sunatokageさんの「VenusBlood:Lagoon」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

1周するだけでも40時間遊べる時間泥棒な師団編成ゲーム。僕が考えた最強の軍団を作るのが好きな人には超おすすめ。
既にエロゲー界の信長の野望といってもいい長寿シリーズなだけにゲーム性は既に円熟の域にあります。
過去作をプレイした人ならきっと今作も楽しめるはず。
難易度は中盤まではかなり簡単だが終盤でいきなりエース師団を半壊させてくるような連中が出てくるので
難易度ノーマルでも10師団程度はきちんと育成しておくことをおすすめします。
新要素の地形制限は面倒に感じるところもありますが、複数の師団を育成し戦力の振り分けを考える余地を増やしているので
個人的には面白い追加システムだったと思います。

基本的には意欲的な新スキルが追加されるなど正当進化していると思いますが
タブレット操作を意識していそうなUIはPCでのプレイをやや損ねてるように感じました。
編成システムは前の形式に戻して欲しいですね。
あとそろそろ行動力の概念はなくしてもいいのでは?
単純にヒロインのイベントやエンディングを見るだけの要素であれば2周目以降のお楽しみと割り切れますが
キャラクターの戦闘力を大幅に強化する称号付与と連動しているので
半分以上のヒロインがパワーアップできないまま周回を余儀なくされるのはかなりテンションが下がります。
ベリーイージーで戦闘スキップして高速回収もできなくはないけど作業感が半端ない。

ストーリーは相変わらず触手産卵ゲーだからこそできる「母と子の物語」がとても良かったです。
特にテュポーンの個別シナリオはベタだけど尊い。
反面メインストーリーはちょっとVBシリーズの枠組みに縛られて上滑りしている印象。
素直に作ればティアのガシェルに対する復讐がもっとメインに来るべきなんだけど
「四女神撃破後に最高神を倒し調教、そこから終盤に突入」という様式美を守るために
最高神の下僕であるガシェルが前座の中ボス感覚で倒されてしまっている。
仮想世界ギミックも消化不良気味だったし最後まで復讐をテーマにして欲しかったですね。


長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1365回くらい参照されています。