toto712さんの「委員長は承認せず! ~It Is a Next CHOice~」の感想

安易な委員長のインフレ誘導政策(制作)に監査のメスを入れたい。
委員長という単語に惹かれてつい発売日購入してしまったのですが、委員長という特異性を持つキャラが複数いても萌え対象が散漫となるだけで個人的には逆効果。どうやら委員長というのはぼく的には学級委員長を指すようです。

さてもう一つ期待していたバカゲーという点でも期待はずれ。確かに設定とかIINCHOシステムとかバカ要素は多いのですが面白さという点ではやや上滑りといった感じ。これも後半シリアス展開になってしまうためでしょうか。
その展開面ですがキャラ的にあまり差を感じない。というかどれも似たような印象を受けてしまうのはぼくの気のせいでしょうか?確かにあらすじにあるように事件の黒幕が恋するヒロインが所属する委員会?という趣旨で話を展開しなければならないという制約がある以上どれも似たような展開にせざるを得ないかもしれないのですが、それにしても似すぎています。これも複数ライター制の弊害でしょうか。もしライターが一人だったとしたらもう少し違うバリエーションを考えていたでしょうから。
唯一毛色が変わっているのがメインヒロイン格である麟瞳シナリオでしょうか。このシナリオの評価が高いのも分かる気がします。ただ青山ゆかり+ツンデレという鉄壁パターンをもってしてもこのキャラには萌えなかった。詳しくはネタバレになるので触れませんが株と違いヒロインは分割させると額面の価値が下がるということです。

また麟瞳に限ったことでなく他のキャラでもHシーンにぐっとくるものがなかった。原画家は嫌いな人でないのでこれは想定外。多分構図・CG・テキストなど複雑な要因があるのでしょうがヒロインのHシーンに萌えるものがないとなると辛いものがあります。

ただこれはぼくの主観的見方であって客観的に見るとそれほど減点材料が見あたらないのも事実。どことなく二線級風味が漂うもののそれなりのレベルでまとまっているとはいえるのです。

結論としてぼく的にはとても他人に薦められるレベルのゲームではないです。といってもそれなりのレベルでまとまっているとはいえるのでもし誤って買ったとしてもそれほど損をしたとは感じないかもしれません。ただこれはぼくのパソコン環境が悪いためかもしれませんが吉里吉里エラーが多発するのは閉口しました。細かなバグも多いですしその点は覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
あと一つ。メインヒロインの麟瞳のプレイは最後にとっておいたほうがいいでしょう。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい284回くらい参照されています。