Kanatekkunさんの「Scarlett ~スカーレット~ 」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

あまり例を見ない、2人の主人公を用いた事により、すっきりした綺麗なエンディングを作れているところがこのゲームの非常にうまい所だと思います。ニトロのPhantom等とはちょっと違った、ねこねこの雰囲気を保ったなめらかなハードボイルドって感じで、ねこねこの最後を飾るに相応しい出来具合だと思います。
視点選択が無駄っぽいとか、明人がヘタレっぽいとか、いろいろ賛否両論あると思いますが、
非日常に住む九郎と、日常に住む明人、両極端な主人公を作ることによって成功している面もあると思います。

たとえば、
多くの冒険物語の終わりって、「危険が過ぎ去った安心感」と「冒険の終わりの寂しさ」が反発しあうような感覚を持ちませんか?

主人公の1人が日常に戻り、もう1人は非日常に留まる。それによって読者(プレイヤー)の心をうまくまとめているように感じます。
一段落ついた主人公たちに平穏を与えて欲しいと願う反面、ただの日常に戻ってしまうのは寂しい。そうゆう感情をうまく処理できたすっきりしたエンディングだと思います。

すっきりしてるので、あんまりプレイ後の印象は強く残らないかもしれませんが、まとめ方の手法としては他のゲームを寄せ付けないんじゃないかと思います。


不満を言えば、
個人的には、終盤の無人島でのラブラブ生活がもうちょっと具体的に描かれたりしててもよかったんじゃないかなぁとか(笑)
もうこの先、ねこねこによるオマケみたいなのが出ないかと思うと、ストーリーにはあまり関係しない、キャラ同士の絡みみたいなのがちょっと足りなく感じちゃいました(´・ω・`)
設定としてはストーリーを補完できるところがたくさんあるのに、なんだかもったいない気分です。


ねこねこ無くなっちゃうの寂しいなぁ。。。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい224回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。