feeさんの「続・殺戮のジャンゴ ─地獄の賞金首─」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

マカロニ・ウェスタン作品は過去にTVで何作か見たが、終盤までどうにも面白さが伝わりにくかった。 だが一方で、エロゲ業界内では非常に風変わりな作品であり、こういう作風にチャレンジする姿勢は応援したいと思う。
マカロニ・ウェスタンや西部劇の世界には全く興味がなく、
好きな虚淵さんがライターをしているというだけで突撃したのだから、『合わない』のはある程度折り込み済みではありました。


気に入ったシーンは、
①「イライザと姉のやりとり」&それに対するミス・ノーバディの反応。
②イライザが正体をバラした時に、ジュリアンが涙するシーン。
③大金を得たイライザがジュリアンのもとにかけつけ、撃たれながらもスイートウォーター賛歌を歌うシーン。そして合唱。


これって、マカロニ的な部分じゃない(僕の狭い認識では。ひょっとしたら僕の偏見かもしれません)よなぁ、と思ったりもしますが。


①は、初めてイライザやミス・ノーバディの心の機微に興味が持てたシーンです。

②は、そのまま引用してしまいますね。

引用↓

【当然、事実を知ればこの青年はきっと無様に泣きじゃくるだろうと、そうイライザは予想していた。
だが、彼の涙は――イライザが思い描いていたそれとは違う。
目を伏せることもなく、毅然と切り結んだ口元を歪めることもなく、ジュリアンはただ真っ直ぐに前を向いて泣いた。
その姿はまるで無様ではなかった。哀れさとは程遠かった。
そんな泣き方をする男を、イライザは見たことがなかった。
止めどなく湧き出る涙とはうらはらに、その双眸に秘められた決意の色は微塵も揺るがず――
むしろいっそ磨かれて輝きを増したかにさえ見える】

引用ここまで↑


やっぱり文章が巧いなぁ、と。
一番ヒロインっぽいヒロイン、ジュリアン君の魅力が非常によく出たシーンでした。


③は、イライザの心変わりが唐突な気がして、少々違和感はありました。
「全然西部劇っぽい展開じゃないけど、いいの?」と。
ただ、これを待っていたという気持ちも強くありまして。
盛り上げてきたなぁ、と。イライザのカッコ良さを堪能できて、嬉しいは嬉しかったです。


不満は、イライザとミス・ノーバディの活躍に比べ、リリィの存在感が少々薄かったかなぁと。
見せ場のシーンもあまり思いつきませんし、悪役(?)に回るならラスボス級の大太刀回りを見せても良かったんじゃないかなーと思います。
まぁ、『俺たちの闘いはこれからだ!』ENDも嫌いじゃないですし、
リリィをラスボスにするとその辺の処理が難しいのかもしれませんが。


余談になりますが、
ジュリアン君の

『貴方を想う僕がいると――そう知った上で、これから貞節を守ってくれるなら、いいんだ。たとえ女として純潔でなくても、花嫁としては純潔だ』。

という言葉はそのとおりだなと感じました。

「処女が好き」な人はいいんですが、それが高じて「全ヒロイン処女じゃなきゃ絶対に嫌」とか「非処女は汚い」まで言っちゃう人は正直、苦手なものですから。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1172回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。