タシマヤ三重さんの「恥辱の公衆肉便器(鬼教師 ~恥辱の課外授業~)」の感想

キャラ立ち良、絵美麗ではあるがそれ以外が酷くどうにもならない。
プロローグを見た感じでは、なかなかしっかりとつくってある作品だなとも
感じられたのだが、プロローグが終わると共に実感崩壊。

設定は語ったから後はやるだけと言いたいのか、
製作会社がつぶれた、シナリオライターが逃げたから
途中まででも出来ていた素材を使って体裁を整えて
ゲーム完成とする 少しでも売れたら儲け、とでも言うのか。
一枚絵と程度の低い文章で形作られた
激短エロシーンの羅列が数回あってスタッフロール。

あまりに酷さに吹いた。
きっと作画と塗りの人も泣いた。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

タシマヤ三重さんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい627回くらい参照されています。