toto712さんの「ティンクル☆くるせいだーす」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

退屈と評される理由はシナリオとその間に挟まれるミニゲームとのバランスの悪さからか。笑いの点についてはまずまずの水準だっただけにバカゲー色をもっと強めた方がより面白くなったと思う。
最初にクリアしたロロットがお笑い担当で非常にバカゲー色が強い内容。このシナリオの印象が強すぎたのか、他のルートに関しては消化不良な感は否めませんでした。ヒロインルート全体を終えた感触はメーカーの力の入れ方が分かる反面、粗製乱造される凡百のエロゲーとさして変わりなく感じてしまったのですが、そう感じてしまったのは内容の割にテキスト分量が増大で冗長感が目立ってしまったためではないでしょうか。

その反面ミニゲームに関してはかなり面白い。Easyだと物足らないCOMとの対戦もNomal以上でプレイすると熱い対戦が楽しめます。このミニゲームを冗長感漂うストーリーに適時挟んでいけば多少なりとも退屈さは解消できたのですが、残念ながらこのミニゲームの容量が少ない・・・というより中盤の一番退屈な局面にほとんど存在しないというバランスの悪さ。しかもミニゲームの結果がその後のストーリーに全くといっていいほど反映されないため、より徒労感が強くなってきます。つまりミニゲームでいくら快勝しても、なぜか相手にズタボロにされたあげくの辛勝のようなテキストになっていたりと矛盾が目立つのです。同スタッフによる前作のプリンセスういっちいずではそのような矛盾が少なかったので、これは減点されても仕方ないでしょう。

このストーリーの冗長感の犠牲になってしまったのがヒロイン達ではないかと思います。個々のキャラクターは悪くないし、イベント単体だけを取り上げれば面白い部分もあるのですが、シナリオが冗長なためどうにもキャラクター特性がクドく感じてしまうのです。
逆に専用ルートのないサブキャラたちの方が散漫としたストーリーの犠牲にならなかったためか、メインヒロインたちより良く思えるという皮肉な結果になってしまいました。聖沙より紫央の方が萌え色が強いし、ナナカよりさっちんの方がキャラが立っている。ロロットのお笑いの才能は捨てがたいのですが攻略したいのはエミリナの方だし、お姉さんキャラならリア先輩よりメリロットさんの方が魅力的です。この魅力的なサブキャラがことごとく攻略できないというのでは点数が辛くなっても止むを得ないでしょう。

もしメインヒロインたちのシナリオを刈り込んでいるか、サブキャラたちの何人かをヒロインに昇格させていれば、点数はかなり上方に振れていたことでしょう。このゲームの正式エンドはヒロインたちと迎えるハッピーエンドでなく、不条理なバットエンドの数々ではないかと思うほどで、そう考えるとこのゲームの本質は萌えゲーなどではなく、バカゲーに分類されるべきではないかと思うのです。ゲームの規模から考えれば大作に分類されてもいいだけのものを誇っているのですが、それを維持するだけの深い謎が存在しなかったのが、このゲームの評価に高得点が与えられない大きな要因といえるでしょう。


おまけ

メインヒロインたちよりサブキャラの方に強力声優陣を割り振ったのは、舞台でいうところの経験少ない主役を影で盛り立てる老練な脇役というイメージでの起用だったかもしれませんが、もしそうだとしたら制作再度の目論見は完全に外れてしまったといっていいでしょう。逆に某メーカーのようにメインヒロインでなくわざとサブキャラに人気を集中させてその後のファンディスクで一儲けと考えているのだったら大成功したといえます。ただいくらキャラ人気を盛り上げたといってもHシーンのないキャラに人気が集まってしまうようではエロゲーとして成功したとはいえないのではないでしょうか。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい658回くらい参照されています。