fqd46qvvさんの「赤線街路 ~昭和33年の初雪~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

主人公が子供っぽくてイヤ。
という人が多そう。プレイヤーと乖離しちゃってるというか、ホントにただの子供なんですよね。笑って許せるレベルを踏み越えちゃったお金関連の問題だけは全く弁解の余地無しだと思います。さすがに考えて動け。

が、商売で体を売る事への拒否反応。許せないものは許せないってのは、大人になると割り切った振り、見ない振りをする所なんで、素直に行動に移して止めに入ったのはたいしたもんだと思っちゃいました。それが幼い独占欲に根ざしたものだったとしても。

で、最終的に母を追うという最初の目的を犠牲にしてでも守りたいもののために戦う決意を固めて有力者と取引を、って言うといい話みたいですが、ぶっちゃけ最後ら辺の展開は周りの大人に良い様に利用される大人になったつもりの少年、って感じで痛々しかった。エンディングのさらに10年後くらいにあの時はアホだったな、って振り返って苦笑いしてそうです。

閉鎖された空間特有の空気は上手く表現されていたと思いますし、自分は嫌いじゃない作品でした。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい681回くらい参照されています。