cross9991さんの「流星ワールドアクター」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

面白いようで面白くない
世界観や題材はありふれているが、ファンタジー寄りではなく現実社会(人間社会)を基礎としているため、
よいエッセンスとなっている
その反面、開発期間か予算の問題か、それらの要素に対する深堀が圧倒的に足りていない
ゲノム国のクーデター問題、宇宙人(?)のデルーガを使った侵略行為、生田が作った(存続させている?)と思しき十三課の真意(作中ではコイツらクビにしたら犯罪者になりそうだから。という説明はあったが、懐疑的)、輝きの同盟、教団、シュバルトの存在、リンダの消息等々、これらがすべて消化不良で終わる
そのためヒロイン4人の個別ルートを経ても「え?なにこれ?何も終わってなくない?ってかメルの状況何一つ改善してねぇし、これからも命狙われ続けるんじゃね?あとリードの出番短すぎザコかよww」となる
ここまでくると同ライター別ブランドの「暁の護衛」と同じく、分割商法で小銭稼ぎに走っているんじゃないかとすら邪推してしまう
ライターお得意の普段は力を隠してます系主人公も、もう食傷気味。昼行灯気取るなら変なプライド捨ててほしいのに変に噛み付くから周囲のイジリが加速してダラダラと同じようなシーンが続くので正直飽き飽きした
刑事が本職だ、なんてエピローグで語っていたけど、だったらもっとマジメにやれよ、と。生田のキャラはそんなに好きじゃないけど、さすがに同情を禁じえない
総評としては、世界観:40点 シナリオ:30点 音楽:60点 キャラ:70点
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい256回くらい参照されています。