minorityさんの「屍姫と羊と嗤う月」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

叶子ルート以外は微妙。
各ルートの雑感をば。
唯緒ルートは、淡々と進む感じ。悪くはないんだけど、別に面白くもない。
花・明星ルートは、つまらなかったので流し読みで、すっ飛ばしました。
ただ、叶子ルートだけは一見の価値あり。
平和な日常がヒロインが強姦されて一転。
その後の、主人公とヒロインの心理描写が緻密でほどよく鬱になれます。
ラストのご都合主義もまあしょうがない。だってご都合主義にしないと、この設定だとBADENDしか作れないしね。
それと気になったのが、親友の及川の不遇っぷり。
正直、主人公の100倍はかっこいいし、いいやつなのに叶子ルートでの扱いは泣ける。
この手の作品で、主人公がへたれだとどうにもイライラしてダメだね。
力がないのは仕方ないけど、ないなりに考えて行動してほしい。
無能でへたれな主人公にはいい加減飽きた。

以上

このメーカーは夕緋ノ向コウ側も合わなかったんで2連敗。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい1160回くらい参照されています。