Re:TraumenD

Re:TraumenD(ボーカル有り)

ゲーム

画像ゲーム名ブランド名発売日カテゴリ
amazonRe:LieF ~親愛なるあなたへ~RASK2016-10-28グランドED

音楽得点分布

得点度数グラフ
10038
90~997
80~894
70~792
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

→ 得点ごとのコメントを見る

コメント(新着順)

優等生的にこなれた旋律のなか、ボーカルのもつ独特なゆらぎが映えている。
 Re:TrymenTはピアノや弦楽器の美メロでもって耳をバッチリつかむ、華のある曲調だったけれど、そんな中にボーカルラインだけ柳腰でわびており、かえって映えばえとしていた。
 一方でこちらのバージョンになると、その声の特徴がありありと出てきている。弦楽器的なゆらぎ・かすれを多く含んだ歌声で、それもヴィオラなどよりも二胡とかに近いイメージ。二胡には指板が存在しないので音のブレこそがおのずと風情になり、泣き涸れたふうに音をかき鳴らしたりと、わびた雰囲気を生むものだけど、それに近しい歌い方のように感じる。
 曲調はゆっくり歩き出すかのようだけど、歌声には伸びやかさがあまり見えなくて、歌詞をひとつひとつ指さし確認するみたいにして綴っていく。熱意が先走ることはなく、出る杭をきちんと打ちつつ制作された、三年目の社会人的に収まりがよい歌。でも、まだ声は震えている。奔放に想いをふりしぼったりはもう柄じゃないけど、それでも切々と語りかけようとし、噛みしめすぎて言葉をゆらしてしまう。だから、誰かに伝えなきゃいけない気持ちがあったハズなのにというタイムアップ感 (青春やら悔悟やら) が伝わってきた。
 時が過ぎてこの曲のことを忘れはて、エロゲソングとかも卒業()した頃に、もし聴き返す機会があったなら、また沁み入りそうな予感もする。たとえば終電を逃したタイミングとかに、かつて受験勉強やレポート書くときにドリンクバーだけで居座っていた24時間営業のファミレスにふと立ち寄って、そこで音楽プレーヤーから偶然流れてきてさ、好きだったこと思い出したりしたら深夜テンションにつられて泣き出しちゃったりでお前、はいはいオッサン年甲斐もなく恥ずかしいなお前もう、もう一度、ってなる。名残惜しくて、ゆらぐ曲だと思う。
流れた瞬間泣きそうになった...。
全て終わって聞くと感慨深いです。
大サビに入る前の「試してみるんだ、もう一度」がまた堪らない。
この作品のグランドエンディングに相応しい曲。
ラスサビ音割れてる気がするのが本当に惜しいです
演出も含めて感動した
opの勢いも良いけどクリア後に聞く心に染みるようなゆっくりさも良い

ログイン






検索