dakuryuさんの「何処へ行くの、あの日」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

伏線をちりばめたゲームで過去ログなしセーブ枠6はつらい。
最後に絵麻が生きることを選択した説明が欲しい。
兄との叶わぬ恋を諦めざるをえなかった絵麻にそれだけの気力が残ってたんだろうか。
改変前の現実世界では絵麻は自殺したと考えられる。
その理由は三木本が母への愛故に遺書も書かずに自殺したのと同じだろう。
「愛が自分に向くことがないならせめてずっと忘れないでいて欲しい」という思い。
残されたものにとっては呪いだが、愛に満足できない死者には楽な選択である。

全ては千尋のお節介のせいかもしれない。
絵麻は兄の愛の代わりに良き理解者を得たのかもしれない。
とするとトゥルーエンドをもたらしたのは愛ではなく友情ってことになるんだろう。
変なゲームである。普通に兄が希望を与えても良かったと思うんだけど。

☆ #ウェイトレス##茂木一葉 ☆

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい470回くらい参照されています。