houtouさんの「Canvas2 ~虹色のスケッチ~」の感想

追加された新キャラ2人の話が予想以上に良かった。
PC版では、どのルートでも判を押したように最終的に画家を目指す主人公。
画家になるために絵を描いているのではなくただ好きだから絵を描くとゲーム内で言っておきながら最終的には全部画家。
だが新キャラ竹内麻巳シナリオでは唯一そのまま学校の美術教師を続けていく。
なんかこの話が一番良かった。やっぱ一つくらいは教師を肯定するエンドがあったほうがいい。

藤浪朋子のシナリオは正直たいしたことない。再入院した藤浪を元気づけ、自分の気持ちを伝えるためとはいえ、いきなり二人の結婚式の絵を描いて見せるのは行き過ぎだろ。
だがキャラ自体はとても良かった。序盤のツン、中盤以降~ラストのデレ(特に、主人公に胸をこすりつける所)まで見所満載だった。

残念なのはこのゲーム、テキストのセリフが表示されてから1拍遅れてボイスが出てくる。ディスクの読み込みも頻繁に行われるのでサクサク進められない。
ボイスをOFFにすれば早くなるので、個別の盛り上がるところ以外ほとんどボイスOFFにしていた。
あと、「何考えてるのよシステム」は要らない。意味不明。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい464回くらい参照されています。