minorityさんの「Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

きしめんで有名な萌えゲー
シナリオについてはあまり語ることがない。
1週間後にほとんど忘れてしまいそうなくらい薄いシナリオだった。
だらだらと共通パートが進んで、気づいたら個別で、大したイベントもなく、いつの間にか恋人同士になっていた。そして、山も谷もなくそのままエンドロール。
ほとんどのルートがそんな展開。
唯一、わりかし読めたのは有希奈ルートだけだった。
どろっとしたシナリオは好きなんだ。
有希奈はもっと他ヒロインと修復不可能なくらい病んでくれてもよかった。

以下妄想入ります。
例えば、有希奈が真紀奈やティータを衝動的に殺してしまうけれど、
主人公はそれすら許容して二人で逃避行するエンド。
例えば、有希奈がラエルの花嫁を惨殺して、首だけになった花嫁をラエルに見せつける。
その後、ラエルを解体して押し花のしおりのように身体の部位を缶詰に保存する。
その缶詰を主人公に見せ付け、こんな私でも愛せる?と問うが、それすらも主人公は許容する。
でも、その後に主人公もコレクション逝きで、思い出はいつまでもエンドとか想像してた。
次、ティータルート終盤の妄想。
炭谷がティータと主人公の教室のHシーンを目撃しその情事を盗撮して、
それをネタにティータを選挙で勝たせてやるから俺の肉便器になれと脅す。
選挙戦開票までティータは徹底的に炭谷に調教されて、選挙当選時の演説で教壇にたって
徐に全裸になって2穴バイブ挿しでアヘ顔ダブルピース!
生徒会長からの性奴会長EDでおわり。こんな妄想してしまったのは俺だけでいい。
まあどれも完全にジャンル違いだな。有希奈より俺が病んでた。

特筆すべきキャラはいない。強いてあげるなら、クルルとアズくらいか。
でも、クルルはロリで且つアズがセットの場合が前提。
二人の掛け合いのおかげでキャラ立ちしてるのであって、クルル単体だと微妙。
中盤にアズが空気化するのは×。また、成長したクルルは造形もイマイチになって魅力がなくなるんだよな。
いやはや勿体ない。
ちなみに巷で不評な有希奈は問題なかった。
主人公は空気。
事なかれ主義の朴念仁で、主張もヒロイン依存でしかせず、
自分から何も行動しない受け身の主人公は見ていて面白みがない。
結局、OPと絵以外は微妙かな。
シナリオ陣はもうちょっと頑張ってください。
にしてもエルフや魔法等のファンタジー設定にする必要はあったんだろうか。
クルルルート以外では大して重要性がなかったので、無駄設定だった気がする。

以上

OPのおかげで一時期高騰したけど、中身はテンプレ萌えゲーなので注意。
エロゲー初心者なら楽しめるかもしらん。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい474回くらい参照されています。