vermilion240さんの「WHITE ALBUM」の感想

(GiveUp) 75WHITE ALBUM
本来、自分はこのゲームを語る資格が無い。なぜなら、本作のヒロインを誰一人としてクリアできなかったからだ。
本作のヒロイン森川由綺が好き過ぎて他の子に浮気できないよというわけではない。むしろ自分は緒方理奈派だ。 ではあまりに三角関係修羅場が切なすぎてもう無理ギブアップだったかというと、それも違う。単にこのゲームが未完成品だったが故にまともなプレイが出来ず、クリア不能だったのである。

本作は今から遊ぶならPC版など不要だ。ハッキリ言ってゴミにも等しいくらいだ。PS3版やりなさいと断言する。というのも・・・わざわざWHITE ALBUM2じゃなくて1のレビュー、しかも昔のPC版のレビューを見に来るような物好きな諸兄ならご存知かもしれないが、システム面が最悪だからである。

本作のヒロインとの出会いはギャルゲーのようになっていて、まず移動可能場所のどこかで出会い、適切な話題を選んで好感度を上げなければいけない。しかも無駄に体力ゲージなんてものもある。本来はもっとギャルゲー的なシステムをがっちり作って仕上げようとしたらしいが途中で力尽きてブン投げたために、こんな半端なものが残ったのだ。

何が一番問題かというと、その出会えるかどうかが運だけなのだ。場所Aに行けばヒロインAと「出会いやすい」だけで、確実ではないのである。そのランダム性は、運がよければあっさりといくが悪い人は何回やってもダメということだ。ここまで書いてれば察していただけると思うが、私はこのせいでクリアできたことが無いのだ。

当時から友人たちにはそりゃありえないだろ、何か攻略間違えてるだろと散々言われたが、事実なのだからしょうがない。この物語を楽しもうにも、楽しませてくれる門戸すら開いてくれなかったのである。攻略記事が載ってるサイトを何件ハシゴして、攻略記事載った本何冊買ったかこんこんと語ってやりたいくらいだ。



ただ、それでも僕はこの作品を愛している。
CDは全部買ったし画集も買った。発売から何年も経って忘れた頃にポロっと出ていたPowderSnowの英語verのCDも、たまたま行ったアニメショップで神が引き会わせたかのように偶然巡り会い(当時もうLeafの情報を収集していなかった)、当然のように買った。誰一人としてクリアしてないゲームの周辺グッズをである。

画集の絵と僅かな作中メッセージの断片を見て読んで各ヒロインのシナリオの概要だけでも拾い集め、クリアできた友人たちからヒアリングして物語を集めたのである。それくらい愛していたのに、ハードディスク内のデータ達が私に微笑んでくれることは結局一度も無かったのであった。

本作の絵を愛し、想像と推測だけではあるがシナリオも愛し、そして何より音楽を愛した。
Leaf全盛期メンバーがまだ殆ど残っていた時代、石川真也、中上和英、下川直哉というLeaf音楽を彩るビッグ3が集えば無敵である。ゲームCDをCDプレーヤーに入れてBGMを聴きまくり、ボーカル曲の3つ「WHITE ALBUM」「SOUND OF DESTINY」「POWDER SNOW」など何回聴いたかわからない。


結局、それから10年以上経ってPS3版を遊ぶことで本作に関する様々な想いはある程度折り合いをつけることにしたのだが、それは別の話。僕は本作をこよなく愛したが、同時にクリアさせてくれなかったことをまた恨んでもいる。大好きでもあり大嫌いでもある・・・それだけ本作に思い入れを叩き込んだということなのだろう。多分、他のエロゲーを遊んだかどうかを忘れても本作のことだけは一生忘れないんだろうなあと思います(苦笑)

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1290回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。