2431さんの「さくらさくら」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

とりあえず、文句書きます。

●何がしたいんだかわからないシナリオ

各ヒロインルートに共通して思う事は…萌える事はできたがメリハリがなく蛇足が多すぎる。
そして、どいつもこいつも自己主張が激しく、そのルートのヒロインを差し置いて目立っちゃう困ったちゃん&構ってちゃんばかり。
特にそれが顕著に表れているのが、さくらアフターにおいての多紀とオデコの話。正直いらない。

そういうのは、よそでやれっての orz





●空気が読めないサブルート

サブルート…これに関しても不要、とまではいかないものの、せめて出てくるタイミング、または発生条件を変えてほしかった。
こちとらヒロインとのやりとりの続きが気になってるんだから、そんな時にサブルート解放したって嬉しくないし、むしろ邪魔。
例えるならテレビの番組でいいところまで持って行ってコマーシャル入れたりするやつ。
あれ、頭に来るよねw
ちなみにその場合、俺は悔しいからわざとチャンネル変てやるんだけど。

…話を戻そう。
それに、実際、正規のルートではそのヒロインとケンカしているはずなのに、サブルートに入ると普通に接してたりしてて混乱した。
なんかもう、尺稼ぎにしか見えない。
やはり、これはもう、サッカーで言うとシュミレーションに相当しますね、レッドカード、退場です。出て行きなさい。

結論からして、サブルートに関しては一度、全ルート終わらせてから回収…なんて方がいい。
…と思ってたら、全てのサブルートを攻略すると解放されるおまけシナリオがあった事に気づき涙目になった俺がいる。
あぁ、やっぱりサブルート、厄介だなぁ…。



あとさ、多紀とオデコの話はサブルートでやれば良かったと思うのですよ。





●そもそも必要だったかどうかを問われかねない直樹編

彼を主人公にすると言う事は身体を張ったギャグ、ユーモア溢れる発言の数々が見られなくなるという事。
そんな“直樹らしさ”が見れないなんてルーのないカレーライスと一緒だ。


それに徹ごときじゃあ直樹のポジションは務まらんよ。







●一番萌えたところがOPの出だしの茶太の声



「一番萌えたシーンは?」と訊かれたら、真っ先に浮かんでしまうところがある。

問題のシーンはさくらさくらの主題歌「See-Saw!!」のボーカル、茶太の出だしのセリフ









「ワ~ン♪ ツ~♪ ワ~ン? ツ~? ワン、ツ~、スリ~、フォ~っ♪」












うひょーーーーーーーーー!!!!










たまりませんな!!!




その後もその部分だけ何度もリピート。
やべぇ~いいわぁー…。



多分そう感じたのは俺だけだと思う。本当に終わってると自覚はしてる。






●最後に全てをかっさらったのはやはり高田さん

こいつの存在はかなり衝撃だった。おもしろすぎる。アルマジロこんな饒舌じゃねぇよww。ていうか普通に日本語しゃべってるじゃねぇか(笑。
最初の登場の時こそ、ぶっとばしものだったけど、それを完全に帳消しするほどの活躍っぷり。すぐにファンになりました。
「こいつなら、何かやらかしそうだ…」とずっと思ってた。

そんなところ…奴はやらかしてくましたね。
菜々子アフターの締めで出てきよって!!(笑&怒
指輪を渡したあの感動シーンの後は、その後の菜々子せんせーとの生活とかを見たかったのに…。
なんで、ちゃっかり正志と仲直りしてんの? しかも、ちょっとジーンときちゃったじゃないw。






●結局、最後まで好きになれなかった昌

久々にうざったいヒロインに出会ってしまった。
序盤の徹を騙すシーンなんて神クラス。
そのせいで昌ルートの終盤、乙女な面を見せられてもイラッとくるだけだし、くるみルートでの彼女の立場には同情すら沸かない。
遂には、ここ半年間、変動がなかった「俺の嫌いなヒロインランキング」も動く始末。
堂々の二位にランクイン。おめでとう。






●可愛すぎて逆に手が出せなかったくるみ


立花くるみ。うん。好きだよ。超好き。
めっちゃ可愛いじゃん。



でも、そういう対象(オカズ的な意味)としては見れないわ。


なんでだろう?
…まぁいいや。



とりあえず、俺の妹になってくれ。







●なんだかんだ言って楽しんでしまった俺



散々、文句言いましたけどめっちゃ楽しめました(笑)
これ、普通に良作ですよ。びっくりです。

ヒロイン全員がハイレベル。
その中でさらに、さくらの可愛さときたらそりゃあもう…たまりませんな!w



これだけの作り込みなら、永遠に続くのではないかと思わされたあの延期もしょうがないと思います。
ただ、やはり延期はよろしくないし、何か悔しいから今回はこうやってマイナスだった点を羅列しました。





○最後に一言



季節を越えて咲き誇る”サクラ”はとても綺麗だった。


長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1883回くらい参照されています。