Cascadeさんの「ティンクル☆くるせいだーす」の感想

これは「馬鹿」と「萌え」しかないキャラゲー失敗作。シナリオライターに期待して買うと血を吐く事になります。
<概要>
一人暮らしの主人公の元へ「自称魔王の使い魔」のぬいぐるみが現れ、
主人公は、自分が魔王である事を知る。
それと時期を同じくして、主人公が所属する生徒会は
魔族を退治する組織である事を知る。
二つの相反する立場に苦悩しながらも、
主人公はキラキラの学園生活を求めて奔走する。

<世界観>
人間界、天界、魔界の三界が存在する世界。
天界から人間界への移動は比較的容易のようだが、
天界からの干渉により、魔界から人間界への移動は困難であるらしい。
しかし、周期的に起こる天体異変「リ・クリエ」により
三界の位相が変異し、一時的に魔界から人間界への移動が容易となり、
人間界に魔界からの来訪者が現れ始めている。

<シナリオ>
世界観の項で書いた通り、天体異変「リ・クリエ」により
人間界に紛れ込む魔族を、生徒会の面々が
天使の力を借りて退治するのが大まかな流れ。

シナリオライター、能無しだなぁ…というのが正直な感想。
終始無意味にテンションが上がりっ放しで谷が無い為、
山が山に見えず、シナリオが凄く平坦で読んでいて眠くなる。
その上、シナリオの各所で日常会話にネガティブなブラックジョークが
何度も出てきて、読んでいて気分悪くなる。
ダークイメージなテーマのヌキゲーならともかく、
夢や希望を唄う、学園ライトファンタジーな世界観なんだから
そういった世俗的なブラックジョークは控えようよ…。
このシナリオライターは、自分達の作ったゲームをプレイする大半が、
おたくの成人男性である事を理解していないね。
販売ターゲット層のプレイヤーに喧嘩売ってどうするんだ?
あの酷いテキストは同ソフトハウスの次回作の売り上げに大きく悪影響を及ぼすぞ。

まだ悪い所はある。
突然何の脈略も無く、キャラクター設定にそぐわない
前後の文脈を無視した一発ギャグをかましたり、
魔族が大っぴらに人間界を闊歩しているのに、
一般人が無反応どころか、平気で話しかけたり料理を注文したりと
もう、世界観がメチャクチャ。
ご都合主義というより、ライターは都合という物を考える事すらしていないようだ。
シナリオの流れも行き当たりばったりで、シナリオとシナリオのつながりが不明瞭。
その為、中だるみは禁じえず、
伏線も投げっ放しで回収されておらず、粗を探せば切りが無い。
敵の行動理念も薄く説明不足で、ゆえにキャラクターへの理解度が低く
終盤への流れも盛り上がりに欠ける。
建造物や、その歴史背景なんかも説明されていないので
物語に厚みがなく、三文芝居になってしまっている。

結論。シナリオは無意味な勢いだけ。
色々な意味で、読む側の人間の気持ちを全く考えられておらず
シナリオライターとしては大失格。
あまつさえ、ライターが購買層の人間に喧嘩売ってる始末。もう言語道断ですね。

<グラフィック>
CGは流石のクウォリティ。
デッサン崩れは特に感じず、キャラクター、背景、演出共に
高いポテンシャルを維持している。
特にキャラクターデザインが上手いですね。
カラフルでありながらチカチカするような不快感は無く、よくまとまったデザインでした。
背景にも流星が流れていたり、キャラクターの心情に合わせて
細かな演出がなされたりと、グラフィック面ではかなり高水準。

しかし、クウォリティに反してCGの枚数自体がかなり少ない。
つまらない日常会話が長々と続く割に、合間に入るイベントCGがほとんど無い為、
ただでさえ冗長なADVパートがさらに長く感じ、飽きる。

<システム>
推奨環境?何それおいしいの?
必須環境は元より、推奨環境でも動作困難で、快適にプレイするには
推奨環境の一歩上くらいのハイスペックでないとまともに動かない。
必須環境レベルではガクガクしてお話にならないだろう。

基本的には一般的なADV型。時折、間に戦闘パートが入る。
戦闘の勝敗での分岐は無し。敗北=GAMEOVER。

戦闘シテスムは派手派手で、ぐりぐり動くので見た目は楽しい。
システムも解りやすく、難易度変更も可能なので初心者にも優しい作り。
しかし、この戦闘モード、戦闘が発生したシナリオ毎に
主人公達の基本性能が固定で、育成要素が全く無い。
その為、戦闘にあまり価値を感じず、その上ロードが長いという短所も相まって
あまりゲームにとってプラスになっていない気がする。
それに、戦闘自体の回数もあまり多くない。

その上、ゲームバランスが最悪。
ザコはゴミのように弱く、それとは対照的にラスボスだけがとてつもなく強い。
なにせ、主人公の番が回ってくる前にボスの攻撃を受けて瞬殺される。
何も出来ずにゲームオーバー。(笑)
超長いロード時間と相まって、うんざりする事請け合い。

<サウンド>
サウンドは流石I've。
バトル時のBGMなんかは軽快で心地良い。


<総評>
CGは良い出来で、バトルも軽快さがあり、そこそこ楽しめるのだが、
そのプラス要素を塗り潰すが如くの、ひどいシナリオとテキストが残念無念。
今まで色々なゲームをプレイしてきたが、
購買層のプレイヤーに喧嘩を売るシナリオライターなんて初めて見た。
このシナリオライターはブランドイメージとか考えていないのだろうか?
シナリオや会話ネタがあまりにもネガティブで、
明るい学園生活やCGの良さを完全に潰している。
派手なキャッチフレーズと常時ハイテンションなキャラクターに目を奪われがちだが
世俗的なブラックジョークが嫌いな人は、絶対にプレイしない方がいい。

グラフィックの項ではCGの美しさを紹介したが、エロシーン自体はかなり少ない。
エロ目的で買うのはお勧めできないので注意。
なんて言うか、コンシューマー移植を前提とした金の匂いがする。
あの少ないエロシーンを外せば、そのままPS3に移植できますよー的な
ソフトハウスの打算が透けて見える感じ。
ただ、低年齢層にあのネガティブジョークを読ませるのは良くないだろうから
テキストにかなりのリテイクが必要だろうけど。

<編集後記>
ほしフル以来の久々の大ハズレです。
半年以上も発売延期して、期待が膨らむだけ膨らんだがゆえに
その反動たるや酷いものだった。
これは「馬鹿」と「萌え」しか無いキャラゲー失敗作であり、
読み手を無視したシナリオライターの自己満足テキスト満載。
プレイするなら相応の覚悟が必要。
点数はほとんどがCGとそのシステム演出による加点。
しかし、シナリオライターが作品にドロを塗ってしまい、この点数。
正直、お勧めはできない。回避を強く推奨します。

最近、自分の腕で勝負の出来ない情けないシナリオライターが増えましたね。
ネタに詰まると、すぐに世界観無視してブラックジョークに走る屑ライターが多過ぎる。
文字で飯食ってる人間としてのプライドとか無いのだろうか?
シナリオライターが作品の「世界」を作るのだから
責任を放棄して自分から世界を壊すような事はしないでほしい。
この作品をプレイして、それを強く感じました。

新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1393回くらい参照されています。