kannazakiさんの「戦乱のヘキサ」の感想

戦火もの&凌辱ものに抵抗ないのならやる価値はある
制作で8年近くかかったとのことで、CGにややくせがあり、基本システムが古い。
しかし、周回プレイ前提のため、一度のプレイ時間が短く、それぞれの主人公のプレイの有無、ゲーム内での行動が他の主人公へ影響与える為、そうじてプレイ時間は長くなる。
また、それぞれの主人公でゲーム性も違うため、一本のRPGというより6本の短編RPGの集合体。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい416回くらい参照されています。