agnusdeiさんの「CROSS FIRE」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

諸君 私は黒髪ロングが好きだ(長文の前半部はネタバレ無し、後半一部ネタバレしてます。)(2007/01/20こっそり修正)
諸君 私は黒髪が好きだ
諸君 私は黒髪ロングが好きだ
諸君 私は黒髪ロングが大好きだ
 
ショコラの秋島香奈子が好きだ
さくらむすびの瀬良可憐が好きだ
群青の空を越えての水木若菜が好きだ
天使のいない12月の榊しのぶが好きだ
アトラク=ナクアの初音が好きだ
ぷちぷち★ご奉仕の深田さつきが好きだ
姉、ちゃんとしようよっ!の柊要芽が好きだ
WhitePrincessの新川透子が好きだ
水夏の白河さやかが好きだ(※)
 
学園で  魔法世界で
自宅で  明治大正時代で
神社で  御茶室で
田舎で  未来の国で
宇宙で  駅で
 
この地上で行われる ありとあらゆる黒髪ロングとの絡みが大好きだ
 
黒髪ロングの巫女さんが池とかに落ちるのが好きだ
濡れた巫女服と濡れた黒髪のCGを見たときなど心がおどる
 
強気の黒髪ロングが照れているときが好きだ
照れているところをわざと抱きすくめるなどした時に悲鳴を上げて
混乱しながら去っていく姿など胸がすくような気持ちだった
 
黒髪ロングのヒロインが単独でパッケージ絵を飾るのが好きだ
発売日に店頭で平積みになっているのを見ると感動すら覚える
 
黒髪ロングのヒロインを脱がせていく様などはもうたまらない
半脱ぎのヒロインが愛撫と共に快感染まっていくのは最高だ
 
必死に経験があるように見せるツンデレ黒髪ロングのヒロインの処女を頂いた時など絶頂すら覚える
 
サブヒロインの黒髪ロングが好きだ
攻略しようと必至になるが結局攻略できない様はとてもとても悲しいものだ
 
黒髪ロングのヒロインが嫉妬に狂ってしまうのが好きだ
CG回収の為とは言え、黒髪ロング以外を選ばないといけないのは屈辱の極みだ
 
諸君 私は黒髪ロングを ハーレムの様な黒髪ロングを望んでいる
諸君 私に付き従う黒髪ロング萌え諸君
君達は一体 何を望んでいる?
 
更なる黒髪ロングを望むか?
情け容赦のない 地雷ゲーの黒髪ロングを望むか?
18禁の限りを尽くし 三千世界の黒髪ロングとエッチする 嵐の様なエロゲを望むか?
 
 「 黒髪ロングエロゲ!! 黒髪ロングエロゲ!! 黒髪ロングエロゲ!! 」
 
よろしい  ならば黒髪ロングのエロゲだ
 
我々は満身の力をこめて今まさに扱き下ろさんとする右手だ
だがこのエロゲ界の底で半月もの間堪え続けてきた我々に
ただの黒髪ロングエロゲではもはや足りない!!
 
黒髪ロングの大エロゲを!! 一心不乱の大エロゲを!!
 
我らはわずかに千人に満たぬオタクにすぎない
だが諸君は一騎当千の変態だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総兵力100万と1人のエロゲーマーとなる
 
黒髪ロングを忘却の彼方へと追いやり ピンク・水色・茶髪と言っている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし黒く染め上げ眼を開けさせ思い出させよう
連中に黒髪ロングを思い出させてやる
連中に黒髪ロングのすばらしさを思い出させてやる
 
天と地のはざまにはピンク・水色・茶髪では思いもよらない事があることを思い出させてやる
一千人の黒髪ロング萌えのオタク集団でエロゲ界を萌やし尽くしてやる
 
『CROSS FIRE』状況を開始せよ
征くぞ 諸君
 
※(対象が多すぎるので適当にピックアップしただけです。陵辱系は外しましたがw
  セミとかロングじゃねーとかこの子が入っていないのは納得いかねーとか
  文句があっても面倒なので聞きません。)
2007/01/20ちょこっと修正(『調教部屋』を修正するのを忘れていたので修正しました)
 
 
 
やっとレビューできた。2つ3つ同時進行しているのでなんか異様に時間がかかった。
(こんなのを書くからだという突っ込みは無しの方向で)
シナリオのわりにプレイ時間が結構かかるので時間のある方でないとプレイお勧めできない。
個人的にはそこそこ楽しめた。冗長さと作りの甘さが目につくが、地雷と呼べるほどではない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ここからネタバレ含みます~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
 
 
 
