Lespoirさんの「青い涙」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

86青い涙
回想・真回想篇の悲しくも見事なストーリーにやられた。家族愛、親子愛好きに深く突き刺してくる。逆に現代篇での主人公に気持ち悪さを覚えてしまった。
ミルカとマノの関係性がズルすぎる。
因果が発動してる時点でハッピーエンドにならないのが分かってるので、幸せな光景が続いてるのに悲しくて仕方ない。
浸っていたいのに先を見るのが怖い、非常にいい空気感だった。
回想ラストの尋問を受ける場面、何事にも代えがたい親子の愛を見せてもらえて感謝しかない。
ミルカ…。
からの現実true、いやほんとに素晴らしかった。

シエの数千年の縛りは重いように感じる。結果だけ見ると悲惨に思うが、彼女の行動は良くはなかっただろうけどそんなに悪いことなのかな。
ここだけでなく全体的に大袈裟に感じる部分がいくつあった。
純粋にそう感じるのか、海外スタッフ製作というのを知ったからそう思うのか、よく分からないが。

シラキのみんなは粛清を受けたのかなぁ。
バルゴーフやラナがあれっきりで、その後の顛末は知りたかった。
シラナキ側の国事情とかも詳しく。
あとは仮現実での他ヒロインたちは現実にいるのかどうか、抱えてる問題そのままなら可哀想なのでどうにか幸せになって欲しい。

その辺もう少し説明が欲しかったなと思うのだが、それよりも仮現実での勇介の性格。
夢幻のことを話しもせずそれでいて自分の考えが絶対に正しいと信じているところがだいぶ無理だった。
一応夢幻では言葉にしなくても伝わるから現実での意思疎通が苦手という設定があるものの、各ルートで同じような妄信→半ギレを見せられるので辟易した。
そもそも夢幻でも割とバッドコミュニケーション気味だったし。
状況を正しく理解してからはそれなりに好青年だったが、窮地のときの行動こそ本質が現れると思うので、どうにも好きになれなかった。
あれがマノの生まれ変わりという事実には少なからず落胆した。マノとミルカが融合した姿って言われたら納得したが。
余韻やピークは私基準で89,90辺りだが、全編通した評価としては多少落ち着くかなといった感じ。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい11回くらい参照されています。