peacefulさんの「虚ノ少女《NEW CAST REMASTER EDITION》」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

同梱小説『流し雛の邂逅』。これだけでも古参ファンは購入する価値があります。
流し雛は理子のこと。
罪を犯したその後の半生を描いた邂逅は、本編の補完の役割を十分に果たしています。
30分くらいで読み終わるけど、良かった……。ほんとに。

【本編感想】
既に私はリメイク前を発売当時にプレイ済みですが、
前作の記憶が薄らぎ始めてから7年の時を経た結果、
名作はやはり色褪せないと、改めて脳裏に強く刻みこんだ次第です。

真実が明らかになるにつれて埋まる、相関図や血縁図も圧巻ですが、
最後の玲人の妄執の果ての慟哭。
そして冬子の『久しぶりだね。……もう、私は寂しくないから…』の冒頭文とBGM。
もはやこの衝撃と演出が、本作の全てと言っても過言では無いかも知れません。
勿論そこに至る過程も素晴らしいのは言うに及ばず。
美しさと狂気が入り混じる世界観に没入できる貴重な時間を費やすことができました。


最後に冬子が安らかに眠れるように祈っています。
きっと玲人があの子を見つけてくれるから。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい320回くらい参照されています。