gurasさんの「R.U.R.U.R ~ル・ル・ル・ル~ このこのために、せめてきれいな星空を」の感想

これはエロゲー(萌えゲー)へのアイロニーなのか、はたまた賛歌なのか。OHPのPRに惚れただけの、ただの設定買いだったのですが、いやはや想像以上に楽しめました。踏絵的というかメタ的というか、エロゲー(萌えゲー)への設定等による先入観というのは、楽しむ(萌える)上で驚くほど重要なのだなと痛感しましたね…。そしてSFとして本当に面白い。とても意欲的な作品ですね。このまま埋もれれてしまうなんて事がないよう、様々なSF好きな人達に手に取ってもらえたらいいな。エロゲーだけではない、SFが大好きな人にぜひ。
作られた人格。作られたキャラクター達。作られた数々の状況。作られた環境。そういった物が用意されているエロゲー。その中で我々エロゲーマーは一定以上に感情移入をし仮想的な恋をしたり物語を楽しんだりするわけですが主人公の”イチヒコ”、彼の置かれてる状況というのはまさにそういうもの。我々がなんとなしにプレイしている”エロゲー”。これをプレイし、それを客観的に主観視して見てみるというのもまた面白いのかも知れません。

とても”新鮮”なADVって感じでしょうか。これForestとまったく真逆の方向から現実と空想の狭間について考えさせてくれますね。物語に紛れ込むというのはこういう感覚なのかも知れない。異文化という感じがとても良く伝わってきました。この異文化な感覚というのがSFとしてとても面白い。

完全なる孤独。(冒頭にて)たった一人の人類イチヒコ。
作られた物による精神性。圧倒的な盲愛。それはとても大切な物。
イチヒコの置かれている”作られた世界”は最後まで時に残酷な程に優しかった。


なにかこうプレイしていて強烈な居心地の悪さを感じてしまいました…
イチヒコ達の行っている精神活動。そして私が普段エロゲーで行っている精神活動。
そこにいったいどれだけの差があるのか、そんなことを思考させてくれました。
イチヒコによる、ただの夢物語。だからこそ素晴らしく美しく、そしてとても残酷で悲しい。


さて、癒し萌えゲーでもやろうか…


長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2366回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。