minorityさんの「夜刀姫斬鬼行」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

伝奇物としては、ぎりぎり及第点。あやかしびと、AYAKASHI等の前にやっておけば、もう少し点数は高かったであろう。
やはり複数ライターなだけあって、シナリオの出来のばらつきが激しく、キャラのパワーバランスがおかしいところが多々あり、少々疑問に残る点があった。
それと、序盤の日常シーンはかなり苦痛。島に上陸する前に何度プレイをやめかけたことか・・・。

その後の展開もぐだぐだ。トウルートでは四天王とか瞬殺。登場キャラ多すぎで必要ないキャラばっかだとか思った。
だが、周回後半のシナリオには一見の価値あり。北斗やロキが出てきたところから適度に燃える展開があった。まあそれでも登場人物が多いために、殺されるために登場してる感があるキャラがかなりいたが。

唯一ロキ戦だけはかなり燃えた。伝奇物のくせに、男と男の殴り合いを始めるところにぐっとくるものがあった。
ただ、最後に葉子が出てくると思ったが、そのまま思わせぶりで登場しなかったことと、速見が葉子に関しての本当の感情を話さなかったこと、最後に死んでしまったことには納得いかなかった。
ハインリケルートはなくてよかったかな。ぶっちゃけ、ハインリケ、ルーガルいらねと思った。速見が、桜子に告白して振られたという過去話がある点からして、ロキは桜子ルートで入れるべきだったのではないだろうか。

主人公と桜子、桜子と速見、速見と葉子の関係をもっと掘り下げて桜子ルートに組み入れて、最後のシナリオにしていれば名作に化けるかもしれない。
まあ桜子は、ヒロインの中で一番好きになれなかったけどね・・・。

それと、クリア後にサブキャラとHできるおまけシナリオを作ってくれたメーカーの粋な計らいに乾杯。
結華に萌えてもだえ狂ったのはオレだけじゃないはず。



minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい1047回くらい参照されています。