全体について
そこかしこにFate臭がしますが、もう少し丁寧に作って欲しかった。
あと、やはり登場人物の数が少ないのが泣き所。あと女1・男2人ほど追加して話を膨らました方が良かった。
特に玲鳴シナリオがプロローグに近い役割もあってだが、盛り上がりに欠けるのでバトルを増やして
もっとバッドエンドっぽくしたほうが良かったのではなかろうか?(で、玲鳴Trueを作るとかアンジェも2つ有るし)
男声がついているのはかなり良かった。
バトルものはやはり男キャラがいないと盛り上がりませんね。
それもライバルとか渋い中年とか。
また、マニュアルとかのキャラの説明が細かすぎる。中盤ぐらいの情報を載せているため、
ネタバレしてしまってシナリオをつまらなくしている。
最後の敵も玲鳴シナリオで有る程度予想できたし。
 
 
シナリオについて
序盤が長く、かなり冗長に感じられる。
マルチシナリオっぽくなっており、玲鳴→アンジェ→楓の順にルートが開く。
最初から始める必要がないので、序盤のだるさは最初の一周だけになるのだが、
玲鳴登場からでも長い間、シナリオが前に進まないのはかなり辛い。
で、最初に出てくる敵がなかなか倒れず、倒れたと思ったら連続Hがあって次がラストバトル……
パケ絵ってメインヒロインですよね……。ハッピーエンドじゃないし…… 黒髪ロングが...orz
 
次に、アンジェシナリオだが、玲鳴シナリオでアンドロイドと言うことは既出なので
そこまで一気に話を進めても良かったのではないかと思う。それと、アンジェ=杏樹の件で
写真の話が急に出てくるのが??? あと、衛星はやりすぎ。
(運用面考えると衛星は使いにくい。制空が取れるのなら高々度のステルス飛行体がベターか?)
 
最後の楓シナリオはいきなり楓視点からの話に。分岐がかなり早い時点なので、
楓視点に変更してイベントを省略することで冗長さを無くしている。ただ、短い時間なら
他の人の視点での描写もあったが、長い時間の視点変更が無かったため唐突に思える。
(視点が変わるのでスキップできないし。。。)
もう少し、工夫して欲しかった。(最後の部分も)
 
テキストについて
冗長なシナリオに引きずられて、テキストも盛り上がりに欠ける。
戦闘シーンとかで主人公が役立たずな所為もあるが、今一歩といった感じ。
 
システムについて
CG閲覧システムはあまり良くない。
全体的な動作ももう少しチューニングすると良い。
(クリックに対する反応部分が甘い)
 
絵について
一枚絵は崩れている絵もあるが基本的に問題なかったが、どうしても
イベント絵の数が少なく、足りない印象を受けた。差分とかのごまかしを出来なかったのだろうか?
(H絵は許容範囲。)
立ち絵は、塗り段階と思われるが品質が良くないものが多かった。
(問題は描き慣れていない原画か、特急仕上げをしたか、塗りを外注しなかったからか?)
 
Hについて
玲鳴の初Hは1Rだけだが二回目は数Rこなしている。尺も一部を除いて充分。少し愛撫が弱いか?
(若いから、愛撫が短すぎることもないかな?)
アンジェは主人公が襲われているようなものだし、
楓のは一部楓視点なので、他と趣が違うし純愛と言い難い。
Exエッチシーン2番での100キロ超え×2で騎乗位は……死ぬぞ。

agnusdeiさんの「CROSS FIRE」の感想へのレス

笑わせていただきました。
二次の黒ロングは色眼鏡ならぬエロ眼鏡で見てしまいますよね。
そんな事ないですかそうですか・・・
2007年01月06日23時14分55秒
いやー、面白いですね。
元ネタは某地獄歌のトチ狂った少佐殿の演説でしょうか?
agnusdeiさんの萌え魂とギャク魂を感じました。
2007年01月07日04時09分32秒
まず同士諸君のレスに感謝を。
残念ながら本作戦『CROSS FIRE』は思ったより黒髪ロングが足りず、成功とは言えない結果に終わった。
だが、諸君よ!
少ないながらも、私は今作戦の成果として玲鳴との風呂場Hはシチュエーションとしてかなり良かったことを挙げたいと思う。
黒髪ロング+ブラ無・男物ワイシャツの破壊力は諸君らも知っての通りでる。
その状態からパンティーを取り去りシャワーでワイシャツが濡れて透けてエッチしている様は予想される以上の打撃を私に与えた。
 
そして、諸君よ、まだ私は諦めない。 我らは決して諦めてはならない。
最後の一兵と成り得ても。いや、例え私が志半ばで潰えようとも、我らが黒髪ロングの大エロゲを成し遂げることは約束された未来なのである。
さあ、頭を上げよ次のエロゲが我らを待っている。
 
なお、ゲームの出来がアレだったので、こんな事でも書いてなければモチベーションが保てなかったというのは機密事項につき、即刻記憶から消去すること。
初稿は陵辱系のネタが多く、気まずくて大幅改訂したことに対しては、偽装工作を行うことで決着がついた。
また、元ネタを知ったのがアキバBlogであり、それ以前は全く知らなかったというのは事実とはいえ、
影響を鑑み隠匿すべき情報であるというのは聡明な貴公らにはあえて説明すべきことではないであろう。
2007年01月07日09時18分11秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい497回くらい参照されています。