bichigusoさんの「マブラヴ オルタネイティヴ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

これはエロゲじゃない。でも面白い。
本作は長いらしいですが、時間数えていないもので正確なところはわかりません。
先が気になってグイグイ読めるのでそれほど拘束された感はありませんでした。
ただしそれは一周目に限る。
所々でスキップ出来ない演出や自動送りが入るのは、好感度を上げたキャラの台詞を回収するときにとても邪魔でした。

戦争物は基本的に嫌いで戦術・戦略とか聞くのもめんどくさいだけなんですが、それ以外の部分が良かったのでこの点数です。
これまでプレイしたゲームで、1ゲーム中に涙した回数は多分オルタが一番でしょう。
人の生死に関わる部分だけではなく、卒業シーンなんかでも思わず感動してしまいました。

純夏については、マブラヴextraの時は好きだったがサプリメント→オルタとやるごとに鬱陶しいキャラになっていったというのが正直な感想。
本作の場合は、腫物を扱うようにご機嫌を損ねないようにODLの劣化に原因不明のスリープモードに怯えとてもストレスでした。
人類の命運をこんな不安定な物に頼らなくてはいけない、絶望感を演出するには成功だったと思いますが。

こっちの武が元の世界に度々転移していたとextraに伏線が仕込んであったことがわかりますが、かといってextraの評価は上がりません。
ヒロイン達が隠し事をしていたとか裏で何か動いていて秘密に関わっていたとか、そういうことがあったら別でしたが、結局王道(という免罪符の)量産ゲーという印象に変わりはないです。
夕呼はextraの攻略ヒロインじゃないですし。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

bichigusoさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