新着音楽コメント

タイトルどおりに大袈裟な曲だけれども、悲壮感は抜群。なかなかに聞き応えのある「終焉」曲だ。悲劇性というテーマ的側面が強くやや単調で一面的ではあるが、悲劇的な終焉を丁寧に描きだしている曲で、たった一つのことだけを執拗に奏で続けるその姿勢こそが、この曲の個性であり美点である。その執拗さは人によってはややくどく感じるかも知れず、多少好みのわかれる曲ではあるが、好きな人は好きなんじゃないだろうか、という気がする。がしかし、この曲の持つ大袈裟さと執拗さは、作品の舞台設定の深さを思うならば、むしろ相応しいと言えるかもしれない。そういった意味においては、この作品の熱心なファンだけが、この曲を本当の意味で聴くことができる。
とても可愛らしい曲で、聞いているだけで愉快な気分になる。この可愛らしさは、ヒロインの可愛らしさでもあり、同時に「恋愛」の可愛らしさでもある。気張ったところはさらさらなく、良質な「かるみ」を持った曲で、「恋愛」の楽しさを奏でるその姿は、まるでプレイヤーを誘うよう。まさに上機嫌な曲であり、聞く者を上機嫌にさせる。ただひたすらに陽性なBGMだ。
最初の謎コーラスがやたら印象深い歌だが、じつは、ごく正統的なかっこよくてさわやかな主題歌である。少しばかり伝奇風味の味付けがしてあるだけで、かなり万人受けするほうではないだろうか?歌い手のちょっと倦怠感を漂わせる独特の歌声が、このかっこよくてさわやかな曲と妙にはまっており、この歌独自の魅力を作っている。印象としては、迷い道をヒロインの手を繋いで必死に走り続ける、見たいな感じで、作品の雰囲気をよくあらわしているような。全体的に優等生的で、強い印象を残すわけではないけれど、作品の主題歌としてきちんとはまっており、聴いてて気持ちのよい歌だ。
曲名どおりの曲で、ヒロインと静かに語り合っているかのような雰囲気。しっとりした雰囲気と、その雰囲気をバックに奏でられるピアノが美しく、ゆったりとしつつも同時にどこか儚さも感じさせる曲である。その印象を一言で言えば、夜の美しさであり、シリアスの狭間にふと顔を見せる、ヒロインの可憐さを見事に表現している。
作品と合った良い曲です。
春に聞くとなおよく感じます。
200primal (PRIMAL×HEARTSのOP )
爽やかに駆け抜けるゲーム本編にもぴったりなアップテンポ
150Mars (戦国ランスのBGM)
このBGMが流れた自然に謙信ちゃんの顔が浮かぶ
すげぇ前奏で車輪の国のBGMを思い出した。サビが耳に残る
ロックギターとして奏でられるエッジの効いたサウンドが格好良い。
あ~いやいや~♪ あ~いやいや~♪
淡々と語られるAメロ
だからこそ、サビの想いが切に光る楽曲
イントロが良い。ゲームを起動する度、楽しくなる。
OPカッコいいしタイトルBGMで耳にも残る。聞くほど好きになる名曲
作品の全体の雰囲気を表している一曲。クリア後イントロのメロディを聞くとそれはもう。光は君を乗せて銀河を駆け抜ける またこの地に戻ってくるその時まで、の部分はまるで量子論の輪廻転生を歌っているよう。
カラオケで歌いにいくほどには好きな曲。
カーテンコールを締めくくるに相応しい曲
100楽園の扉 (euphoriaのOP )
ダークな世界観にあう良曲
起動時にBGMとして流れるが毎回聞いてからプレイをした。歌詞を含めて印象に残る曲だった。
私的エロゲソング御三家のうちの一角。
この曲の存在がこのゲームの評価を押し上げている。

ログイン






検索