えびさんの「明日の君と逢うために」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

絵25+文17+音17+他08 やや期待しすぎた。一枚絵よりも立ち絵のほうが綺麗、シナリオはどこかで見たことがあるようなものばかり、音楽にも取立てて魅力を感じなった。
映像面・・・
立ち絵の美麗さでは、過去プレイした作品の中でも最上級の評価をしています。
背景や立ち絵を自在に動かし、主人公の視線や、キャラクターの動作を表現する手法
もよく練られていると思います。
しかしながら、根本的に方向性を間違っているような気がします。あくまで、エロゲ
ーなんですから、ヒロインの女の子を可愛く見せることに、もっとウェイトを置くべ
きではないかと思ってしまいます。
背景が動こうがキャラが走り回ろうが、それがヒロイン萌えに繋がらないという事。
エロゲーとしては本末転倒な気がしてなりません。
表情そのもののパターンを増やしたり、アニメでいうところの中割りを入れて表情の
移ろいを表現したり、無意識に髪の毛をいじっているというようなクセを表現してみ
たり、瞬きさせてみたり。今後、そういった方向性に向かってくれないかなと、思っ
てしまいました。
そうはいっても、華のある立ち絵表現は見ものです。
逆に、一枚絵が地味に感じてしまい、残念に思います。ムービーを入れろとは言いま
せんが、立ち絵とは違うタッチで塗ったり、色味に工夫を持たせるなど、差別化をし
てほしかったと思います。

シナリオ・・・
どのシナリオも、どこかで読んだことのあるような展開。そもそも、設定自体に新鮮
味がない。
それでもキャラの魅力や、独特なテキストで味付けたならおもしろくなるが、強いキ
ャラ萌えも、独創的な世界観も感じ取れなかった。
攻略順序を固定しているが、その必然性を感じられない。
シナリオが冗長であるし、えっちの濃さも気に入らなかった。濃さというか、ところ
かまわずエッチしちゃうとか、初エッチでかなり無茶な体位を強制したりとか、処女
だろうがなんだろうが急に淫乱になるヒロインとか、抜きゲーじゃないんだから。
駄作ではないが、意欲的に好意を向けることの出来るシナリオではなかった。

<小夜>
オールクリア後に思うところだと、ストーリーの核と、その周辺を結ぶ、枝葉の役割
を果たすヒロイン。というのが役どころでしょうか。
ネタばれになるので、彼女のシナリオでは、そういった枝葉に相当する部分はぼやか
されていますが、他の各登場人物と様々なつながりを持っています。
このネタばれのコードを守る為、このシナリオについては、彼女の魅力が半減してし
まった感があります。正直なところ、ラストは里佳でなく、小夜の別ルートで閉めた
方が、いろんな意味でスッキリしたのはではと思うんですが。

<瑠璃子>
さて、二つのものを天秤にかけて、どちらかしか選択肢はないと迫られる場面がある
とします。しかし蓋を開けてみれば、折衷案で落ち着くというのは、いかにもありが
ちな話です。
ところが、これをやってしまうのは現実ばかりで、多くのお話においては、そういっ
た抜け道に規制をかけて、徹底的に主人公を悩ませ、結論を迫ります。
じゃあ、このシナリオもそうかといえば、そうでもなく、エンドでこの折衷案を使っ
てしまいます。潔いエンドだっただけに、もう一本のエンドの記憶を代償にする行為
が白々しく感じてしまいました。

<あさひ>
ヒロインとしての魅力は、七海に食われています。
シナリオのネタも、唐突過ぎて、他のシナリオから浮きまくっています。
正直、白けた。
特に何がって、丘の上でするえっち。エロゲーだからエロをがんばるというのは、ブ
ランドとしてのスタンスやら、エロを重視するユーザからの突き上げやら、色々とし
がらみがあるんだろうけども、このタイミングでえっちはどうなのよ、と思ってしま
ったのでした。

<舞>
かなーり、受動的で駄目主人公丸出しの修司くんですが、このシナリオの彼は、更に
輪をかけて駄目な奴です。そんなだから、明日香に愛想尽かされるんだよ。と思って
ました。
しかし、丘でリボンを投げるシーンの綺麗さ(CGを含め)に救われて、上手くまと
まった印象が残りました。
舞のキャラクター・コスがツボだったので、トータルとしては好きなシナリオなんで
すが、明日香シナリオに対する当て馬的な扱いが不憫なキャラクターでした。

<明日香>
凄い王道です。エンドもお約束過ぎてつまらない。

<里佳>
ここまでは、受動的で駄目主人公丸出しの修司くんでしたが、このシナリオではちょ
っとばかりいいところも見せてくれます。
大円団なエンドは気に食わないけれど、他のヒロインに比べて、端折ったテキスト量
なのであっさりとしていて良かったと思います。
実は、作品を通したテーマに対して、深く絡んでくるシナリオなんでしょうが、他の
シナリオが無駄に冗長すぎて、作業的にプレイしてしまったので、これ以上の感想を
書けませんでした。――リプレイしたいと思う作品ではなかった。

