どうか、もう少しだけ

どうか、もう少しだけ(ボーカル有り)

商品

画像商品名カテゴリ
GWAVE Super Feature's アステリズム Blue Discボーカルコレクション
アステリズム 主題歌集主題歌集

音楽得点分布

得点度数グラフ
1006
90~994
80~892
70~790
60~690
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

→ 得点ごとのコメントを見る

コメント(新着順)

歌ってるのが民安ともえかと思った。
名月姉さん視点の歌です。
OPで感情移入できる作品だった。素晴らしい!

 ムービーについて言うと
 名月姉さんの

         「 お ・ ね ・ が ・ い  ☆ 」

 で悩殺された方も多いと思います!
 こんなにかわいいい姉さんがいたらもう・・・
 そして追い打ちをかけるように
         「 あなたに恋をしちゃいけない
                 決めたはずよ 決めたはずなのに...!! 」
 という弟のつくもに対する気持ちを
 名月姉さんらしく表現している点はGOOD!
         「 溢れ出すの恋心 can't tell a lie 」
 のあたりでつくもと姉さんが満天の星空の下
 極大を迎えた流星群が降り注ぐ宇宙の下で
 キスをして、そして姉さんの姿が夜空に消えていく
 このシーンにはグッとくるものがありました。もうオーバーキルです!

1章は主人公の恋についての葛藤がメインですが、
OPではそれに対する姉さんの心理描写をうまく使った歌になっています。
(よく考えてみると、主人公よりも姉さんのほうが悩みに悩んでいた気がしないでもない...)

イントロと1番のAメロとサビ+2番のBメロとサビでは
つくもに対する気持ち
1番のBメロ+2番のAメロでは
お兄ちゃんに対する気持ちを表しています。
揺れ動く姉さんの気持ちがリアルに読み取れます。

曲全体の雰囲気は 切なさ を作っています。
矩形波のピポパポがアストロノーツ感を出していて
AメロとBメロのゆったりした部分とは対照的に
間奏とサビのベースラインとコードの動きが姉さんの心情曲線を表現しています。
サビの締めにピアノのボイシングを変えたコードを持ってきていて
感情が溢れ出る表現が印象的です。

一番の音楽的ポイントは
サビ直前の、定位が右寄りのギターのスライドが効果的で
姉さんの決意の背中を押すような演奏効果になっています。

 ラスサビ前の 
         「 ねえ、神様。  もし、いるのなら・・・お願い!! 」
 この歌詞は名月姉さんの性格から考えて、例外である言葉。
 これは、お兄ちゃんとの再会をお願いするのではなく
 名月姉さん自身の心の整理がついて、答えが出たこと。
 つくもに恋をすることを願う言葉で、姉さんがほんとの気持ちを
 勇気を出して言う覚悟が伝わってきます。
    どうか、もう少しだけ
 という曲名からもわかるとおり
 これが姉さんの最後のお願いです。

 そしてラスサビの 
         「 ほんとの気持ち確かめたから 一人で先に眠ることも・・・ 」
 という後悔のない言葉。
 これにもまた名月姉さんの つくもに対する一途さがあることには感心しました。

P.S. あくまで個人の感想です。
    スピード感のある切ない曲がお気に入りで、こうした心理描写の多い曲では
    どれだけ登場人物に焦点を当てられるかにかかっていると思います。
    それはもう、「現代の名月姉さんが、かわいすぎる!」という一言に尽きますね。

ログイン






検索