Ennojoさんの「白刃きらめく恋しらべ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

キャラゲーなので...
FDを含めた前2作と世界観は共有しつつ、別の組織の視点で物語が進みます。舞台は過去2作と同様に叢雲学園ですが若干の時間の経過があります。以下感想

まず音楽に関してですが今回はあまり刺さりませんでした。OPはボーカルの好みかもしれません、EDは一作目に次いで好きでした。またBGMに関しては作を追うごとに更に良くなっていると感じました。ALNERARさんのHi-TECHなどのサウンドを取り込んだサウンドは作品の世界観を支えていると思います。

次にキャラクターですがこれはあまり愛着が湧きませんでした。キャラデザに椿お姉ちゃんの面影を見て(イラストレーターさんが同じなのでまあ必然)茉莉花を真っ先に攻略しましたが主人公に対し最初から好感度MAX(他ヒロインにも言えることではあるが茉莉花は本当に唐突)で違和感がありました。あまり深く葛藤せず主人公の隣に立つヒロインとして好きな人は好きそう。エロ以外のCGは優遇されていたなと感じました。
姫芽は攻略対象のキャラクターの中では一番よかったです、学園でもどこでも常時メイド服であることなどの異常性は置いておいて、主人公の師にあたる姉の死から来る葛藤とそれを乗り越えるイベント、またラスボスとの戦いで自分の分身とも言えるミカを犠牲にして戦うあたり一番深いのはこの娘だと思います(それでも浅いとは思いますが...)。CGはEXTRAでハーレムHがありました。
瑠莉は先述の姫芽のように葛藤を抱えています、姫芽と比べると重いものではありませんがそれを乗り越える過程が割と長めに記述されていました。あと主人公と好き好きの関係になる前に急に恥じらったりするのは萌えポイントになると思います。

前作のキャラクターがほとんど登場しない状態でどんな展開になるんだろうと思っていましたがある意味予想通りという感じでした。めくいろ2作もキャラゲー的要素が強かったものの1作目ではトゥルーエンドで全ての√を総括する形で話がまとまっていて個人的には好きでした(キャラの好悪は別として)。めくらべは個々の√でラスボスを倒し綺麗にまとめてはいますがその話自体が好きになれなかったので評価としては低くなってしまいました。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい252回くらい参照されています。