ARTOさんの「凌姫 ~淫らに響く復讐の輪舞曲~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

Psy-chsの処女作。姫様凌辱ADVで、調教SLGではない。魅力的なCGとよく練られた設定、ツボを押さえたHシーン。単調でありがちな展開を考慮しても、じゅうぶんそれなりの抜きゲー。「3」が出たら嬉しいのだが。
・ 情景を地の文で語らないせいか、Hシーンの描写自体は割と淡泊。
・ 少し暗い感じの終わり方。ハーレムあり。
・ BGMがハイレベル。特にOPのパイプオルガンは雰囲気抜群。


EDは五つ。「個別ED」は事実上ありません。やることはごく単純。お目当ての彼女のところへ足繁く通い、弱みを握ってことに及ぶだけ。プロローグが少し長いですがそこで舞台とキャラクタの説明が過不足無く行われ、後は黙々とHシーンを見る作業と思って構いません。

本作の良さは設定にあると思います。舞台はエストゥール王国。主人公ヴァンは身分ある貴族の息子でしたが、父親が罪を着せられ失脚。姉ともども国王一家(国王、王妃とその娘等)の奴隷となります。地獄のような生活の中支え合っていた姉弟ですが、ある時ヴァンは姉と交わることを強要される。神の教えに背いたことを苦にした姉は自殺。ヴァンは逆上して国王暗殺を企てますが失敗して投獄されます。

そんな彼を牢から出したのは、元婚約者にして王位継承権第二位の王女、エルディア。彼女はヴァンを解放し、名誉回復の機会を与えることを条件にひとつの取引を持ちかけます。それは、第一王位継承権を持つ妹のフィーリアを追い落とすこと。ヴァンはそれを承諾しますが、エルディアの思惑を飛び越え、王族の全てに復讐を誓うのでした。

不条理な苦痛とそれに伴う憎しみ。これがヴァンのモチベーションです。一般に凌辱系抜きゲーには、女の子が酷い目に遭うのを見るタイプと、主人公視点をとりつつ女の子と関わり征服欲を満たすタイプがありますが、本作は明らかに後者。そこで重要な問題となる、「主人公の動機に共感できるか」という部分を本作では綺麗にクリアしている。

たとえば「信心深い姉が自殺した」ことは、国王一家への恨みだけでなくそんな姉を救わなかった「神」への叛意にも繋がっています。エルディアはヴァンの深い恨みと悲しみを知らず、ただ欲深く低俗な人間として扱う。フィーリアは無垢で王族の実態をいっさい知らない。周囲の無理解、無知といった「キレたくなる」描写が適切に配置されている。主人公の悲惨な境遇を設定するだけでなく、キャラクタとの交流を通して具体的にヴァンの憎しみが発動する場面があることで、設定と感情とがうまく繋げられています。

王宮貴族の無能ぶりも爽快で、誰も彼も保身と物欲のかたまりでまことに見苦しい。そのことが、保身も名誉も考えない主人公とはっきりしたコントラストを描き、彼にある種ピカレスク的な魅力を与えています。実際「凌姫2」では彼が「英雄」としてエストゥールを軍事大国にしたことが明らかになっており、単なる復讐鬼にとどまらない力強さを裏付けている。ユーザーからしたら楽しく眺めていられる主人公ではないでしょうか。

抜きゲーと言いもってエロに触れないわけにはいきませんね。シーン数49。CG差分無しで92。メインの姫二人に加え、フィーリアの側近であるクリスとミシェル。他はメイド、貴族娘(高飛車/病弱)、シスター、人妻とそこそこ豊富。ただしサブキャラはシーン自体三つ四つの「おまけ」。はやりのアヘ顔はありませんが、表情の色っぽさは個人的にそうとう好みです。藤井一葉さんは悔しそうな表情でイくキャラの絵が本当に上手。特に眉と目尻の具合が最高です!…失礼いたしました。ともあれ絵だけでセリフを妄想したくなる、良質なCGです。

Hはそこそこ長め。輪姦もありますが基本ヴァンがハッスルですね。内容的にふつうのHは少なく、ライトなのだと媚薬や恥辱、ハードになると縛りや拷問あたり。フィーリアのヴァンに対する淡い恋心、エルディアのプライドと元婚約者への蔑み。そういうのを蹂躙し、汚していくという過程がシーンをこなしているだけで繋がっていきます。

ただ問題も多い。まず抜きゲーであることを差し引いてもボリューム不足。そのせいか展開も少々唐突です。姫たちに比べてサブキャラはあっさり過ぎるくらいあっさりと籠絡できるし、見せ場であるはずの主人公の「国盗り」も駆け足。要するにHシーンと絡まない部分はこれでもかと削ぎ落とされてしまっており、折角の設定を活かす展開を用意できなかった感があります。

