welaqanさんの「MECHANICA -うさぎと水星のバラッド-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

やめた
設定もグラフィックも音楽も良かった。
けれども、ひたすらイベントをこなすのが面倒すぎる。
まず、その日にかける音楽によって出現する人が変わるので、それを把握しなければならない。一応、ヒントとして探偵がいるが、探偵の居場所まで行く必要があり、やはり面倒。
その上1人につき演奏を3回程度して、また3回キーアイテムを提示しなければならない、多すぎ。
演奏は楽曲の指定が曖昧で、特に酔っ払いは想像とはかなり違う曲が答えだった。こいつのために何回リトライしたか数えきれない。キーアイテムを得るために他の人のイベントを進める必要があるので、結局のところ絡み合った糸をひたすらほどいていく作業になる。
では、その水星の人々の話は面白いのかというと、本筋には関係がない。
それでも本筋に興味が持てればよかったのだが、とどのつまり既視感のあるループ物なので、もはやどうでもいい。
ループしていればシナリオに高評価がつくのいい加減にしてほしい。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい581回くらい参照されています。