまいち元気が無いようですが、力のある作家さんだと思いますので再起に期待したいですね。
87猟奇の檻 第2章 (日本プランテック)
DOSゲー末期の最期の輝きを彩った名作AVGの一つ。サスペンスとしても恋愛物としても、そしてなによりゲームとして非常に良く出来ています。横田&佐野の黄金コンビが最高にいい仕事してますね。個人的には、この時代のゲームが一番好きだったなぁ。いろんな面での制約の多さが、かえって作り手の作家性を前面に押し出させていたような気がします。
78果てしなく青い、この空の下で…。 (TOPCAT)
叙情的モラトリアム学園ドラマ…なのかと思いきや、実はノスタルジック和製伝奇モノだったりするという、意表系作品。突っ込み所は多々ありますが、細かなことは気にせず、作品全体に漂う「雰囲気」に浸りきるのが吉ですね。
85BALDR FORCE EXE (戯画)
Here,The Future スゴイ・カンタン・キモチイイ! ついでに、まきいづみもイイ!! → 長文感想(1480)(ネタバレ注意)
84野々村病院の人々(Win) (elf)
小粒ながら、探偵推理AVGとしては、おそらく最も完成度の高い作品の一つです。選択肢によって着実に分岐していくプロット構成は正に職人芸の域。こういう本当の意味でのAVGゲームシナリオを書けるライターさんって、最近では減ってきてるんでしょうな。
75結い橋 (ういんどみる)
高純度萌えゲー発見!不純物(鬱・泣・怒・悪 etc)の混入を極力排した、良い意味で後に残らない、常春の陽気のようなぬるま湯感を、是非一度!
85同級生2(DOS) (elf)
キャラゲーの原点。なんだかんだでエロゲの基本は全てこの一作に集約されています。いいシナリオを書くライターさんは数あれど、テキストセンスにおいて蛭田氏に比肩し得る書き手というのは、私は数えるほどしか知りません。業界に与えた影響力という点において、本作を超える作品を見ることは今後も無いことでしょう。
79神樹の館 (Meteor)
オーソドックスな作りの良質な「館モノ」。ストーリー的には今一歩といったところですが、独特の文体に品の良い絵・音楽が組合わさることで、雰囲気ゲーからさらに踏み込んだ「風情」や「情緒」といったものまで醸し出している稀有なゲームですので、興味のある方は一度プレイしてみてください。嵌れる人は嵌れます。意外に手堅い作りですので、嵌れなくてもそれなりには楽しめると思います。
81月陽炎 DVD Edition (すたじおみりす)
大正浪漫の仄かな薫に姉妹で巫女さんしかも炉○!! → 長文感想(304)(ネタバレ注意)
79恋姫 ~K・O・I・H・I・M・E~(Win) (elf)
田舎系もののけ王者決定戦(?)AVG。旧き良きエロゲを偲ばせる絶妙のノリとテンポで、コンパクトながら過不足なく奇麗に纏め上げられた、正に18禁AVGのお手本のような作品です。「暑苦しい・押し付けがましい・重苦しい。」そんな作品群にお疲れの方は、頓服薬としての本作の服用を強くお勧めいたします。
93この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
皆さん御存知、システムとシナリオの完全な融合を果たした、ループシナリオAVGの完成型ですが、いきなり完成型を作り出してしまったため、後のクリエイターさんは、もはやシステム面での勝負は出来なくなり、シナリオ一辺倒の方向に傾かざるを得なくなってしまった、という罪深いソフトでもあります。ある意味AVGの歴史を終わらせてしまった作品。万難を排してでもプレイするだけの価値はあると思いますよ。

検索