ベラドンナ -Atoropa belladonna-

ベラドンナ -Atoropa belladonna-(ボーカル有り)

音楽得点分布

得点度数グラフ
1000
90~990
80~892
70~791
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

→ 得点ごとのコメントを見る

コメント(新着順)

かさぶたを掻くときのようなスクラッチ音。きもちいい。

 たぶん個人的な感じ方とは思うけど、聴いているうちアルコールがまわるようにして、気分が落ち着いていく曲調になっております。ただ、アルコールなので実際の疲労回復効果とかではありません。聴いてるあいだだけ疲労を認識する神経に被膜がはっていき、ささくれだったものとか鈍麻していく感じ。かわって副交感神経がきゅんきゅんしてくると、だらだら何時間もこれだけ永久ループで聴き続けちゃって。やがてヘッドホンを外したときにドッと疲れがおしよせて後悔するんです。クセになりますっ。

 まるで銅板を叩きつけるようなドラムの抑揚がない音 (こいつが疲れる原因かも)。昼さがりの刑事ドラマみたいにして、やる気なく悲鳴を上げるギター (こいつも地味にダメージ蓄積させていくふう)。そのなかで、気怠げというか投げやりに口ずさむような歌。それら全てがうるさいのに、薄ぼんやりと膜がかかったような音づくりで焦点がぼやけているから、いつしか包み込まれているみたいで。ベースが長く伸ばすときのくぐもった音と、そこで弦から弦へと渡るときの音色模様などには惹かれます。羊羹色・蝋色・羊羹色・蝋色・羊羹色・濡羽色とでもいうふうに、ほとんどモノトーンだけで移り変わっていく音づかいです。そんなベースに支えられてるからボーカルラインにも盛り上がりや聴きどころを作ろうとするような緩急はなく、いつだってダウナー。ザラザラしたささやき声で語りつづける。そこへギターのだすスクラッチ音がからんでくるから気持ちいいのです。ザラザラしたものをひっかく音は、かさぶたを掻くときみたいに快感でして、健康にはならずとも今だけは気分がおさまってゆきます。

 ややネガティブな表現ばかりを並べたのだけど、別に当てこすりたいわけじゃなくて。ちょうどわたしが安心できるくらいに、おどろおどろしい色合いをしているという話なのです。小さな頃に、『スヌーピー』のアニメで、ライナスがハロウィンの夜にかぼちゃ大王を延々と待ちつづけるお話を見てた記憶があるのだけど。そうした、不気味なものと隣あわせになっていてもぜったいに物語の登場人物たちは傷ひとつ付かないとわかってた頃の感覚というか。
 「ベラドンナ」のおどろおどろしくあやふやな音のなかに、ヘッドホンにこもりたくなるのは、あの毛布にくるまれた安心感が恋しくなるからだと思うのです。あれです、アロちゃんみたいなんです (蜜音がもってたアホロートルのぬいぐるみ)。ギュッと抱きしめたまま連れ歩きたくなる触り心地をしてるんです。お気に入りの毛布とか、ぬいぐるみとかは、なんかカワイソウだから洗濯できないまま、どんどん薄汚れていって愛着とか染みついてゆくものじゃないですか。そんなふうにくたびれるほど聴いて耳になじんだ、お気に入りのエロゲソングのひとつです。

ログイン






検索