また暗黙のルールを多く踏襲していて、共有できない人には辛い。簡単に寝所に潜り込めたり、城の人事官の目が節穴だったりの状況的お約束もさることながら、女の子がヴァンに惚れたなとかいう場面で直接描写がなく、心理の動きがユーザーに投げられ気味です。快感を感じた後に涙を流したのが折れた合図だとか、嫌がりながらもナニを握ったら好意を持ってるなとか、そういうある種の「お約束」に大幅に頼っている。

あからさまな若葉マークのユーザーが手を出す可能性は低そうなので通じないことは問題ではないかもしれません。しかし裏を返せばなれたユーザーが多くなるということです。したがって、描写がお約束以上にならずマンネリの誹りを受けやすいことが問題でしょう。そしてこのあたりは「凌姫2」で上手に解消されていたように思います。

ARTOさんの「凌姫 ~淫らに響く復讐の輪舞曲~」の感想へのレス

ARTOさん、こんにちは。

手許に『凌姫2』だけあるのですが(買った記憶が無いのに)、
2からやって、気に入ればこちらの購入を検討するって順番
で問題無いでしょうか?

・・・ってこんな事は感想レスで訊いたらダメでしたっけ?
2009年08月29日10時20分23秒
>やんごとさん
こんにちは!読んで頂いてありがとうございます。自分はサイト管理者様ではないので断定はできませんが、交流の場としてレス欄があるのですし、節度を守って楽しむぶんには問題無いと思います。少なくとも自分はお話の機会ができて嬉しゅうございました。

> 買った記憶が無いのに
これは、夏らしくホラーな展開フラグでしょうか。しかし、棄てた記憶がないのにエロゲが無くなっていたとか、出した記憶も無いのに押入にあったはずのエロゲがデスクに並んでいた、というのに比べるとまだまだ(違)!

> 2からやって、気に入ればこちらの購入を検討
物語に直接「1」の内容は関係しないので平気です。同じ方向性で「2」はひとまわりできが良かったというのが自分の印象なので、「2」だけでも良いくらいかと思います。

問題を挙げるなら、「2」の終盤敵国として少しだけ出てくる「1」のキャラクタににやにやできないことと、先に洗練されたほうをプレイしてしまうので「1」の粗が目に付くかもしれないこと。また、「2」のほうは退廃的な雰囲気もいっそう磨きがかかる一方、凌辱相手との恋愛要素も強く入り、癖が強くなっていること。

ざっと思いつく限りその三つくらいですが…。どれもたいしたこと無いので律儀に「1」からやる必要も無いはず。何てったって抜きゲーですから、たいせつなものはきっと何ひとつ失われません。キャラの属性やシーンもそこまでかぶっていなかったと記憶しています。
2009年08月29日12時49分35秒
1を知らなくても楽しめるという事で安心しました。
多分タイトル買いしたから覚えてないんだと思いますが、
2の感想見てると使えそうで得した気分です。ありがとうございました。

>> 買った記憶が無いのに
>これは、夏らしくホラーな展開フラグでしょうか。
衝動買いって記憶に残りにくいから怖いですよね。
今日も収納式の本棚整理してて気付いたのですが、
ヨコハマにほとんど買出しに行かずに日がな待機してる漫画が
全14巻なのに16冊あったり、
クローゼットの中からドリームキャストが2台出てきたりで、
(これは確か生産終了時に予備に買った・・・と思いたい)
この金があったら、もう一個エロゲ買えるのになぁ、と。
その割に出張やらでまだ定額給付金貰いに行ってなかったりw
2009年08月29日19時37分28秒
>やんごとさん
> 重複購入の恐怖
マンガの類は良くありますね…。そして多くの無駄遣いを「エロゲ換算」してしまうのはとてもよく解ります。泣ける。

こういう、陰謀や国政と絡めたファンタジーのエロゲ(他は「王賊」「孕ませ王」等)は結構好きなので、もうちょっと数がでると良いなと思ったりします。

やんごとさんの感想を拝読できるくらい面白いと思って頂けると良いのですが…なんだかメーカーさんの回し者みたいになってきました(苦笑)。
2009年08月30日10時55分40秒
2の方が楽しめたら是非感想を書いてみたいと思います。

>多くの無駄遣いを「エロゲ換算」してしまう
ですね。これはしょっちゅうですw
最近「我ながらさもしいな」と思ったのが折角の旅行先なのに
「これだとフルプライス○○本分とどっちが満足度が高いんだろ」
とか考えてしまった事ですね。もはやこれは立派な計量単位です。

それだけに回避可能な失敗は避けたいので嗜好の近いユーザさんや、
プレイ後に見て納得のいく感想を書かれるユーザさんが
このサイトで見掛けられるのは私にとって嬉しい事です。
2009年08月30日19時50分10秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1351回くらい参照されています。