yumekuiさんの「黒の図書館 -Bibliothèque d'obscurité-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

不思議と引き込まれる部分はあったが、シナリオは伏線を放置したまま終わっている。というより、提示された情報と展開が噛み合っていないことが多く、一つの作品としてまとまった考察をするのは無駄に感じた。
●攻略参考
https://web.archive.org/web/20041207192551/
http://yookari.gozaru.jp/r/d-blacklib.html
:補足
葉月の選択肢は、上を0~3回選んだときにそれぞれイベントが異なるので、
全てのCGを回収するには4つ全部見る必要があります。


●シナリオ
現実に深い悩みを抱える人間が無意識の内に訪れる図書館があり、
主人公は記憶を失っていてそこで司書として働いている。
この図書館にやってくるのはだんだん周囲から認識されなくなり、
現実から消えそうになっている人達だけ。

作中では4人のヒロインが図書館を訪れる。
主人公は彼女達に3冊の本を手渡し、その内の1冊を読むことで
上手くいけば強い自分になることができ、現実の悩みを解消できると教える。
そうして本を読み始めたヒロインは、自身の意識が物語に入り込み、
混沌とした世界の住人からエロい仕打ちを受けることになる。

本のモチーフは、不思議の国のアリス、シンデレラ、赤ずきん、白雪姫、ラプンツェル、青ひげ、人魚姫などの童話が大半だが、
なぜかフルメタルジャケットや白い巨塔のパロディがある。
複数ライターで分担していると思われるが、
陵辱やマニアックなエロシーンが多く、ヒロインもイキまくるので意外と面白い。
選んだ本がヒロインの命運を分け、
成功すると悩みを克服して現実に戻ることができ、
失敗すると体が消えて図書館の本にされてしまう。

●感想
テキストに関しては、図書館パートが主人公の一人称、
物語パートがヒロインの一人称か三人称その他。
ヒロインの一人称と三人称は読みやすいが、主人公の一人称が読みにくい。
主人公は物事に対して陶酔的な捉え方をするので要領を得ない考え事をしたり、
言葉を変えて同じことを言うのでワンパターンや冗長に思うことがしばしば。
また、主人公の意志や願望が表面化したときは発言が気持ち悪い。

以下はネタバレ兼シナリオのよくわからなかった部分の整理

①主人公はそあらに命を救われて図書館の司書になった
→そあらは死にかけた主人公をマネキンとして修復?
→そあらは主人公の前の司書。交代して司書ではなくなった
→現在のそあらがどういう存在なのかは説明されず

②そあらが体調を崩すのは客が来ない時
→新刊のない図書館は寂れてしまうので、新刊が必要
→新刊とは客が本になること
→だが、そあら曰く本を集めないと死ぬのは主人公の方
→その理由は説明されず

③そあらが主人公の前にいない時、主人公の感覚では初めから誰もいなかったように感じる
→そあらは「黒の図書館」という本と同じ存在
→主人公に司書を譲ったことでそあらは既に本になっていて、主人公の前に現れる時だけ人の形をしている?
→特に説明なし

④主人公の正体
→葉月との関係から、元は人間だと思われる
 (具体的にどういう関係か、どうやって図書館に来たかは説明されず)
→だが、ある場面では主人公の正体が猫であるかのように描写される
 (にゃあという発言、自分が猫だと気づく場面)
→ある場面で、主人公は自分の顔がボロボロと崩れるのを感じ、そこから猫の顔が出てきた
→だが、主人公が灰色の猫と会話する場面や、窓の外にいる猫を見る場面がいくつかある
→主人公の妄想?

⑤葉月ルートで現れた主人公のマネキン
→主人公の姿をしたマネキンが主人公の頭を殴り、主人公が本を投げつけてマネキン大破
→なぜか号泣する葉月
→主人公と葉月の関係が説明不足なので、何をやってるのかわからない

⑥場面転換と時系列
主人公の一人称では場面が二転三転する。
前後のシーンに繋がりがないので混乱しやすい。
→おそらく意味があってやってるわけではない

⑦黒の図書館もまた本だった
→そあらを信じる/信じない
→信じると黒の図書館で幸せに暮らす
→信じないとそあらを殺して図書館から出る
→主人公が図書館から出たら「黒の図書館」が閉じられる
→今までの話は一体何?
→特に説明なし

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい10回くらい参照されています。