sakinoriさんの「学校のきゃあ! ~千日学園新聞部の低能怪奇映画的世界~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

B級チックで大好き。リズムが良くて飽きないで遊べる。チープな雰囲気でグッド
なんというか全体を通して遊んでます。

怪しげな新聞部にスパイとして入り込む剣道部の主人公。
学園内の怪しげな事件を取材してしていくうちにストーリーは怪しく進行していきます。

ヒロインたちも癖のある女の子が多いかな(性格が)
足が不自由だがキレ物で落ち着きのあるの部長
長身コンプレックスだがとってもやさしい同学年の部員
小さくて男性恐怖症だが剣の腕は主人公以上の後輩部員
廃部を目論む主人公のボス的存在である生徒会長
ランドセルが似合いそうな新聞部顧問
エロ要員?バカな双子の姉妹、テニス部員、美術部員

取材時に誰と組むか、誰に何の取材をさせるかでポイントがもらえます。
が、細かい条件は覚えてません。てか知りません。
おそらくパーフェクトでなくてもクリアーはできます。おそらく
個人的にはこのシステムは楽しかったです。

基本オカルトものなので題材はホラーです。
主人公が突発的に斜め上をいく人なので、生理的に受け付けない人には地雷でしょう。
シナリオもテキストもシリアスとバカがスゴイ感じでミックスされており、
なんともチープ感が溢れたゲーム。

萌えや燃えとは縁のない独自の世界観が楽しいです。
雰囲気としてはホラーチックなのでエログロ系のゲームに近いと思います。
が、あくまで”雰囲気”だけなので内容は違います。

システムは今のゲームのように充実していないので使い勝手は悪いです。
シナリオは数話の構成になっており、各話は丁度良いボリュームでしょう。
テキストのテンポも個人的には読みやすかったです。
話の内容もゲームらしいゲームで楽しめました。


かなりクセのあるゲームなので地雷率は高いと思います。
大きな声でオススメはできませんが、シナリオ未完成ゲームやるよりはオススメです。

私はクリアーしたゲームは普通アンインストするのですが、このゲームは残ってます。
そんなゲームです。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい541回くらい参照されています。