amaginoboruさんの「リリミエスタ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

物語が邪魔してヒロインをエロ可愛く書けず、キャラゲーのお約束を守れていない印象が。キャラ要素とテーマが正面衝突しています。その他のクオリティも総じて水準以下でお世辞にも良作とはいえませんが、オンリーワンは確かに持っている作品だと思います。
人間界と天国が輪廻している世界が舞台で、天使っぽい仕事の候補生である主人公と
ヒロインが、人間界で最終試験を受けるお話。学生時代に仲間と一緒に過ごす幸せを
押し出した優しい物語です。

ただその「優しい」要素が少々幼いですね。「仲間達との楽しい時間をいつまでも
過ごしたい!」的な欲求に対し「そんなの願わなくてもずっと続くさ!」と言い切って
しまえる、そんな幼さ。ぬるま湯から自立する学園モノが多い中、本作の空気はかなり
独特なものがあります。

ヒロインごとのエピソードもテーマに準じています。みんなでの共同作業は必ず成功
しますし、他者の幸せを望めば必ず自分に返ってくる。理不尽のない、望めば必ず叶う
優しい嘘に囲まれた空間です。そんな綺麗事だけを並べた空間に幼さを覚える方は、
決して少なくないと思います。

しかしそれだけに稀少な世界観です。児童向けの物語を読み解くような優しさは
同年代のエロゲ・ノベルゲーでは味わえない代物で、作り手の狙いは明確ですね。
グラと設定がいかにもなキャラゲーテンプレだったので、これは嬉しい誤算でした。


とまぁテーマだけを見れば良質なのですが、キャラゲー部分との折り合いは決して
良くはありません。お互いが足を引っ張り合っている印象を受けました。

まずキャラゲーとして見た場合。可愛いヒロインを様々な視点から愛でるのが目的な
わけで、欠点も笑って看過できるような代物であってほしいもの。しかし優しい世界に
ヒビを入れるため、いずれのヒロインも我の強すぎる欠点を見せるきらいがあります。

例えば多くのエロゲで、正妻が他ヒロインへ嫉妬するシーンがあるじゃないですか。
本作にも該当シーンが用意されているんですけど、他のキャラゲーなら「焼きもちも
可愛いね!」とチャームポイントとして用意されているところを、本作はガチで醜く
嫉妬するものだから「えっ...」って引いてしまうんです。

そんな表現が随所にちりばめられていて、正直キャラゲーとしては低クオリティと
評さざるを得ません。加えてキャラ個性に被りがないから、多くのプレイヤーが
誰かしら一人は「なんだこのヒロイン」となる可能性が高い。

これらは90年代美少女ゲーにおいてよく見られた光景で、つまるところ欠点の
デフォルメがなされていないんです。あばたをえくぼに変換するのがキャラゲー
メーカーの仕事なのに、お話や主題を重んじてあばたのまま供してしまっている
のです。

唯一メインヒロインの菜桜子は上記問題を回避できていますが(それでもガチ切れ
シーンはちょっとアレ)、こちらは主人公がかなりのダメキャラに。他感想でもクズだの
ダメだのと散々な友春君ですが、実際かなり酷いです。冒頭から我儘と自堕落でみんなに
迷惑かけるし、菜桜子の甲斐甲斐しさに感謝することもない。しまいにはストレスを
周囲にぶちまけてと、キャラゲー主人公としては洒落にならない酷さです。これでは
入れ込めるわけもなく。


けどテーマ視点で見ると納得のいくキャラ作りなんですよね。周りの優しさに気付かず
過ごしてた自堕落野郎が、仲間との触れ合いを通してありがたさに気付き成長する筋立て。
成長型主人公としては申し分なかったと思います。それに菜桜子ルート以外では彼の
前向きな長所が顕著で、総じて見ればそこまで最低野郎ってわけでもなかったですし。

ヒロインにしても同様です。欠点を嫌な部分として見せたからこそテーマが明確なわけで、
マスコット・萌えキャラとしての可愛さを前面に出していたなら、本作の「優しさ」は
ここまで印象に残らなかったと思います。短所や問題点と向き合い改善し、理想の維持に
努めたからこその晴れやかな幕引きでしたから。


結局のところ、両方求めて中途半端になってしまったのですよね。可愛らしさに特化
しつつ1キャラ2シーンのエロを倍加させればキャラゲーとしては上々ですし、逆に
全年齢対象のシナリオ特化にしても(売れ行きはさておいて)それはそれで1点ものの
魅力を持った作品に仕上がったことでしょう。天秤の方向け具合を誤った作品でした。

その上でなお本作の「優しい嘘に囲まれた世界」は稀少であると評します。対象年齢を
考えれば幼稚と評されても仕方ない内容を、あえてノベルゲー形式で仕立てあげたこと。
その点に関してだけはオンリーワンですからね。総じて低クオリティなのでオススメは
できませんが、プレイしてよかったエロゲでした。



最後に不満だった点&問題点を箇条書き。点数低いのは大体この辺が原因。

 ・config→セーブロードと2段階踏まされるシステム周りが不便。
 ・ドタバタがワンパで飽きる。山田さんに頼りすぎ。
 ・脱線も多くて話が進まずイライラしたことも。
 ・パロネタの持ってくるネタが節操ない。
 ・動画サイトの素人投稿ネタで笑いを取るのは...プロとして恥を知れレベル。
 ・宿り木は他の木に寄生して生息する木。鳥が休憩するのは泊まり木。(桃佳ルート)
 ・桃佳が事情を鑑みてもなおクズい。90年代の我儘ヒロインってこんなんだったよね。
 ・一度紹介、説明した内容を忘れてるひなちゃん。ライター間の連携が取れてない。
 ・夜のシーンなのに1枚CGが青空。ライターとグラフィッカー陣の以下略。(菜桜子ルート)
 ・菜桜子のエロ、いきなりヒロイン視点にすんな。貴重な2エロが...。
 ・↑しかも1回はオナニーだし。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい127回くらい参照されています。