音楽/声優・・・
BGMが多すぎる。世界観にマッチしていない。というか、絵と文と音で、世界観が
まとまっていない。
声優さんは、全体的に上手い人ばかりでした。ですが、それにプラスアルファする要
素が少なく思います。凡庸なキャスティングでした。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

えびさんの「明日の君と逢うために」の感想へのレス

たしかに背景やキャラの動きが作品の良さに貢献していない印象でした。
FDで保管というお約束にも少しがっかりです。
2008年05月23日03時23分44秒
レスどうもです。
私、開始直後の『吊革』が揺れるシーンは、「おお!」と思いました。
『つかみ』は成功していると思うんですよ。
でも、その後の『波打ち』とかのアニメーションは、まったく不要だと思いました。
こんなところに力入れずに、ヒロインの髪の毛揺らしたり、瞳ウルウルさせたり、
そういうことをして欲しいと思いました。
この作品は、アニメーション出来る技術があるから動かしてみましたという感じ。必然性を感じない。
――何を動かして、何を動かさないのか。
――なぜ動かして、なぜ動かさないのか。
このブランドは、自分達が作っているものが、『エロゲ』なんだということを理解していないように感じてしまいました。

FD商法については、まあ、ある程度は、必要悪だと割り切っています。
ただ、ファンになれるほど好きな作品ではないので、プレイ予定はありませんが。
2008年05月26日06時46分42秒
どうもです。以前にも一度書き込んだ事がある者です。
(あの時は、お世話になりました)
自分の感想の真下にお名前を発見したので(68点と67点)
拝見させて頂いたのですが、ひとつ気になる事があったので…

>そんなだから、明日香に愛想尽かされるんだよ。
これと全く同じ意味の感想を書いてしまいました。
多分「真似をした」とは思われないタイプの方だとは思いますが、
ここに一応「偶然です」と明記しておきます。
(だいぶ昔の感想に対してコメントしてしまいアレですが…)

それと、映像面に関する意見。こちらも全くの同意見でした。
自分の場合、最初のシーンで延々と走り続ける電車に違和感を感じてしまい、
いきなり背景を止めてしまったのですが。(「凄い」とは思ったのですが…)
それよりも「リボンを触る癖」くらいは表現して欲しかった、とか思いました。

この手のゲームは小説と漫画とアニメを足して割った様な表現方法だと思っています。
(文章を絵・音声(+演技)・BGM付きで読めるもの、みたいな感じでしょうか)
この作品に関して言えば、背景は「ただ動いているだけ」に思えてしまいました。


>FD商法
これ、過剰に批判され過ぎな気がしています。
物語的に在るべきシナリオが抜け落ちている場合は解るのですが…
(「買わない」という選択肢を与えられている分「未完成」よりは遥かにマシかと)
2010年09月26日22時05分29秒
>black22さん
コメントありがとうございます。
なんというか、すごく勿体無いんですよね。このゲーム。
映像的には、他のブランドが羨ましがるくらいのクオリティなのに。
なーんか、力の入れどころ間違ってない? って。
シナリオ的にも、瑠璃子√で、ある種、『変えられない現実』を見せ付けておきながら、
メインヒロインの明日香√では、『超ご都合主義』で締めてしまう。
なーんか、力の入れどころ間違ってない? って。
>この手のゲームは小説と漫画とアニメを足して割った様な表現方法だと思っています。
そうですねー。
他の媒体と比べた時、総合的な演出が出来、かつ、小説のように読み手のペースで、
じっくり読み込めるというのは、ADVゲームの強みでしょうね。

この作品については、まあ、FDはしょうがないかなーとは思います。
製作陣も、最初から七海ってキャラクターが、あそこまで人気になるとは思ってなかったでしょうし、
まさに、ファンの声に応えた結果でもあるわけですから。
2010年09月26日22時35分35秒
>なんというか、すごく勿体無いんですよね。このゲーム。
まったく同感です。自分は、文章以外の要素では概ね満足できました。
(明日香に対する主人公の振舞いの理解不能さが台無しにしてくれましたが)

>瑠璃子√
実は選択肢直前の「いなくなった後の未来」を最後まで描いて欲しかった人です。
この作品の場合「奇跡」が絡んでくるのは仕方が無い事で予想も出来たのですが、
命が絡んでくる物語では奇跡に逃げて欲しくないという、残酷な希望があったりします。
選択肢が出たので片方はそういう話になるのかと、少しだけ期待もしたのですが、
作品の方向性を考えると浮き過ぎるので、流石に無理な話かもしれませんね。
(出来る事なら「命に関わる云々」自体を気軽に扱って欲しくないですが)

>ファンの声に応えた結果
まあ、創るだけの余地を残している面もあるとは思いますが、
概ねファンの為のものですよね。それで批判されるのも理不尽な感じです。
個人的には、良いと思えた作品を創ってくれたメーカーさんに投資する、
くらいの気持ちで考えています。次回作でも楽しませてください、みたいな。
(余程酷ければ、二度と買わなければ良いだけですし。その辺は自己判断で)


微妙なタイミングでのコメントに対するお返事、ありがとうございました。
念の為、寝る前に覗いておいて良かったです。今日はこの辺で失礼します…
2010年09月27日00時48分31秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1296回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。