野菜炒めさんの「アオナツライン」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

理想の青春とは思えないけど綺麗でさわやかな気持ちにはなれる作品。でもルート格差ありすぎ。
珍しい3ヒロインしかない恋愛ゲー。
3人ならシナリオもさぞ期待出来るだろうと思っちゃいたが実質本命1おまけ2
みたいな内容。

結は分不相応な恋愛に悩む主人公の話。
そういう意味では割と上手く描写されてたと思う。
ただ、主人公が気になってわざわざ転校してくるぶっとんだ設定の割に以降は無難。
ちなみに見た目だけなら一番好み。

つくねは最初の頃反発して千尋とぶつかったりしてた頃は面白かったけど芸能の話が
出始めてからつまらなくなった。展開がなんか安っぽくなった感じ。
芸能界とかじゃなくてもっと身近ななにかを題材にすれば良かったのに。

作品的には本命の海希は他2人のルートだと悪い印象を持つ人は多分いないんじゃないかと
思うけど個別過去回想で色々分かってくると「なんだこいつ」的なことを思われても仕方ない
ヒロイン。
それでも中学の頃てそんなこともあるよねと思ってしまうのは甘いんだろうか。
特に幼馴染とかだと妙に意識してよそよそしくなったりなんてことは普通にありそう。

このルート・・と言うか作品では
主人公は海希は千尋に惚れてると思い込み
海希は主人公とイチャイチャしたいけど千尋含めた友人関係も手放したくないと思い
千尋は3人の友人関係は居心地いいけど2人の恋路の邪魔してるんじゃないかと気にしてる。

どのキャラの思いも理解は出来るしそういうすれ違いがあるから基本面倒くさい展開でも
面白さは感じることが出来る。
他2ルートと比較して気合の入れ方がはっきり分かるくらいには楽しめる。

でもラストらへんで3人が思いを口に出して泣きだすシーン。
あれは多分感動して泣くとこなんだと思うけど「なんぞこれ」て感じで変な笑いが出てしまった。
うーん・・なんて言うか・・あのシーンはすごいわざとらしく感じて仕方なかった。
特に海希が。
あんな大げさに泣かなくても・・・。あれが逆に感動を邪魔してたような気もする。

そう思えるてことはもう色んな意味で純粋じゃないてことなのかもしれんけど。

後、この物語は綺麗にまとめ上げるために千尋に恋愛感情を抱かせなかったよね。
もし千尋が海希に恋愛感情があればあんなに綺麗なだけでは終わらせられなかった。
そういうとこに多少の違和感も感じるし見てる側としてもそっち(恋愛感情あり)のがより楽しめたかなと。
男2女1でそういう描写しっかりしてる作品に「恋ではなく」てのがあるんで興味あれば是非。

でもまあ終わってみるとなんとなくさわやかな気持ちにはなれる良作だとは思う。
点数がこんなんなってしまったのは他2ルートが余りに薄かったためであって決して悪い作品ではない。

とりあえずこれ見て理想の青春だとかは余り思えない。
男2女1の関係なんて最悪だ。女の子とくっつくほうはいいけどそうじゃないほうは
目の前でイチャつき始められたら黙って去るしかないもん。
主人公はその辺配慮はしてるとか言ってたけど多分無理でしょ。

普段つるむなら男友達オンリーのがよほど気楽で楽しい気がする。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい240回くらい参照されています。