dakuryuさんの「かみぱに!」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

面白い萌えゲーでミステリー的伏線もあり。ですが、シナリオの辻褄があっていない点が…
攻略順がけっこう厳しく制限されてる。
恵ルートを開放するためには天音・乃々香・瑞希の攻略が必要。
古依ルートを開放するためには恵の攻略が必要。
ただし重要な伏線はそこまで多くない。瑞希ルートぐらい?
ごにょごにょして恵ルートを先にプレイしてもいいかもしれない。

基本的にどのキャラも魅力的なので順番にプレイすることを推奨。
特に天音のお節介っぷりは他のルートで光ってます。攻略後だと感慨深い?
私的注目の幼馴染 恵はキャラはかなり好きです。
「こんにゃく」とか「いつ空」を想起させるところがありつつ
見方によってはより健気。でもなんだかシナリオがすっきりしない。
「誓約」の内容が曖昧で恵がどういう認識で行動してたのかがよくわからない。
複数視点あって分析はしやすいんだけどなんか矛盾してるというかなんと言うか…。
例えば、乃々香がご神体を壊した話が恵ルートで出てきていない。
初出が古依ルートのはずなのに恵ルートでその話があったかのように扱われる。
そういうの含めシナリオの仕上がりがギリギリだったんだろうか。
やっぱりエロゲの伏線は信用できない、という話。
以下すごいネタバレです




物語の根幹となる誓約に嘘が多すぎる。
交わされた誓約の具体的内容ってなんだったんだろう?

恵に課されたペナルティは「恵に関する主人公の記憶」が消えることのはずなのに
シナリオでは「主人公に関する恵の記憶」が消えかけたのは何でだろう。
恵の態度から察するに恵は主人公の記憶がなくなるのを覚悟していたようにも思える。
手をつなぐとき主人公のことを気遣ったり「あとで謝らなくちゃ」といったり。
古依ルートではっきりと「主人公の記憶が消えちゃう」と明言してる。
封じられた記憶回想シーンでも罰は「少年の記憶が消える」ことと言われてる。
一般的にいって忘れられたほうがダメージ大きい気もするから
相手を思いやるヒロインとしてはそのほうが自然な気がするんだよね。

結局自分の記憶が消えかけているのを知った恵は別れをつなげることになったけど当初の想定内なのか不明。
恵は主人公のことを「忘れ続ける」状態になってた節もある。
これは古依がわざわざ「重すぎる」と抗議した部分で誓約に含まれなかったはずでは?
なんで?
発動していたのが回想で明言されなかった「主人公に課された」ペナルティという可能性もある。
しかし、それについては古依ルートで否定される。
恵が誓約を破ったと判断されて恵の記憶が欠けている。主人公は恵と結ばれていない。

事解蔵山詰命が遠まわしに忘れさせようとしていたというがそれも不思議。
罰はあくまで罰であるべきで、忘れさせてしまっては意味がない。
ご神体が傷つけられた時点で既に権威は失墜している。それを隠すことは出来ない。
犯人扱いされた瑞希に神罰を下すことが出来ない時点で神の威光は霞む。
真犯人がが誰かを「秘密」にしても真犯人の罪悪感が減るだけ。
だから「神罰」としては忘れさせないで苦しめるのがセオリーなはずなのに…。
主人公はそれを「慈悲」と解釈した。それで筋は通るかもしれない。
恵には「主人公の記憶が消える」という脅しをかけて主人公から遠ざけようとし
一度、誓約が破られたら恵への慈悲&主人公の罰として「恵の記憶を消す」。
だけど罰則とはいえ「誓約」に関するもの。嘘をつくことが出来るんだろうか。


あと古依が言及した「主人公のペナルティが軽い」という点について。
恵は「主人公は古依を信じるものとは誰とも結ばれない」と予想した。
でも主人公が天音・乃々香・瑞希エンド後に忘れ去られる(忘れる?)描写は特にない。
主人公が心を痛めた神罰は恵の記憶欠落ぐらいなのである。
結局恵のほうが主人公よりペナルティが重かったことになり意味が分からない。
主人公の言動は無視され天水の人間か否かで対応が変わったと言うことなんだろうか。
天水外で手出しできない主人公については記憶を消し、恵を苦しませることにした…?

☆ #ツーサイドアップ##恵 ☆
☆ #生徒会長##天音 ☆
☆ #ひもパン##恵、瑞希、乃々香 ☆
☆ #しまパン##瑞希 ☆
☆ #着物でのH##古依 ☆
☆ #巫女服でのH##乃々香 ☆

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい399回くらい参照されています。