禁愚芸那さんの「炎の孕ませ同級生」の感想

ファンタジーに走りすぎてる気がする。「炎の孕ませ転校生」と比べると青春度は下がった
「炎の孕ませ転校生」がリアルな作品だとは言えないけれど、それでも懐かしい青春時代をフラッシュバックさせる部分はあった
が、本作品はそれが無くなり、ただの抜きゲー、二次元ドリームノベルズになってしまっている
「クラス全員オレの嫁」にさえ、電車で一諸に登下校するシーンや放課後街に繰り出して遊ぶシーンがあったのに、本作にはそれが無い
基本的に学園の敷地内から外へ出られない内容なので息が詰まりそう。何?この閉鎖空間
何よりも非現実的なほど誇張された馬鹿げたイベントが多いため、大人が付き合うには正直疲れる。こんなんで青春を思い出せってほうが無理だ
ただ、ゲームバランス自体は比較的プレイしやすくなってるようだ。難易度は低いので手軽に楽しめるだろう

「ビーバップ・ハイスクール」で、『自分の女と家族にだけはいくら迷惑かけてもいい』という黒ちゃんの賢者タイムがあるが
本作品の薫シナリオではその意味をわかりやすく説明してくれてるので非常にありがたい
ちなみに「カバチタレ!」にも似たような台詞がある

中出し時には「らぶらぶ中出し」と「強制孕ませ」の2パターン用意されている
後者は『中はダメ! 妊娠しちゃう!』と哀願するヒロインの気持ちを無視して膣内射精を強行する鬼畜な内容で
そのドSな背徳感はスタジオメビウスの「悪夢」にも匹敵すると思う
ただ、中に出す精液の量が足りない気がする。もっとどっぷり出して欲しかった

禁愚芸那さんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい717回くらい参照されています。