禁愚芸那さんの「Fruit Punch」の感想

とにかく一本道なので疲れる。好みじゃないヒロインのシナリオはまるで拷問。全編おばかなノリでありながら、チクリとするようなリアリズムの正論をこっそり織り交ぜてる点が興味深い
まるで非18禁ギャルゲーのような清純な画風にもかかわらず
中身は卑語言いまくり、乱れまくり、精液飛ばしまくりというすさまじいギャップであるw
これが最終作ということは自爆テロにも似た行為であるが、同時に純愛ギャルゲーに対する挑戦状とも言える
つまり、このような形で汚すことで純愛ギャルゲーファンの夢や偶像を破壊し、目を醒めさせようというのだろう
果たしてそれがどこまで通用するが疑問だが(たぶん通用しないと思いマス)
例えギャグでやってるんだとしても、その心意気だけは評価したい

禁愚芸那さんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい540回くらい参照されています。