\(^o^)/さんの「あした出逢った少女」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

セーブ&ロードが齎したもの。もう一つのハッピーエンド。6:57
・セーブ&ロードが齎したもの

 過去の冬香がやろうとしたことはエロゲでは定番の選択肢の選び直しだろう。
 あの時、ああしていればを実現しようとすると、あれだけの労力とマジックが必要になってしまうんだな。
 しかも、それだけやっても、絶対にどこかに齟齬が生じる。
 完璧なセーブ&ロードなんてできないわけだ。当たり前か。
 しかし、その効果は確実にあった。
 過去では死んでしまうはずだった流の未来は、過去では殺してしまうはずの従姉妹らの未来と、ハッピーエンドを迎える可能性を手に入れる。
 残酷なる真実か、虚構の幸せか。
 残された選択肢はあまり気持ちの良いものではない。


・もう一つのハッピーエンド

 これは過去の叔父さんのことだ。
 過去の冬香がハッピーエンドを求めたように、叔父さんの目的も一種のハッピーエンドだった。
 叔父さんは家族を狂わせ、舞台を作り上げ、視線を操作することで、死の恐怖からの克服を目指した。
 作中の説明によれば、視線が人を規定たらしめるらしい。
 そういった実験の結果、叔父さんは最期を笑顔で迎えることができた。
 まさにHAPPY END。

 そういえば、叔父さんは過去の冬香には唯一娘としての情愛を抱いていると言った。
 その為に娘を自分と同じ立場に置いた、と。
 ハッピーエンドを作ることができる自分と同じ立場に。



\(^o^)/さんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントは1人の方に投票されています。